マンクスは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

マンクスは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1664
update

マンクスはしっぽがない、もしくは短いことが特徴的な珍しい猫種です。しかし性格やしつけのしやすさから人気の高い猫でもあります。ではそんなマンクスは抜け毛の多い猫種でしょうか?普段の抜け毛ケアや抜け毛対策としてどんなことができるでしょうか?見てみましょう。

1664
update

マンクスの抜け毛は多い?

Manx cat standing with orange toy in studio with white background

everydoghasastory/shutterstock.com

マンクスは短毛種ですが、ダブルコートなため寒さから身を守るアンダーコートと外からの刺激から守るオーバーコートという2種類の毛が生えています。 アンダーコートは春や秋などの換毛期に抜け落ちるので、この時期のマンクスは抜け毛が多いといえるでしょう。 普段の抜け毛はそこまで多くはありませんが、換毛期の抜け毛には注意が必要です。

猫の毛は軽くて空気中に漂いやすいうえに、マンクスのような短毛種の毛はじゅうたんやソファなどに潜り込んでチクチクした刺激となります。

また長毛種のように毛がまとまらないので、掃除が大変です。

ではマンクスの抜け毛ケアとしてどんなことができるでしょうか?

マンクスの抜け毛ケア

A domestic short hair manx cat.

esdeem/shutterstock.com

マンクスの抜け毛ケアとして何があるのでしょうか?

ダブルコートで抜け毛の多いマンクスですので、1日1回はブラッシングをするようにしましょう。 目の細かいくしを使った丁寧なコーミングも欠かせません。

定期的なブラッシングで、抜け毛ケアはある程度できます。

抜け毛の多くない時期でしたら、手を少し濡らして、指をブラシ代わりに体を撫でてあげるだけでも抜け毛がとれます。 濡れたタオルで拭いてあげるのも効果的です。

抜け毛と汚れがとれて、効果的な抜け毛ケアになります。

ブラッシングはいきなり行うとびっくりして嫌がる猫が多いものです。

小さいころから慣らしておくといですが、初めはマンクスがリラックスしているときに、首のあたりから行うといいでしょう。 ゆっくり優しくブラッシングします。

慣れてきたら徐々に範囲を広げて行きます。

力を入れたり、くしで皮膚を傷つけないように注意してくださいね。 ブラッシングが痛くて嫌な物と思わせないようにしましょう。

換毛期は1回シャンプーをするといいでしょう。 シャンプーをすると一気に抜け毛を取り除くことができるので、そのあとのお手入れが楽になります。

またシャンプー前には、丁寧にブラッシングをしてムダ毛やもつれを取っておきましょう。

ではマンクスの抜け落ちた毛に対する対策は何ができますか?

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー