猫が雨の日に寝る?雨が降るとよく眠る原因と扱い方を説明

猫の1日の睡眠時間は約14時間。しかし、雨の日になったら、1日中猫が寝ていることがあります。もしかして体調不良でしょうか?猫が雨の日によく寝る原因と、そうなった際の猫の扱い方についてご説明いたします!

猫が雨の日に寝る?雨が降るとよく眠る原因と扱い方を説明

雨の日に猫が眠くなって寝る原因


完全肉食の狩猟動物で狩りができないから

猫が雨の日に寝る原因は、猫の本能によるものです。 猫は肉食動物で、狩りをする習性があります。 本能的には、日頃は狩りをして生活をしていますが、雨の日になると狩りが出来なくなってしまいます。 そのため、雨の日は猫にとっては休日になってしまい、よく寝て体力の回復を図り、明日以降の狩りのために寝ます。 もちろん室内に住む猫は、ごはんが飼い主から用意されるため、狩りをする必要はありませんが、本能的にお腹がすかないように寝て生活をし、時間が過ぎてくれるのをひたすら待っています。 そういった原因があるため、雨の日の猫の扱い方としては、猫のためにも体力の回復をするためにあまり構わないほうが良いかもしれません。 もちろん体力を温存する意味はあまりないのですが。

低気圧になると身体が重い


雨の日に猫がよく寝る原因として、雨の日は低気圧であるということが言えます。 人間も同様ですが、低気圧になると、体内の血管がゆるみ膨張します。 血管が膨張することで、神経を圧迫することが原因となり、身体のだるさが襲ってきます。 猫も同じように、雨の日になると低気圧が原因で身体が重くなり、そんな日はだらだらとしているほうが楽であるため、寝て過ごすことが多いです。 ちなみに、猫が顔をなめると雨が降ると言われていますが、この原因は、低気圧が近づくと湿気が高くなり、ヒゲや被毛が重くなり、どこかムズムズすることが原因であると考えられています。

日光が差さないせい

猫が雨の日に寝る原因は、メラトニンというホルモンが原因のひとつです。 メラトニンは、猫の体内で睡眠と覚醒状態を切り替えることで、自然と猫を眠くする作用があります。 太陽の光を浴びると、猫の体内のメラトニンの分泌が止まります。 分泌が止まることで、猫は活動体勢になります。 ですが、雨の日には太陽の光を浴びることがないため、メラトニンの分泌が止まりません。 そのことが原因となり、猫は1日中寝ているということになります。 人間も、雨の日はどこかやる気が起きないのはメラトニンのせいで、猫も同様やる気が起きていない状態なのです。

雨の日の猫の扱い方


そのままにしておいてあげる

雨の日の猫は、上記のことが原因となり、寝ることが多い状態であると言えます。 そのため、雨の日の寝る猫の扱い方としては、放っておくことが正解となります。 だるそうにしているから元気がないのではないかとか、一切そういった原因ではなく、このような状態のときに無理に遊ばせたりする扱い方をするよりは、猫の気持ちも考慮して放置してあげるようにすると良いでしょう。 雨の日の猫は、雨が原因で1日のほとんどを寝ることで過ごしますが、熟睡していることはあまりありません。 これも猫の本能が原因となっているもので、いつ敵が来ても逃げられるように、警戒心を解かないで寝ていることが多いです。 1日中寝て、熟睡している時間は3時間程であると考えられています。 そのため、雨の日は身体のだるさもあるため、寝る猫の扱い方に気をつけて生活をしてあげましょう。 扱い方を気をつけることで、猫からの警戒心も解かれるかもしれません。

まとめ


以上のことが原因となり、猫が雨の日は寝ることで1日を過ごすことがわかっていただけたでしょうか? 日頃から猫の扱い方は難しいと感じていると思います。 猫と遊ぼうと思っても、全然誘いに乗ってこなかったり、逆に人間が休憩していたり新聞を読んでいると邪魔をしてきたり、猫の扱い方はいつまでたってもハッキリとわかりません。 しかし、雨の日の猫は、ほとんどがだるそうに寝る生活をしているため、扱い方はわかりやすいと思います。 ただひたすら放っておき、猫の寝る姿に癒されていれば良いので、雨の日の扱い方に気をつけ、猫をしっかりと休ませてあげましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

でりっく

元ドッグトレーナーですので、しつけに関しての記事を中心に作成していきます。

「猫の行動」のキーワード

「猫の行動」に関するキーワード