猫が雨の日に寝る?雨が降るとよく眠る原因と扱い方を説明

猫が雨の日に寝る?雨が降るとよく眠る原因と扱い方を説明

1744

猫の1日の睡眠時間は約14時間。しかし、雨の日になったら、1日中猫が寝ていることがあります。もしかして体調不良でしょうか?猫が雨の日によく寝る原因と、そうなった際の猫の扱い方についてご説明いたします!

1744 |

雨の日に猫が眠くなって寝る原因

www.flickr.com

完全肉食の狩猟動物で狩りができないから

猫が雨の日に寝る原因は、猫の本能によるものです。

猫は肉食動物で、狩りをする習性があります。

本能的には、日頃は狩りをして生活をしていますが、雨の日になると狩りが出来なくなってしまいます。

そのため、雨の日は猫にとっては休日になってしまい、よく寝て体力の回復を図り、明日以降の狩りのために寝ます。

もちろん室内に住む猫は、ごはんが飼い主から用意されるため、狩りをする必要はありませんが、本能的にお腹がすかないように寝て生活をし、時間が過ぎてくれるのをひたすら待っています。

そういった原因があるため、雨の日の猫の扱い方としては、猫のためにも体力の回復をするためにあまり構わないほうが良いかもしれません。

もちろん体力を温存する意味はあまりないのですが。

低気圧になると身体が重い

www.flickr.com

雨の日に猫がよく寝る原因として、雨の日は低気圧であるということが言えます。

人間も同様ですが、低気圧になると、体内の血管がゆるみ膨張します。

血管が膨張することで、神経を圧迫することが原因となり、身体のだるさが襲ってきます。

猫も同じように、雨の日になると低気圧が原因で身体が重くなり、そんな日はだらだらとしているほうが楽であるため、寝て過ごすことが多いです。

ちなみに、猫が顔をなめると雨が降ると言われていますが、この原因は、低気圧が近づくと湿気が高くなり、ヒゲや被毛が重くなり、どこかムズムズすることが原因であると考えられています。

「1気圧」の時は「1の力」で全身が大気から常に押されている、という状態となっているのですが、気圧が低下すると大気からの圧力が低下し、体は膨張します。(大気から全身を抑えつけている力が弱まる、というイメージ)

この膨張によって血管やリンパの流れが生む圧力(勢い)も低下する為、平時より血行不良を起こし体調不良となる。
出典:http://is-work.com/teikiatsu628-2

日光が差さないせい

猫が雨の日に寝る原因は、メラトニンというホルモンが原因のひとつです。

メラトニンは、猫の体内で睡眠と覚醒状態を切り替えることで、自然と猫を眠くする作用があります。

太陽の光を浴びると、猫の体内のメラトニンの分泌が止まります。

分泌が止まることで、猫は活動体勢になります。

ですが、雨の日には太陽の光を浴びることがないため、メラトニンの分泌が止まりません。

そのことが原因となり、猫は1日中寝ているということになります。

人間も、雨の日はどこかやる気が起きないのはメラトニンのせいで、猫も同様やる気が起きていない状態なのです。

メラトニンは睡眠を促すホルモンで、脳のほぼ真ん中にある『松果体』と呼ばれる、松かさに似たトウモロコシ1粒くらいの大きさの器官から放出されるホルモンです。 
夜暗くなると、メラトニンが松果体から分泌され始め、メラトニンが増えると睡魔が襲ってきます。そして、生体リズムは睡眠や体息に適したものに調整されます。 朝、太陽光線が目に入ると、松果体にその刺激が伝わりメラトニンの分泌が抑制されます。 これによって覚醒スイッチがONとなり、諸々の生体機能は昼間の活動に適応した状態になります。 
出典:http://www.1ginzaclinic.com/melatonin-cancer.html
この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

猫は基本的に良く寝る生き物なので、そこまで意識してませんでしたね。メラトニンが影響してるんですか、気が付けば寝てるからね。逆に起きてる時間の方が少なくて、天気に関係なく寝てるイメージがやっぱり強いかも!

2 路線バス
通報

天候によって睡眠時間が変動するなんて、初めて知った!でも、日によって睡眠時間が違うと、体内リズムが狂ったりしないのかな。人間だったら、休みの日でも長く寝るのは良くないって言いますけどね。ここら辺は大丈夫なのかな??

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー