犬の歯磨きガムの選び方!おすすめの商品も一気に紹介!

犬の歯のお手入れに便利なのが、歯磨きガムです。この記事では、犬の歯磨きガムの選び方と、おすすめの商品をご紹介します。歯磨きガムを上手に使って、犬の歯をきれいに保ち、歯周病などの病気を予防してあげましょう。

犬の歯磨きガムの選び方!おすすめの商品も一気に紹介!

犬の歯磨きガムってどんなもの?


犬も人と同じで、歯垢がたまります。 注意すべき点は、犬の場合、歯垢から歯石になるスピードが人より早いということです。 犬は歯垢が約3~5日で歯石になります。歯石になってしまうと家庭で除去することはできません。 さらに、歯石がつくと歯の表面が凸凹になり、歯垢がたまりやすくなるという悪循環が生じます。この状態を放っておくと、歯周病になりやすくなります。

歯が口の中で密生し、歯垢がたまりやすい小型犬や短頭種、シニア犬や全身性の疾患によって免疫力の低下した犬などは、歯周病になる可能性が高いといわれます。
特に、歯みがきを全く行っていない場合は、年齢とともに発症する可能性が高くなります。
出典:http://pet-hamigaki.jp/clinic/clinic02.html

これを防ぐためには、日々の歯磨きがかかせません。 しかし、実際は歯磨きを嫌がる犬が多く、口を触ることすら難しいという方もいらっしゃると思います。 歯磨きが犬にとっても飼い主さんにとってもストレスになってしまう場合には、歯磨きガムがおすすめです。

歯磨きガムの効果

歯磨き専用のガムは、歯垢を落とす効果があります。 歯垢を落とすことで、歯石ができにくくなり、歯周病を予防することができます。 ただし、歯磨きガムはあくまでも歯磨きの補助グッズなので、一番の歯周病予防法は歯磨きをすることです。 歯磨きができない犬の場合は、動物病院などに相談し歯磨きトレーニングを行うのがベストです。 またついてしまった歯石は歯磨きガムでは落とすことはできませんので、歯石を落としたい場合は動物病院での歯石除去手術が必要です。

歯磨きガムの選び方


歯磨きガムの選び方や与え方を間違うと、効果がなかったり、犬にとって悪影響を及ぼすこともあります。 歯磨きガムの正しい選び方と与え方をチェックしておきましょう。

犬の大きさに合ったもの

犬の口の大きさに対して歯磨きガムが大きすぎる、口の中を傷つけてしまったり、丸飲みして消化管に詰まってしまう可能性があります。 商品の表示を確認して、犬の口に合ったサイズを選ぶようにしましょう。 また歯磨きガムを与えるのは、消化機能が整う生後6か月以降にしましょう。

おいしいもの

あまり味のないものやおいしくないものだと、犬が食べてくれないことがあります。 喜んで食べてくれるようなペットの好みに合う歯磨きガムを見つけましょう。

あまり硬くないものを

歯磨きガムが硬すぎると、歯が縦割れを起こしたり、先が欠けたりすることがあります。

本来、ワンちゃんは肉食動物ですので、ワンちゃんの歯はお肉や皮膚、あるいは骨を噛み砕くには十分な強度を備えていますが(動物の骨って実はそこまでカチコチではありません)、骨型ガムのようにそれ以上の固さのものを噛み砕こうとすると、歯が負けてしまいます。
出典:http://morinoinuneko.com/nishihara/?p=1643

歯の隙間に入るものを

歯垢は歯の隙間にたまりやすいので、歯の隙間に入るような繊維質の歯磨きガムがおすすめです。

おすすめの歯磨きガムは?


歯磨きガムにはさまざまな素材、タイプのものがあります。 犬の好みによって使い分けるのも良いですね。

「グリニーズ」シリーズ


原料には自然素材が使われており、日本で厳しい品質管理・検査が行われているので安心して与えることができます。 またしっかり噛める弾力性と形状で、歯磨き効果が実証されています。

「グリニーズ」シリーズのHPはこちら

「ライオン ペットキッス」


弾力のあるブラッシング繊維の効果で、一つの歯で5回噛むと歯垢を落としてくれます。 またつぶつぶの牛皮と大小のスクラブが含まれており、歯垢をかきとってくれます。

「ライオン ペットキッス」のHPはこちら

「ドギーマン 無添加良品 アキレススティック」


保存料、着色料、発色剤、酸化防止剤が添加されていません。 コラーゲンなどのタンパク質も含んでおり、栄養補給もできます。

「ドギーマン 無添加良品 アキレススティック」のHPはこちら

犬も人間も歯の健康は大事です!


犬にとっても人にとっても歯の健康は大切ですが、犬の場合は自分で歯のケアをすることができません。飼い主が責任を持って歯のケアをしてあげましょう。 歯磨きができない犬にとって、歯磨きガムはとても便利なグッズです。 歯磨きガムを与える時は、飼い主が手に持ち、犬にしっかり噛ませるようにしましょう。また、丸飲みして詰まらせることのないよう、小さくなった歯磨きガムは捨てるようにしましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

あき310

「お手入れグッズ」のキーワード

「お手入れグッズ」に関するキーワード