ポメラニアンの抜け毛の時期について抜け毛の対策についても解説。

ポメラニアンの抜け毛の時期について抜け毛の対策についても解説。

1638
update

ふわふわでもこもこな被毛が老若男女から人気の犬種、ポメラニアン。触り心地の良いポメラニアンですが、見た目の通り抜け毛が多いのが悩みです。ポメラニアンの抜け毛の時期や、抜け毛の対策方法についてご説明いたします!

1638
update

ポメラニアンの抜け毛の時期

Adult Orange Pomeranian Spitz is sitting on green grass

annie_zhak/shutterstock.com

ポメラニアンの換毛期は春と秋の2回

ポメラニアンは1年中抜け毛が多い犬種ですが、特に抜け毛が多い換毛期は、4月と9月の季節の変わり目に抜け毛が目立ちます。

抜け毛が多い時期は、いくら掃除をしようが、部屋中にポメラニアンの抜け毛が転がっている状態になる程です。 そのため、しっかりと抜け毛対策を行う必要があります。

換毛期以外でも、抜け毛対策をとらなければ、部屋中にポメラニアンの抜け毛に困らされることになってしまうため、気をつけましょう。

ポメラニアンの抜け毛対策

Woman brush her pomeranian dog at home

leungchopan/shutterstock.com

ブラッシングをこまめに行う

ポメラニアンの抜け毛対策として、時期を問わずにこまめにブラッシングを行うことがひとつの抜け毛対策です。

ポメラニアンの美しい被毛を保つために、ブラッシングは毎日行ってあげましょう。 ブラッシングをすることで、コミュニケーションにもなり、抜け毛のほかにも毛玉対策になります。

特にお尻のまわりや足まわりはブラッシングを怠ってしまうことで多いため、忘れずに行いましょう。

定期的なシャンプー

Pomeranian puppy getting a bath in a mini bath tub with rubber duck

Sarah Lew/shutterstock.com

定期的なシャンプーも、ポメラニアンの抜け毛対策になります。

1度目のシャンプーでポメラニアンの被毛の油分を落とし、2度目のシャンプーで被毛を清潔にしていきましょう。 全身をまんべんなくシャンプーで洗い、その後しっかりとシャンプーが残らないように洗い流しましょう。 シャンプー後は、被毛はしっかりと乾くようにドライヤーをかけます。 ドライヤーをかけながらブラッシングをかけることで、抜け毛も取れます。

ポメラニアンは被毛が二重になっているダブルコートであるため、表面の被毛は乾いていても、地肌が乾いていない場合がありますので、しっかりとドライヤーをかけるようにしましょう。

シャンプーは、時期にもよりますが、大体38℃から40℃程の湯温であれば、ポメラニアンの負担も少ないためおすすめです。 シャンプーとブラッシングは、最も簡単な抜け毛対策であるため、ポメラニアンを飼っている以上、必ず行うようにしましょう。

サマーカットに注意しましょう

夏の時期になると、ポメラニアンのサマーカットを見ることがあります。 しかし、ポメラニアンにサマーカットを行うことは、あまりおすすめ出来ません。 抜け毛対策にもなり、夏の時期の蒸し暑さも楽になるのではとの配慮でしょうが、サマーカットにすることで、紫外線から皮膚を守っていた被毛が短いため、皮膚の病気になってしまう可能性が考えられます。 また、ポメラニアンの場合、時期や個体にもよりますが、一度サマーカットにすると、被毛が伸びなくなってしまうことがあるため、安易にサマーカットにすることは避けたほうが良さそうです。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 週替わり
通報

定期的なシャンプーと書かれてあるのですが、「定期的」とは具体的にどれくらいの頻度でおこなうのがベストなのでしょうか。時期によっても変動するかとは思いますが、どれくらいの頻度ですればいいのでしょうか。

1 コヨーテ
通報

ポメラニアンって毛玉みたいな犬だもんね~。そりゃ抜け毛の季節は大変だろうな~。ブラッシングをこまめに行わないと抜け毛だらけで大変なことになるのは想像に難くないですよね。サマーカットがおすすめできないのは意外ですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー