犬の安楽死について。判断基準・手順・準備・費用について解説。

犬の安楽死について。判断基準・手順・準備・費用について解説。

2900

できれば考えたくない。でもいつかは訪れる、愛犬の死。特に、痛みや苦しみを伴うものにはなってほしくないものです。そんな苦しみを伴う最期の場合、考えるのは「安楽死」という選択。あなたならどうしますか?安楽死は正しい選択なのか?もし行うならどのような手順で行われるのか?見てみましょう。

2900 |

犬の安楽死を選ぶ可能性がある場合

www.flickr.com

安楽死とは、飼い主・獣医の判断によりペットの命を断つことです。 安楽死は正当な理由がある場合にのみ認められています。

正当な理由とは、長引く病気・耐え難い苦痛からペットを楽にしてあげたい、という願いです。

がんなどの治療が難しい病、改善の見込みがない場合、治療が痛みと苦痛を引き起こす場合などがそれに当たるでしょう。

保健所での殺処分は安楽死ではありません

ひとり暮らしの飼い主が亡くなったとき、残されたペットの犬や猫はしかるべき里親が決まっていなけげば保健所に収容されます。

最近は保健所での殺処分には批判も多く、健康で人慣れした犬や猫であれば保健所も一般市民への譲渡や動物愛護活動をしている団体を通しての里親募集を試みます。

けれども病気や噛み癖のある犬や、里親希望者の少ないシニア犬は保健所から動物愛護センターへ移送され殺処分されてしまう現実はまだあります。この際の処分方法は、犬を収容しているケージの壁が動いて、犬を殺処分専用のケース(通称;ドリームボックス)に追い込み、密閉して二酸化炭素のガスを噴出して窒息死させるものです。

ガスの出る時間は5〜10分と短いのですが、ガスを吸って意識を失うまでの時間は苦しくて当然で、全ての犬が悲鳴を上げもがき苦しみながら息絶えるため、とても安楽死とは言えません。 狭いドーリームボックスに追い込まれ、他の犬とぎゅう詰めにされる恐怖もあり、犬を心身ともにこれほど苦しめることはないのです。

迷子になって保健所に収容された犬も飼い主が見つからなければ同じように扱われますので、決して後悔しないよう愛犬の脱走や迷子を防ぐことや、もし愛犬が行方不明になっても捜索しやすいよう、迷子札を身につけさせたりマイクロチップを挿入するという対策をしておきましょう。

飼えなくなった犬や、不幸にして他人を噛んでしまった犬を、安易に保健所に持込み、安楽死させてもらえると考えている飼い主も未だいるのですが、保健所では安楽死させてもらえないことを忘れないようにしたいですね。

もし愛犬を飼えない事情ができたときは、飼ってくれる里親を探したり動物愛護団体への相談、そして最終手段として犬の年齢や健康状態を考慮し、かかりつけの獣医師に相談して安楽死を選ぶことも飼い主としての責任です。

最近では飼い主からの持ち込みを拒否している保健所も増えています。

どうしても飼えないのであれば、獣医さんにお願いして最後は自分の腕の中で消えて行く愛犬の命を受け止めてあげてくださいという指導を行う保健所が増えています。

犬の安楽死の是非。安楽死の判断基準とは?

獣医師の中には動物病院での安楽死も、「安楽であるかどうかわからない」という理由で反対意見を持つ人もいます。 当然のことですが、同じ方法での安楽死を体験した人の話を聴くことはできませんから、苦しかったかどうかなど誰にもわからないのです。

現在、動物病院で行うことができる安楽死とは、病気のための苦痛と比べて、あるいは保健所での殺処分の苦痛と比べて、苦しみが少ないというものなのです。

けれども、人間の場合は安楽死が禁じられている日本の法律は、犬は「物」であるとされていて、その命も含めて飼い主の持ち物なので、虐待でない限りどう扱うかは飼い主の意思が尊重されます。

安楽死を正当とするかどうか、それは個人の良心に任されています。

私達には「命の選択」をする権利はなく、それは法律によっても定められています。 ですがこの安楽死が命の選択になるのかどうか、そしてそれが犬の場合も当てはまるのかどうか、それは飼い主の判断に任されているのです。

まれに「獣医さんの声を聞いて安楽死を選んだが、後悔している。」という声も聞きます。

ですが、自分の飼い犬に安楽死をさせるかどうかの最終判断は主に飼い主がするべきです。 周りの人がどう言おうと、関係なく最終的な判断はあなたが下すべきであり、そしてその結果を責任をもって受け止めるのもあなたの仕事なのです。

そのため、安楽死するかどうかは真剣に考えるべき問題であると言えます。

犬の安楽死の例

一例として、アメリカの一部・オランダなど安楽死を合法化している国の例を挙げてみましょう。

それら安楽死が合法化されている地域では、安楽死に実施の際には「患者の心身に耐え難い苦痛がある場合」「患者の苦痛を緩和するために安楽死以外の方法がない場合」が条件として挙げられています。

これは犬の安楽死への法律ではありませんが、犬の安楽死を考える際にも参考にできるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
18 名無しさん
通報
18

今、本当に同じ状況です。腫瘍が破裂して液がのどからでています。病院にいきました。このまま家で見てあげるか、本人に痛みが無いうちに旅出させてあげるべきか、とてもなやみます。今までこの子は、家にきて幸せだったのか?どうしたいのか?複雑です。たくさんの幸せを私達はもらいました。最後は、らくにわたしのうでのなかでいかせてあげたい、とも思います。本当に結論をだすのはたいへんです。

18 ユーミン
通報

犬の安楽死は賛否両論あって当然のテーマで、賛成派、反対派の双方の意見はいつまでたっても交わることはありません。それは人間の安楽死と同じで、メリットもデメリットもあるからです。いろんな意見があって当然ですが、所詮は人間のエゴなので動物は死にたいと思ったら、自分でさりげなく消えていきます。

18 名無しさん
通報

我が家の愛犬は、悪性リンパ腫瘍(全身の癌)と診断されて しばらく通院と薬によって闘病していました。最後の方は鼻の癌が腫れ上がり、鼻の穴が閉じてきて呼吸がとても苦しそうで堪らなかったです。犬はいくら苦しくて楽にして欲しくても言葉で飼い主に伝える事は出来ません目が泣いているように感じました。。やはりどんな状態でも少しでも長く、、、は、病気の本人とっては生き地獄です。助からない命と分かっているなら、そして苦しんでいるのなら、早く楽にしてあげるべきです!我が家の愛犬は苦しみが頂点に達する前に安楽死を希望しました獣医の先生も私の気持ちを伝えると同感してくれて快く引き受けてくれました。 おかげさまで、本当に眠ったまま逝ってくれました お別れはとても辛いのですが、あのまま苦しみの頂点で死なせると本当に後悔するところでした。安楽に逝けたので、わたしの心の苦痛もありません 愛犬が側で笑ってくれてるイメージがずっとあります。

18 ソナタ
通報

安楽死は絶対にさせたくない!と思うけど、耐え難い苦痛から逃してあげるためならありかなぁ。例えば交通事故で虫の息になっていて回復の余地がないとかなら、苦痛を長引かせるのも可哀想だもんね……。とはいえ殺処分とかは絶対ありえないことだけど!

14 ドミット芯
通報

できることなら安楽死を選択したくはないのが誰しも同じ気持ちなのではないでしょうか。しかし、状況・状態によっては、それを選ぶ方が愛犬のためになるということも考えられます。目を背けたくはなりますが、どうしても向き合わなければならない日が訪れるかもしれません。その日のために、何度も繰り返しこのページを読みます。

13 カラス
通報

安楽死かぁ…絶対に考えたくないことだし、人間の都合で安楽死させるなんてあってはならないことだけど…長く苦しませるのもどうかと思うよね。回復の見込みがなくて、ただただ苦しい時を過ごさせるくらいなら、安楽死も選択肢の一つかなぁ……。

12 雅治
通報

飼い主の都合で安楽死させるなんて最低!!絶対に有り得ない。命を弄ぶなんて許せません。最後まで責任を持てないなら、犬を飼育するべきじゃないです。犬ってエサ代もかかるし、予防接種代もかかるし、病気になったら人間よりずっとお金かかるし、凄く贅沢なものですよ。責任持てないなら飼っちゃ駄目!

11 しっけ
通報

大切な家族を安楽死させるなんて考えたくない!!って思う気持ちと、もし自分だったら苦しみがただただ長く続いて、回復する見込みがないなら早く楽になりたいって気持ちがあって悩みますね。少しでも長く一緒にいたいというのも人間のエゴなのかなって。どうやったって人間と犬じゃ寿命が違いますもんね。

10 ムロ
通報

もし、安楽死を迫られる時が来たらちゃんとした判断を下せるんだろうか…感情だけじゃなく一番必要なのは愛犬の意思ですからね。難しい問題だけど、その時に必死に考えて出す答えは正しいと信じたいです。

9 レート
通報

もう、こうした内容だけは本当に気が重くなりますね。でも、みんなで考えなくてはいけない大切なことだと思うので、こうした内容を記事にしていただいて感謝します。みんなで考えて、命を預かっている身として、責任持って動物1匹1匹が少しでも幸せでいられるようにしたいです。なにが最善の答えかはそれぞれが違う意見かもしれないですが。

8 世紀末
通報

安楽死の判断は非常に難しい問題だと思います。そう簡単に答えが出せる問題ではありません。愛犬との今までの楽しい思い出が次々に思い出されて、判断ができるまでには相当の期間を要する事と思います。後悔することのない選択ができればと感じます。

7 ジン
通報

安楽死って色々言われているけど、結局は飼い主が判断するので、犬の意思は全く採用されていないという。どうしたらいいのかこの問題は私自身もわからない問題ですけど、安楽死せずに解決できるほど医療が発達してくれるといいなと思います。

6
通報

犬の安楽死については答えが出ません。賛否両論あって当然ですし何が正しくて何が間違っているのかは一概には言えないですよね。よく犬の立場に立ってみればという話もありますが、犬の立場になることもできないのでどうすればいいのかはわかりません。つまりは、犬の気持ちも人間の気持ちもこと死に直面した時には答えなんて出せないってことではないでしょうか、それが答えのような気がします。

5 くく
通報

それぞれの飼い主さんが苦渋の判断で安楽死を選択したのなら、愛犬にもその愛情が伝わるはずです。しかし、飼えなくなったとか、人間の勝手な都合なら決して許されないと思います。動物だから邪険に扱ってもいいと誰が決めたのでしょうか?動物も1つの大切な命です。殺処分には断固として反対です。

4 もも
通報

この問題は本当に難しいですね…。ただ飼えなくなったからなどの自分勝手な理由での殺処分は本当に最低です!考えるだけでも胸が苦しくなります。どんな人間なんだろう。でも、ペットが病気などで苦しんでいて、これ以上助かる見込みはないと言われて、飼い主さんが考えて考えての結果の安楽死ならば、だれも責めることはできないと思います。でも、後悔のないようにしてほしいですね。セカンドオピニオンとかもありますし。

3 名無しさん
通報

なかなかの難しい問題ですね。犬の意思を伝えてもらうことができない分、飼い主が決定するという…辛い話ですね。前に飼っていた犬は、寿命で、家族の腕の中で息を引き取ったので、病気になって死を迎えるという状況はまだ経験したことがないにで、すごく考えさせられる問題ですね…

2 母なるお犬様
通報

犬に対して安楽死を選択することは、それそのものが人間の勝手なことではないかとも思います。確かに安楽死を選択することが犬のためになる、という考え方は間違っていないような気がしますが、犬を所有物化しているような気がしてなりません。安楽死という選択肢に関して、犬の気持ちというのは介在していませんから、どっちの選択肢をするにしても人間の都合なんだなと思いますね。

1 あいうえお
通報

犬がどんな状態にまでなっても、生きながらえてほしいと願うのは人間の勝手なことだと思います。非常に悲しいことですが、時には安楽死を選択する方が、犬のためになる場合もあるのだと考えます。飼い主さんは重大な判断を一人で担うことになりますが、早々に判断せず、じっくりと獣医師の方々と相談しながら、選択をするのがベストではないでしょうか。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー