猫が寝ているときに触ってもいい?正しいタイミングと触り方を解説!

猫が寝ているときに触ってもいい?正しいタイミングと触り方を解説!

3862
update

猫はたくさん寝る動物です。猫が気持ちよさそうに寝ている姿を見ると、どうしても触りたくなってしまいます。今回は、寝ている猫に触ってもいいタイミングと正しい触り方を解説します。

3862
update
猫が寝ているときに触ってもいい?正しいタイミングと触り方を解説!

猫の寝ている姿はとてもかわいらしいものです。寝ている愛猫を触ったりなでたりしたくなる飼い主さんは多いのではないでしょうか。

でも、触ってしまったあとで愛猫に嫌がられたり威嚇されたりして、「失敗したな」と感じてしまうこともあります。寝ている猫には触らないほうがいいのでしょうか?

実はそんなことはありません。正しいタイミングを見極めて、適切な触り方を守りさえすれば、猫はむしろ気持ちよさそうにしてくれます。

猫とのコミュニケーションをとってお互いに癒やされるためにも、ぜひ寝ている猫の触り方をマスターしていきましょう!

寝ている猫に触ってもいい場合

仰向けで熟睡する猫

pixabay.com

私たち人間と同じで、猫にもその時の気持ちや都合があります。猫が今どんな気持ちなのか察してあげて、タイミングよく触ってあげましょう。

触ることで睡眠を邪魔してしまう場合もあるので慎重に見きわめることが大切です。徐々にそのタイミングに慣れていくようにしたいですね。

では、どんな時は寝ている猫に触っても良いのか、いくつかのタイミングをご紹介します。

寝相が大胆でリラックスしているとき

猫が周囲を警戒しているときに触るべきではありません。気が立っているのでかまれてしまう恐れがあります。

逆に、リラックスしている時は猫も飼い主さんの手を受け入れる気持ちが整っているので、上手なコミュニケーションに発展しやすいといえます。

猫のリラックス度は寝相で判断できます。例えば、おなかを見せたり真っすぐに伸びて寝ていたりするなら、それはかなりリラックスしている証拠です。触っても嫌がられる確率は低いです。

逆におなかを隠すように丸まっていたり、香箱座りで寝ていたりする時はリラックス度は普通です。他の要素も見きわめながら触ってあげましょう。

リラックスした寝相だったとしても熟睡しているならそっとしてあげてください。猫は基本的に浅い眠りなので、熟睡タイミングは貴重です。

喉を鳴らしているとき

猫がゴロゴロと喉を鳴らしながら寝ていたり目をつぶっていたりするなら、それは「触っていい」サインだといえます。

猫は飼い主さんに甘えたいという気持ちになっているので、優しく触ってあげることで心地よく感じてくれます。いつもとは違った愛猫の姿が見られるかもしれません!

飼い主の近くにいる猫

pixabay.com

猫の方から飼い主さんに近寄ってきたとき

猫は寝る場所をその時々の気分に合わせて決定します。飼い主さんが準備した寝床で寝ることもあれば、廊下や窓の近くで寝ることもあります。

時には飼い主さんのそばに近づいてきて、そのまま寝てしまうこともあります。わざわざ近づいてきたということは「飼い主さんの存在を感じながら眠りたい」ということです。

ぜひ猫の気持ちをくんであげて、積極的に触ってあげましょう。気持ちよさそうにしてくれますし、猫との絆も深まります。

触っても嫌がらないとき

触る前に猫の気持ちが分からない場合もあります。そんな時には触ったときの反応をしっかりと観察しましょう。

触っても顔を背けたり尻尾を振って鬱陶しそうにしたりしなければ、触っても問題ありません。逆に触ったときに嫌がられる場合はすぐに中止しましょう。寝ているのでそっとしてあげるのがベストです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー