犬に合ったブラシ使っていますか?毛質にあったブラシの種類をご紹介

犬に合ったブラシ使っていますか?毛質にあったブラシの種類をご紹介

2590
update
posted2016/07/12

犬のしつけ、毛のお手入れ方法についての本などを読むと、犬にとってブラッシングが非常に大切であることがわかります。ブラッシングをしなければ毛がからまってしまったり、逆に激しく脱毛してしまう場合があります。犬のブラッシングのための正しいブラシ選び、その方法について解説したいと思います。

2590
update
posted2016/07/12

犬のブラシを選ぶために、犬の毛質を知ろう

www.flickr.com

犬に正しいブラッシングをしてあげるためには、まず犬の毛質を知らなければなりません。 犬の毛質にはどんな種類があるのでしょうか?

まず、犬の毛質にはどんな種類があるのかを説明しましょう。

スムースコート

つるつるっとしているように見える毛をした「スムースコート」があります。 ミニチュアダックスフンドのスムースの子のように、つるつるですべすべの毛質のワンちゃんですね。

[[短くストレートの毛なので、お手入れも楽であまりからまることはありませんが、洋服に付くと 繊維に入り込んでしまい 取りにくいこともあります。

ワイヤーコート

「ワイヤーコート」はテリアなどのようにごわごわして固めな毛質で、ワイヤーのように強いためからまりやすい毛質を指します。

からまる場合は毛を抜いたり切ったりする必要もあります。

カーリーコート

「カーリーコート」はくるくるとカールがついた毛質の犬で、ブラッシングをしないとすぐにからまってしまいます。

カットも定期的に行う必要があり、お手入れを定期的にすれば綺麗でゴージャスな毛を楽しむことができます。

ロングコート

「ロングコート」は毛が長く、放置しておくとすぐに団子状にもつれてしまいます。

もつれると素人が無理に引っぱると皮膚を傷つける可能性があるため、プロのトリマーなどにお任せしたほうが良いと言われています。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

一口にブラシといっても色々な種類があって、犬の被毛に合わせて選ばなければいけないんですね。ロングコートの子を飼おうとおもっているのでブラッシングは必須だなと思いますが、どのブラシを飼うかでも迷ってしまいそうです。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー