ブルドッグの子犬の里親を探す方法と里親になる方法!

ブルドッグの子犬の里親を探す方法と里親になる方法!

1942
update

ブルドッグの子犬の里親を探す方法や、注意点についてご説明していきます。また、ブルドッグの子犬の里親になりたい方用に、里親になるための方法や心構えについても触れていきたいと思います。命を繋ぐ里親捜しと里親になる決意が素晴らしい絆になるように丁寧にご説明しますね!

1942
update

ブルドッグの子犬の里親を探す2つの方法

Baby french bulldog is looking , young dog , cute dog , french bulldog

DEALORY/shutterstock.com

ブルドッグの子犬の里親を探す2つの方法をご紹介します。

大切な家族を託すことになるので、様々な方法で出会いを増やしてあげてくださいね。

ブルドッグの子犬の里親を紹介や掲示をして探す

紹介と言っても、もちろん信頼のおける紹介でなくてはなりません。 知り合いからの紹介も良いですが、かかりつけの動物病院の先生などにお願いしておくというのも良いですよ。 動物病院で出産した場合などは、いつ頃産まれるかなども分かるので、前もって探しておいてもらうことも出来ます。

信頼して通っている病院の先生の紹介であれば、安心して託せますね。 また、動物病院に里親を募集している内容の掲示をお願いしても良いと思いますよ!

ブルドッグの子犬の里親をインターネットに掲載して探す

SNSでブルドッグの子犬の里親を募集してみても良いと思いますが、その場合はきちんと里親希望者の方と会えることが大切な条件です。

広い世界と繋がっているので、多くの人の目には留まりますが、生き物の命を託す相手としては、しっかり目で見て話せる距離が必要ですね。

「ペットのおうち」ブルドッグのページ

ブルドッグの子犬の里親を決める2つのポイント

ブルドッグの子犬を託す里親さんの決定ポイントについてご説明しておきます。

人と人の相性ももちろん大切だと思いますよ。

ブルドッグの子犬の里親決定ポイント1 コミュニケーション

ブルドッグの子犬の里親を決めるポイントの1つは、コミュニケーションがしっかりとれることです。 初めてブルドッグの子犬の里親になるのか、飼育したことがあるのか、他の種類の犬を飼育した経験、他の動物との接点などなど、ブルドッグの子犬に関係がないように思えることでも話せる人の方が良いと思います。

ブルドッグの子犬の一生を決めることなので、どんな人なのか、家族なのかはしっかり知っておきましょう!

ブルドッグの子犬の里親決定ポイント2 知識

ブルドッグの子犬に限ったことではありませんが、犬を飼うということがどれだけの費用と手間がかかるかを知っているかどうかを確認しておきましょう。

安易な気持ちで里親になりたい、可愛いから飼いたいと思っている場合は、途中で手放してしまうかもしれません。 ブルドッグがどんな特徴の犬種なのかなども知っているか、色々な話しをしながら確認してみておきましょう。

ブルドッグの子犬の里親になる方法

ブルドッグの子犬の里親になりたいと思った場合に、どうやって探せばよいのかをご紹介します!

ブルドッグの子犬を探す方法

インターネットで検索したり、近所の動物病院で掲示されていないかなどを確認してみましょう。

アンテナを張って、こまめに情報収集しておくこおとが大切ですよ!

保護団体にいるブルドッグの子犬の里親になる

動物愛護団体には、様々な理由で保護された犬たちが居ます。 その中に、ブルドッグの子犬が居るかもしれません。

まずは、団体が行っている譲渡会に参加してみましょう。

きっと、犬種を選ぶことがどういうことなのか、実際に触れてみることで気持ちが変わるように思います。 ブルドッグの子犬は居なくても、運命の子犬は居るかもしれませんよ。

「一般社団法人ランコントレミグノン」譲渡会についてのページ

ブルドッグの子犬の里親になる2つの心構え

Two French Bulldog Puppies sitting next to each other in a wool basket. One Black and White and one White and Black. Yin and Yang.

Natalie Shuttleworth/shutterstock.com

ブルドッグの子犬の里親になる時、心構えが必要です。 命が増えるということは、覚悟も必要だということです。

是非、里親になりたいという素晴らしい気持ちに、プラスして覚えておいていただければと思います。

ブルドッグの子犬の特徴を知っておく

ブルドッグの子犬の里親になり、一緒に暮らしていく上でブルドッグという犬種の特徴をしっかり理解しておいてください。

たとえば、ブルドッグは高温多湿が苦手です。 その為、散歩の時間帯も季節によって変更してあげなくてはいけません。

時間的に、里親になったら対応できますか?

気を付けたい病気もあります。 病気や怪我をした時に看病してあげられますか?

ブルドッグの特徴を理解して、合わせてあげられるかどうか、生活リズムを振り返ってみてくださいね。

ブルドッグの子犬の幸せを分けてもらう

不安なことばかりではありません。 里親になって、ブルドッグの子犬が家族になることは、幸せなことです。

ブルドッグの子犬と出会って、里親を探して、里親になりたいという素敵な人と出会って、その人が大切なブルドッグの子犬と出会う。 里親を探す、里親を探しているブルドッグの子犬を探す。 全ての行動が愛で繋がっていっていますね!

ブルドッグの子犬が傍で幸せに暮らしてくれる時間の全てが飼い主さんの幸せです。 楽しいことばかりが待っていますよ!

どんなことがあっても、受け入れて一緒に楽しく幸せに過ごしてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
8 名無しさん
通報
7

フレンチブルドッグとか小さいサイズなら可愛いな~と思うけど、大きいのは結構怖いですよ。犬に慣れてない人にとっては、そもそも大きい犬が恐怖の対象ですから。

7 名無しさん
通報

里親になるのは簡単なことじゃないし覚悟がないとダメだと思うんだけど、この記事を読んだら里親になってみたいなって強く思いました

7 名無しさん
通報

ブルドックってカワイイですよね。アニメとかでは番犬のイメージがあって、よく噛んだりしてますけどアレは大げさすぎますよ。ブルドックが獰猛というのは間違ってると思います。それはそうと、里親で引き取れるなら引き取ってもらった方が幸せでしょうねー

7 キーチェーン
通報

里親になる二つの心構えには、大げさと思われるかもしれませんが、私は大きな感銘を受けました。特に「幸せを分けてもらう」にはしばらくの間、胸が熱くなりました。筆者さんの、そういう考え方というのは非常に素晴らしい限りです。

4 ゆりりん
通報

ブルドッグの子犬もブルドッグなんだなぁwもうちょっと可愛い感じかと思ったけど、成犬そのままにブルドッグですめね。フレンチブルドッグとかパグはよく見かけるけどブルドッグはあんまり見かけないからちょっと物珍しい感じがするな。

3 のり
通報

子犬の里親決定ポイントは確かにそう!と頷けるものばかりばかりでした。やはり会話も知識も、すごく大事な判断材料となると思います。ブルドッグに限ったことではなく、里親になっていただく以上、犬には心から幸せになってほしいですからね。これは誰しもが願っていることではないでしょうか。

2 電卓
通報

里親になる前に、犬の性格や飼い方を勉強して飼えるかどうかを検討することが初めの一歩だと思います。里親になってから、想像していたのと何か違った・育てられないという事態にならないためにも大切なことなのです。犬は人形ではなく、命あるものですからね。

1 ぶるぶるぶるどっぐ
通報

ブルドッグはイメージよりも可愛いです。ちっちゃいし、室内で飼うのも問題ないです。里親を探す方も、里親になりたい方もお互い信頼できる相手かどうかを見極めることからです。貰ってくれるからと安易に引き渡して、ブルドッグが可愛そうな目にあうこともありますし。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー