飼い主として愛犬の気持ちを傷つけているかもしれない3つの言葉。

飼い主として愛犬の気持ちを傷つけているかもしれない3つの言葉。

1072
update
posted2015/09/28

犬と会話が出来たら楽しいだろうなと思うことはありませんか?犬に人間の言葉はどこまで通じているのでしょうか?もし、犬の気持ちを傷つけている言葉があるとしたら、それは一体どんな言葉なのか考えてみましょう!

1072
update
posted2015/09/28

犬の気持ちを傷つける言葉は「バカ」などの悪口。

Shot of Golden Retriever on the white background

RazoomGame/shutterstock.com

犬は、人間の言葉の意味までは理解することはできません。 だからといって、何を言っても大丈夫な訳では無いんです。

犬の前で、「バカ」や「嫌い」などの悪口を言ったとしたら、意味は分からなくても犬には伝わります。それは言っている人の雰囲気や声のトーンで伝わるからです。

犬が傍に居なくても、どこかで言っていたとしても、やっぱり犬には伝わります。

どうか犬への悪口は言わないであげてくださいね。

犬の気持ちを傷つける言葉は、「あっちの犬の方が可愛い」など比べる言葉。

Sad Dog Vizsla lying on bench

Ivanova N/shutterstock.com

人間だって、誰かと比べられるのは嫌ですよね。犬だって同じです。

病院や公園や、散歩中に出会った犬と比べて、相手を褒めて、自分の犬をけなすようなことは言わないでください。

犬それぞれの性格やかわいさはありますが、心の中で「この子が一番!」と思っていてください。

犬の気持ちを傷つける言葉は、「どうして出来ないの?」などネガティブな言葉。

A young and beautiful boxer puppy, isolated over white background

Hugo Felix/shutterstock.com

しつけをしていて、なかなか上手くできないことはあります。そんな時、飼い主さんも落ち込んでしまいますよね。

でも、「どうして出来ないの?」とか、「もう駄目かもしれない」など、悩んでいる気持ちを犬に言うのは止めてあげましょう

「きっと出来る!」「あなたなら出来る!」「次頑張れ!」など前向きな言葉と笑顔で接してあげてください。

犬と人は言葉で繋がっている訳ではありません。心で繋がっているんです。

飼い主さんの気持ちに応えようと必死で気持ちを伝え続けてくれている犬に対して、飼い主さんも向き合うことが何よりも大切なんですね!

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー