犬種別にみる食事などの長生きする秘訣・ボーダーコリー

犬種別にみる食事などの長生きする秘訣・ボーダーコリー

1871
update

誰もが憧れるボーダーコリー。犬の中でもとても賢いと言われています。牧羊犬でもあったので、活発な犬です。そんなボーダーコリーのかかりやすい病気がありますか?食事で長生きできる何かよい秘訣があるでしょうか?他にも秘訣がありますか?

1871
update

■ボーダーコリーの特徴

A purebred Border Collie dog without leash outdoors in the nature on a sunny day.

BIGANDT.COM/shutterstock.com

世界で一番頭数の多い牧羊犬がボーダーコリーです。

イギリスが原産ですが、イングランド、スコットランド、そしてイングランドとウェールズのそれぞれの国境が産地となっているため、国境つまりボーダーという名前がつきました。

犬の中で最も賢い犬種と言われています。

抜群の運動神経があり、走りながら瞬時に方向を変えることができるほどです。

利口で従順な性格は飼い主にとってしつけやすい利点となります。

古くから牧畜を営む農場で羊の世話に大きく貢献してきました。

後年にはオーストラリアやニュージーランドでも同じように牧羊犬として大きな役割を果たしてきました。

19世紀後半からは王室で人気のあったコリー種の歩みとは非常に対照的で、あくまでも牧羊犬として飼育され続けました。

血統を優遇する動きも遅く、イギリスや世界の畜犬団体の公認は20世紀後半になってからです。

被毛の色はブラック&ホワイト、レッド&ホワイト、ブルー&ホワイトなどがあります。

よく見かけるボーダーコリーはブラック&ホワイトですね。

毛質はダブルコートで長めです。中には短毛の個体もあります。

ボーダーコリーの寿命は10年から14年と言われています。

ボーダーコリーってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

優雅でスポーティーな犬【ボーダーコリー】の性格からしつけと特徴・飼い方まで徹底分析してみました♪ 知的過ぎて困っちゃう!?しつけを怠ると大変な事に!?魅力いっぱいな犬だけど、飼い主にもそれなりの覚悟は必要です! ボーダーコリーを飼いたいって思う方は特に必見!良い子に育てるコツはコレ♪

https://mofmo.jp/article/2678

■ボーダーコリーのかかりやすい病気とは?

ボーダーコリーのかかりやすい病気は、股関節形成不全です。

この病気は、関節が変形したり、ゆがみによって激しい痛みがおきます。

歩くと激痛がおこるので、いつも活発だった犬も運動を嫌がったり、ほとんど動かなくなるのが特徴です。

さらなる症状として、歩くときにふらついたり、腰を振って歩いたり、おすわりが出来なくなったりします。

体重が増える4カ月から1才にかけて、この病気になりやすいので注意してください。

目の病気もあります。

コリー眼異常がその一つです。

セロイドリボフスチン症は、神経細胞を犯す脳の病気です。

発症すると死に至りかねません。

しかし口腔内をブラシでこすって唾液を採取するという簡単な検査で、遺伝子をもたない、遺伝子をもつが発症しない、発症のいずれかが確認できます。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

ボーダーコリーの子犬がプリティで、その動画を頻繁に見ています。子犬が何匹も写っているのが好きで、家族と一緒に見ることが多いです。控えめな表情をしている時もあったり、思いっきりニコニコしていたり、いろんな顔を見せてくれるところがまた絶妙なんです。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー