ウエストハイランドホワイトテリアは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

ウエストハイランドホワイトテリアは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1796

ウエストハイランドホワイトテリアは小型犬でダブルコートの犬です。被毛の特徴は剛毛ですが、どんなお手入れができるでしょうか?ウエストハイランドホワイトテリアに日頃行える被毛のケアや抜け毛の対策についても考えてみましょう。

1796 |

ウエストハイランドホワイトテリアの抜け毛は多い?

West Highland White Terrier puppy in hands.

OlgaOvcharenko/shutterstock.com

ウエストハイランドホワイトテリアの被毛はダブルコートで、抜け毛は多い犬種です。 下毛も豊富なので、換毛期には特にケアが必要です。

換毛期はいつ始まるのでしょうか?

ウエストハイランドホワイトテリアの換毛期は、年に2回あります。 つまり春と秋です。

換毛期で下毛が多く生え変わることで、体温を調節しています。 暑さ対策、冬対策をしているわけです。人間で言うと衣替えですね。

ウエストハイランドホワイトテリアは、寒さに強く、暑さに弱いので対策をしてあげてくださいね。

ウエストハイランドホワイトテリアの抜け毛ケア

ウエストハイランドホワイトテリアにブラッシングケアをしていきましょう。 週に1、2回のブラッシングケアをしてくださいね。 換毛期の時期には、毎日行いケアし対策しましょう。

ブラッシングケアをする時には、ブラシを愛犬に合ったものでケアすることです。

ウエストハイランドホワイトテリアには何が合うでしょうか? いくつか紹介しますね。

「ファーミネーター」は下毛をかなり取り除きます。 使い方には注意が必要です。 力を入れ過ぎないようにブラッシングケアをします。 同じ個所を何回もしないようにしましょう。

ウエストハイランドホワイトテリアは皮膚病にもなりやすいので、ていねいにブラシをあてます。 ファーミネーターは熊手のようなものです。 力を入れずにブラッシングケアをするだけでも効果あります。

「ピンブラシ」も毛のもつれを取りやすくします。 マッサージ効果もあるので、やさしくケアしていきましょう。 「コーム」も毛玉のケア、もつれを取るのに便利です。 最後の仕上げもコームで整えることができます。

ウエストハイランドホワイトテリアはトリミングも必要な犬種です。 2ヶ月に1回のカットをおススメします。 涙やけにもなりやすいので、汚れたら拭いてケアしてあげましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 エンター
通報

ウエストハイランドホワイトテリアは皮膚病になりやすいんですね。それなら被毛のケアは丁寧にしなきゃだめですね。頑張って世話をしたいと思います。皮膚病になっちゃったら嫌だし。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー