【ワーキンググループの犬種】性格や特徴についてをご紹介。

【ワーキンググループの犬種】性格や特徴についてをご紹介。

3555
update

犬は昔から、人の相棒的な存在で、人の助けとなって生きていました。警備犬や救助犬等、現在でも現場で活躍している犬種がたくさんいます。人に仕える犬種のことをワーキンググループと呼びます。ワーキンググループに属する犬種の性格や特徴についてご説明いたします。

3555
update

犬は昔から、人の相棒的な存在で、人の助けとなって生きていました。警備犬や救助犬等、現在でも現場で活躍している犬種がたくさんいます。人に仕える犬種のことをワーキンググループと呼びます。ワーキンググループに属する犬種の性格や特徴についてご説明いたします。

アラスカンマラミュート

アラスカンマラミュート

COLOMBO NICOLA/shutterstock.com

アラスカンマラミュートの特徴・性格

アラスカンマラミュートは、現在でも犬ぞりで活躍しているワーキンググループに属する犬種です。

狼のような外見が特徴的で、犬ぞりを引くことが出来るように改良された、がっちりとした体格のアラスカンマラミュート。

ワーキンググループの、犬ぞり向けに改良された犬種らしく、走ることや物を引っ張ることが大好きで、散歩も長時間させてあげる必要があります。

性格は人懐こく、楽観的な性格をしています。

しかし、ほかの動物に対する警戒心は強く、時には攻撃的になる可能性もあるため、注意が必要です。

グレートデーン

グレートデン

Csanad Kiss/shutterstock.com

グレートデーンの特徴・性格

グレートデーンは、狩猟犬として活躍をするワーキンググループの犬種です。

様々な犬種の中でも最大級のサイズを持ち、オスの場合体高は約80cm程です。

野生のイノシシを仕留めるために、強靭なスタミナとスピードを併せ持ち、とても優秀な狩猟犬として活躍をしていました。

その堂々とした風貌から、怖そうに見えるグレートデーンですが、性格は穏やかで社交的であり、のんびりとした可愛らしい性格をしています。

超大型犬に分類されるため、毎日それなりの運動量は必要であるため、時間に余裕のある人におすすめしたい犬種です。

身体のサイズがあまりにも大きいため、寿命は約6~8年と短命です。

グレートピレニーズ

グレートピレニーズ

Perry Correll/shutterstock.com

グレートピレニーズの特徴・性格

グレートピレニーズは、寒い地域や悪天候でも牧羊犬として働くことが出来るように全身がふわふわの被毛で覆われている、大型犬が多いワーキンググループの中でも特に大型の犬種です。

堂々とした風貌のグレートピレニーズは、その見た目のとおり、ゆったりと歩く様が特徴的です。

性格は穏やかであり、家族に対しては攻撃的な態度をとられない限り忠誠心が強い犬種です。

しかし、警戒心が強い一面もありますので、知らない人や犬に対してはすぐに仲良くなることは難しいでしょう。

ゆったりとした歩幅に合わせて、長時間の散歩が必要な犬種です。

シベリアンハスキー

シベリアンハスキー

Zoya Soroka/shutterstock.com

シベリアンハスキーの特徴・性格

シベリアンハスキーは、ワーキンググループの中でも、軍用犬として救助や捜索の仕事をし、様々な人から賞賛をされた犬種です。

現在は犬ぞりに活躍の場を移しておりますが、ドッグショーでも人気の犬種のひとつです。

一見怖そうな風貌で、狼のような見た目が特徴的なシベリアンハスキーですが、性格はとても優しく、遊ぶことが大好きな犬種です。

犬ぞりで活躍している犬種らしく、物を引くことが好きですので、雪の降る地域に住んでいる人は、散歩の時に何かをそりに乗せて引っ張らせてあげると犬は喜ぶでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー