【猫を飼いたいけど費用は高いの?】初期費用・生活費・医療費を徹底解説!

猫を一匹飼うには、どれだけの費用がかかるのか気になりますよね。 家族に迎える時にかかるケージなどの初期費用と食事やトイレ砂など日々の生活費、 ワクチンや去勢・避妊を含む医療費について徹底的に解説していきます。

【猫を飼いたいけど費用は高いの?】初期費用・生活費・医療費を徹底解説!

猫を飼う初期費用は20000円!


猫を家族に迎える準備は、ワクワクドキドキ、楽しい猫ライフを思い描いて楽しいものです。 初めてであれば最低限度は用意しなければならないものを挙げました。 以下でだいたい20000円くらいです。 ペットショップやホームセンターで買い揃えてくださいね。

猫を飼うための必需グッズ

絶対必要な備品は ・トイレ ・トイレ用の砂やペットシーツ ・ケージ ・キャリーケース ・ご飯や水を入れる器 です。 時間があればいろいろな商品を見て比較したり、手作りすることも可能です。 食器も人間が使用していない不要なものを猫専用にすることでいくらかは節約することができます。 けれども、これらは消耗品でもあるので、最初はお手軽な市販品を購入し、買換えや買い足しのときに工夫することも賢い選択です。

猫を飼うためのにあると良いグッズ

それ以外にあると良いのは ・爪とぎ ・おもちゃ ・爪切り ・ブラシ です。 これらは生活していきながら揃えても間に合います。 どれも値段の幅があるので、飼い始める前に色々調べてみると良いですね。 ご飯や水に関しては自動給餌器自動給水器を購入すると、費用はかかりますが、長い目でみるととっても役に立つので検討してみてくださいね!

猫の生活費に必要!猫の餌やトイレ砂の費用は5000円!

猫の生活費は主に「餌代」「トイレ砂代」です。 餌に関しては種類が多く、猫の年齢と嗜好に合わせて選んでください。 1歳までは子猫用、 7歳までは成猫用、 それ以上はシニア用の餌を選びながら、健康状態に合わせていくことになります。 肥満腎臓皮膚消化器系など疾患に対する予防や進行を遅らせる方法として食生活はとても大切です。

費用が高いから質が良いわけではない

高ければ良いということではありませんし、100円ショップの餌でも健康で長生きする猫もいるのですが、あまり安価なものは材料もそれなりです。 食べる物は安全で安心なものを、という視点は猫も人間も同じで、猫は小食でもあることから、ここは節約しすぎる部分ではありません。 飼い主として、自分も口にすることができるのかどうか?という視点を持って選んであげたいですね。

猫を飼うには若干の費用が増えることも考えておく

療養食と呼ばれる餌は費用としてが高いと感じるかもしれませんが、猫の健康と長生きの為だと思って検討してあげてくださいね。 基本的に、餌はドライフードよりもウェットフードの方が割高です。低コストで餌を与え続けることを考えるのであれば、ドライフード中心にしても良いですね。 猫のトイレ砂の費用はどんな種類、月1000円もあれば足ります。 猫が気に入って掃除がしやすいトイレ砂を選んでくださいね。

猫のワクチン代だけでなく医療費も念頭に入れよう!

猫のワクチンの費用

猫は毎年ワクチンを接種する必要があります。 ワクチンは動物病院で接種してもらうことになるので、前もって調べておきましょう。 大体3000円くらいです。**

ノミダニにかかる猫の医療費

最近は完全室内飼いのため、あまり心配しない人もいるのですが、家の中でも寄生するおそれのあるノミやダニの駆虫・予防薬も、最も安価な滴下タイプで1か月1000〜2000円です。 これらの年間予防医療費はおよそ15000〜25000円は見積もっておきたいものです。

猫の避妊・去勢にかかる費用

それ以外に避妊・去勢手術の費用も発生します。 この費用は動物病院にもよりますが、20000円~30000円です。 雄雌によっても費用が違う場合がほとんどなので、必ず事前に確認しておきましょうね。 この手術は一生に一度だけのものです。 しかし、生殖器の病気予防にも利点があり、最初に述べたように飼い主のいない不幸な猫が産まれてこないためにも近年推奨されているので、市町村や都道府県、動物愛護団体で助成金制度を設けていることが多いのです。 手術前に申請しなければならないものや、毎年の申請期限に細かい決まりがありますので要件を確認して利用できる制度は利用すれば費用の一部を節約できますよ。

猫が怪我をしたり病気をすることも費用として考える

それ以外にも、猫は生き物です。怪我をしたり病気をすることもあります。 投薬治療が長引く場合や点滴を受け続けなくてはいけなくなる場合も想定してください。 いつまでも健康体でいて欲しい気持ちを持ちつつも、飼い主さんはそういった怪我や病気にも対応できるようにしておいてください。

レントゲンだけでも20000円かかるケースがある

参考までに、私は飼い猫のレントゲンを撮ってもらった時は20000円くらいでした。金額にもびっくりしましたが、10000円しか持って行ってなかったので、かなり慌ててしまいました。 病気や怪我で病院に連れていく場合は、最低でも必ず10000円は持っていくようにしましょう。 事情を説明すれば足りない金額は後で受け付けてくれる病院が多いですが、初めて行く病院の場合は、用意しておくにこしたことは無いですからね! 猫を飼うと、月々は5000円ほどで足ります。 しかし、それが何年も続くこと、病気や怪我もするかもしれないということをしっかり心に留めておいてくださいね。

猫を飼うには費用も含めて責任を持とう!

野良猫に気まぐれで餌を与えることについて、最近マスコミでも議論されることが多くなっています。 飼い主のいない猫でも命の重さは平等なのでひもじい思いをしているのはかわいそう…という擁護派と、無責任に餌だけ与えることが他の家を糞で汚す“糞害”や、野良猫どうしでの繁殖でさらに不幸な命が多く誕生してしまう…という反対派。 猫にとっての幸せを第一に考えるなら、たとえ1匹でもいいので責任を持って飼う、一生面倒を見るということに尽きるのですが、それはペットショップからお気に入りの猫を迎えるとしても同じことです。 里親募集サイトでも、里親候補者に一定の経済的安定を求める募集主もあり、猫を飼うのにそんなにお金が必要なの?と不安になってしまう人もいるでしょう。 確かに、昔のように飼い猫でも外出自由、餌は人間の食べ物の残り、動物病院なんか行かなくても元気だし、亡くなるのは自然が定めた寿命で2〜5年程度、だいたい亡くなる前には猫自身が姿を隠す、という飼い方であれば、わざわざ費用を心配する必要はありません。 けれども現代では、飼い猫は原則完全室内飼い、栄養バランスの整ったキャットフードを与え、予防接種や避妊・虚勢手術をし、病気も早期発見早期治療を心がけ20歳前後のご長寿猫も珍しくありません。 特別に裕福である必要はなく、一生分の費用を最初から用意する必要もありませんが、ある程度の飼育費用は覚悟したうえで迎える方が安心できます。 飼育費用には猫を初めて迎えるときの初期費用、毎月かかる生活費、年間でかかる予防医療費、病気のときにかかる医療費があります。 それぞれを考えた上で猫を飼うようにしてくださいね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

りく

猫2匹とまったり生きながら、犬や猫のさまざまな情報収集を行っております。大切な愛犬や愛猫のことで、気になることがあれば参考にしていただければと思います!