自転車で犬の散歩をする時に注意することまとめ

自転車で犬の散歩をする時に注意することまとめ

1835
update

時々、自転車で犬を散歩させている方を見かけますね。犬にも飼い主にもいい運動のようにみえますが、じつは、自転車で散歩をすることはやってはいけないことなんです。それでは、犬とどのように自転車で散歩をできるでしょうか?注意すべき点はなんでしょうか?

1835
update

■なぜ自転車で散歩が禁止されているか?

www.flickr.com

犬を散歩させながら自転車を運転するのは、とても危険です。 主な理由として、犬がリードと自転車に引っかかって怪我を負ったりすることがあります。

飼い主も、この時に一緒に転んで大けがになることもあります。 また、道から人が出てきた時に、急に止まれずに事故に至ることがあります。

さらに、犬が興奮して力づくで引っ張るため自転車が倒れ、飼い主も転倒し、犬も逃げてしまうことも理由としてあげられます。 また、自転車を運転している飼い主さんの足を噛むこともあります。

危ないので、自転車での散歩はすぐに辞めましょう。

さらに注意すべきことは、人に怪我をさせてしまった場合です。高額の損害賠償を支払わなければならなくなります。

■犬を自転車で散歩する時の注意点

法律では、犬を散歩させながら自転車を運転するのは違法とされています。しかし、自転車に犬を乗せて散歩を楽しむことはできます!

たとえば、家の近所は交通量や人通りが多くて危険なときは、自転車のかごに犬を乗せて安全な公園まで連れて行き、そこで散歩させるや、病気や高齢で長い距離を歩くことができない愛犬を、愛犬が大好きだった場所へ連れて行って散歩させてあげるときなどです。

工夫が必要

できれば自転車のかごに直接犬を入れるのではなく後で述べるように自転車用のペットキャリーを使用するか、かごに工夫をすることが必要です。 それは犬を心理的に安定させ、かつ物理的にも安定させることができるのです。

ここでの注意点は、自転車を運転する時はゆっくり走りましょう。 犬が何かの理由でびっくりして落ちた時に、ゆっくり走っていたなら大けがをしなくてすみます。

段差がある場合は

もし、段差があるなら一旦降りて手で引いていくか、ゆっくりと段差を通過しましょう。リードを自転車にきちんとつなぎましょう。

安全にサイクリングできるように、いつも注意しながら運転してください。 自転車に慣れてない犬や落ち着きのない犬にとっては、ストレスになる場合がありますので注意して愛犬の性格をみてから自転車に乗せましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

自転車で散歩は危険です。リードを巻き込んだら大事故になるし、引っ張られて倒れても危険だし、うっかりリードを離してしまったら犬に逃げられてしまうし。ていうか条例で禁止されてないのかな?やめたほうがいいですよー。

2 名無しさん
通報

自転車で犬を散歩させるなんて論外ですよ。そんなの危険に決まってるじゃないですか、犬と飼い主だけじゃなくて歩行している他の人にも迷惑になるし、何かあったら大事故になってしまいますから、絶対に自転車で散歩とかやっちゃダメです。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー