猫と子供(赤ちゃん)は相性は良いの?子供嫌いかもしれない猫と暮らすために知るべきこと。

猫と子供(赤ちゃん)は相性は良いの?子供嫌いかもしれない猫と暮らすために知るべきこと。

1119

猫は子供嫌いなイメージがありますよね?しかし、別にそんなことはないのです!猫は子供や赤ちゃんが嫌いというよりも、実は子供以外でもこのような動作をする人が嫌いなのです!子供がいる家庭で猫を飼おうとしている人は必見です!

1119 |

猫と子供(赤ちゃん)が一緒に暮らすメリット

www.flickr.com

猫と子供(赤ちゃん)が一緒に暮らすメリットは様々なことがあります。まず、しっかりとフードや水を与え、生き物を育てるという責任感を持たせる教育が出来ること。そして、いつか猫が死んでしまったときに、命の授業を肌で感じさせてあげることも出来ます。そしてなにより、猫と子供(赤ちゃん)は、家族の強い絆で結ばれ、長い間一緒に暮らすことは、他で学ばせてもらえないものを感じることが出来るでしょう。しかし、子供嫌いな猫もいることはいます。うまく育てれば、猫が子供嫌いになることは少ないでしょう。それでは、猫が子供嫌いになる理由は何なのでしょうか?

猫は子供嫌いなの?

猫は一概に子供嫌いとは言えません。それでは、猫は子供(赤ちゃん)のどこが苦手なのでしょうか。それは、子供は騒がしいから。猫はゆったりと時間が流れる、落ち着きのあるマイペースな動物です。赤ちゃんは仕方ないことですが、子供は騒がしく走り回ることが多いですよね。そのため、猫は自分の空間が邪魔されていると感じ、子供嫌いになってしまいます。それでは猫が子供嫌いにならないような注意点はあるのでしょうか?

猫と子供(赤ちゃん)を同居させる際に注意すること

まずは、猫が安心出来る場所を確保してあげること。ここにいれば、子供(赤ちゃん)はちょっかいをかけてこないし、ゆっくりと寝ることが出来る、といった場所を作ります。 そして、子供や赤ちゃんに猫を叩かせないこと。子供(赤ちゃん)はいたずらに猫を叩くことがあります。そうすることで、子供(赤ちゃん)のことを自分にとって有害な生き物と判断してしまいます。そうして、子供嫌いになってしまうのです。

猫と子供(赤ちゃん)が同居する際、あれば良いもの

猫と子供(赤ちゃん)を同居させる際に、あれば良いものをご紹介いたします。 まずは猫用のシャンプー。子供や赤ちゃんは何かのきっかけでアレルギー体質になってしまうことがあります。猫の毛も同様で、子供や赤ちゃんのうちに猫の抜け毛が体内に入ることが多いと、アレルギー症状を引き起こしてしまう可能性があります。そのため、猫はこまめにシャンプーして、清潔な状態を保てると良いでしょう。 そして先述したとおり、猫の安心場所、つまりはケージや子供や赤ちゃんの届かない場所にあるキャットタワー等があれば、猫は自分の時間を作れて良いかもしれませんね!うまく猫と子供(赤ちゃん)を同居させ、猫が子供嫌いにならないために、最善を尽くしましょう!

この記事が気に入ったらシェア♪
2 ハイライト
通報

子供が猫を叩かないように、また、もしも叩いてしまった場合は、それがいけないことであるというのをしっかりと教える必要があると思います。叩かれたら、そりゃ猫だって嫌な気持ちになるはずです。

1 スイートコーン
通報

猫と赤ん坊が仲よさげにしている動画をちょくちょく見ているので、「猫は子供嫌い」というイメージは私はなかったですよ。そういう風な動画を見ると、猫と赤ん坊は一緒にいるのが幸せなのかなぁとか思って、憧れというか羨ましいなぁってなります。。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー