ジャーマンシェパードは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

ジャーマンシェパードは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1832
update

ジャーマンシェパードドッグは抜け毛が多いのでしょうか?飼う際に特別なケアや対策が必要なのでしょうか?詳しく調べてみましょう。

1832
update

ジャーマンシェパードの抜け毛は多い?

www.flickr.com

警察犬、麻薬探知犬などとして活躍するジャーマンシェパードドッグ。 家庭犬として飼う際に気になるのは、抜け毛が多いのかどうかです。

ジャーマンシェパードドッグはダブルコートの短毛です。 ダブルコートとは、被毛が二重構造になっている種類です。 ダブルコートの犬はアンダーコートとオーバーコートの二種類の被毛を持ちます。

皮膚から生えている部分はアンダーコートが生え、一般的に毛が密集して体温を保持する機能を果たしています。 そしてオーバーコートは硬く、外からの刺激や寒さから体を守るはたらきをします。 この二種類の毛を持つことで、体を守りながら厳しい寒さに耐えることができるのです。 牧羊犬として戸外で活躍していたジャーマンシェパードならではの毛質と言えますね。

ジャーマンシェパードには短毛種と長毛種とがいます。 どちらも毛の抜けやすさは同様なのですが、長毛種のほうが抜け毛が目立つでしょう。 ですが長毛種は劣性遺伝ゆえの発生であり、かなりまれであると言われています。

ジャーマンシェパードは寒い環境に耐えるようにできている犬のため、夏毛に変わる際には大量の毛が抜けます。 家の中で飼っていれば、毎日の抜け毛の量に驚くかもしれません。

夏毛に変わる際に毛が大量に抜ける時期を、「換毛期」と呼びます。 犬の毛は「成長期」「退行期」「休止期」というパターンを繰り返して成長と交換を繰り返しています。 この「休止期」のあとに訪れる成長期が、「換毛期」と呼ばれます。 「換毛期」に毛の種類が変わるため、大量に毛が抜けます。 この「換毛期」に大量に抜ける毛にどのようにケア、対策をすればよいでしょうか?

ジャーマンシェパードの抜け毛ケア

ジャーマンシェパードの抜け毛を防ぐためには、ブラッシングが必要です。 ブラッシングをすることは、上記にあるような抜け毛のとどまりを防ぐために効果的です。 またブラッシングをすることにはマッサージの効果もあります。 皮膚が健康で血行のよい状態であるために有効です。 被毛のもつれをほどいたり、ほこり、フケも取り除けます。

ジャーマンシェパードのブラッシングをする際には、スリッカーブラシがおすすめです。 スリッカーブラシならばジャーマンシェパードの厚い被毛剛毛にも負けずに抜け毛を取り除くことができます。

スリッカーブラシとは、ピンの先端が細い金属製のブラシです。 一見危険に見えますが、この細いピン先のゆえに抜け毛を効果的に取り除くことができます。

とくにダブルコートの場合、アンダーコートの密集した毛から抜け毛を取り除く必要があります。 スリッカーブラシを使うことで、密集したアンダーコートに絡まった毛も除くことができるのです。

できれば毎日ブラッシングをすることがおすすめします。 家の中で毛が舞ってしまうのを防ぐことができますし、愛犬の皮膚と被毛の健康にも良いでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー