スタンダードプードルは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

スタンダードプードルは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1811
update

室内でずっと一緒に過ごしたい「スタンダードプードル」。でも気になるのはその抜け毛です。スタンダードプードルって抜け毛が多いの?対策はどうすればいいの?

1811
update

スタンダードプードルの抜け毛は多い?

apricot standard poodle portrait on white background

WilleeCole Photography/shutterstock.com

ぜひ飼いたいと思っている方が知りたいのが、抜け毛問題ではないでしょうか?

人気のスタンダードプードルは、抜け毛は多いのでしょうか?

家の中で飼っても問題ない犬種でしょうか?

スタンダードプードルはシングルコートです。

シングルコートとは被毛が一種類の毛質を指します。

犬の被毛には「シングルコート」と「ダブルコート」との二種類があります。

シングルコートは被毛が一種類のため、抜け毛が少ないと言われています。

反対にダブルコートは抜け毛が多いとされています。

ダブルコートはアンダーコートとオーバーコートの二種類の被毛を持ちます。

アンダーコートは毛が密集して生える傾向があります。

そしてオーバーコートは硬く寒さから体を守る役割をします。

室内で飼うならば、シングルコートで抜け毛が少ない犬種がおすすめです。

スタンダードプードルはシングルコートであり、さらに固めの被毛なので抜け毛が少ないです。

ですが被毛は大目なので、抜け毛の多い時期には対策やケアが必要です。

Adorable Golden Labradoodle Puppies

Jeanne Provost/shutterstock.com

抜け毛が多い時期とは、ひとつめは成長期です。

子犬の毛から大人の毛へと変化していく時、子犬の毛が大量に抜け落ちます。

成長とともに落ち着くため、一時的なものであると認識しましょう。

ふたつめは「換毛期」です。

「換毛期」とは、季節の変わり目に毛の種類が変わることを指します。

犬の毛は「成長期」「退行期」「休止期」というパターンを繰り返して成長と交換を繰り返しています。

この「休止期」のあとに訪れる成長期が、「換毛期」と呼ばれます。

「換毛期」に毛の種類が変わるため、大量に毛が抜けます。

春には冬毛から夏毛へ、秋には夏毛から冬毛へと毛の種類が変わっていきます。

スタンダードプードルは被毛の量が多く、しかもカールがかかっている子が多いです。

そのため、抜けた毛も目立ちます。

家の中で飼っていれば、毎日の抜け毛の量に驚くかもしれません。

換毛期を快適に過ごすためのケア、対策とは?

スタンダードプードルの抜け毛ケア

Hair of the cat and the dog on the brush on wooden background

KANOWA/shutterstock.com

スタンダードプードルの抜け毛をケアする方法、それはずばりブラッシングです。

毛は常に生え変わっていて、特に換毛期にはその量が多いです。

その毛が抜けて家の中に舞い散ってしまう前に、ブラッシングでその余計な毛を落としてあげましょう。

お散歩から帰ってきたとき、お家に入る前にブラッシングをするのがおすすめです。

基本的にはピンブラシを使うとよいでしょう。

ブラシの先端にラバーのピンがついているために、皮膚を傷つける可能性が少ないでしょう。

このピンブラシにはマッサージの効果もあります。

皮膚が健康で血行のよい状態であるために有効です。

被毛のもつれをほどいたり、ほこり、フケも取り除けます。

毛球ができやすい子であれば、コームを使ってもよいでしょう。

むりやり引っぱらず、毛球をなくす程度にしましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

スタンダードプードルって周りに飼っている人もいなくて珍しい犬種でいまいちケアとか、食事とかが難しいです。まだ生まれたばかりの幼犬だけどこれから抜け毛ケアしていかないといけないみたいですね。スタンダードプードルの記事もっと欲しいな笑

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー