豆柴は抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

豆柴は抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1618
update

豆柴は飼い主に従順で、他には警戒心の強い犬です。臆病で縄張り意識の強い犬でもありますが、一度慣れてしまうと明るくてかわいらしくまた従順な犬でもあります。この犬と共に過ごすうえで日ごろのケアにはどんなことに気を付けたらよいでしょうか。抜け毛のケアや対策について調べてみました。

1618
update

豆柴の抜け毛は多い?

Dog on couch

Trybex/shutterstock.com

豆柴の抜け毛の量は、犬の中では多いといえます。 季節の変わり目などは抜け毛ケアや対策は特に重要といえるでしょう。皮膚にも影響してくるからです。

豆柴の抜け毛ケア

抜け毛のケアはよく豆柴のブラッシングをすることによってケアできます。正しいブラッシングを行いましょう。

犬の毛質を理解しブラッシングしてケアしましょう。 豆柴の被毛はダブルコートで、真っ直ぐで固い短い毛を持っています。

短毛の毛質の抜け毛対策はきちんと必要です。 しっかりブラッシングして抜け毛の対策・ケアをしておかないと、抱っこしたり触っただけで、服や体に抜け毛がついてしまうことになります。

そして豆柴の皮膚にも悪い影響を及ぼしてしまいますので、ケアしていきましょう。また皮膚の病気の対策ともなりますので、こまめに行っていきましょう。

短毛には獣毛ブラシを使うことができます。 豚毛や馬毛、猪毛など色々なタイプのブラシがありますので、豆柴にあったタイプのブラシを使いましょう。

なるべく優しく、絡みを取るようにブラッシングしていくことができます。 ブラシをつかって汚れも落ちて毛の艶もアップさせるケアをおこなうことができます。

ブラッシングする前に、蒸しタオルをあてることも効果的なケアといえます。ブラッシング前に行うことによって血行をよくして、毛穴にたまった老廃物も出すことができるようです。

血行を良くするなら、抜け毛のケアだけでなく、健康で長生きする豆柴になりますので、ブラッシング前の一手間は重要かもしれませんね。

また剛毛の犬に良いとされているラバーブラシとコームも使ってケアすることができます。

ラバーブラシは柔らかいゴム製のブラシですので、抜け毛だけでなく、ほこりもとることができます。 皮膚にも低刺激を与えるので、マッサージ効果もあるようです。

先のラバーブラシでブラッシングしてから、スリッカーブラシでブラッシングすることができます。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー