新種の猫『リコイ』の性格は犬みたい?日本で入手できる?

新種の猫『リコイ』の性格は犬みたい?日本で入手できる?

1929
update

2010年に生み出され、2012年にTICA(国際猫協会)に正式に認定された新種の猫、リコイ。スフィンクスのような見た目のリコイですが、新種のためまだわからないこともたくさんあります。新種の猫、リコイの性格と特徴、日本での入手方法等についてご説明いたします!

1929
update

新種の猫『リコイ』の性格と特徴

www.catster.com

リコイの性格は?

nextshark.com

リコイは遊び好きで人懐っこい性格

孤独を好む猫が多い中、リコイは遊び好きで人懐っこい性格をしています。

猫にしては珍しい性格であるため、今まで猫と存分に触れ合いたかった人には待ちに待った猫種といえます。

警戒心の強いほかの猫とは異なり、リコイと仲良くなるのに時間はかからないでしょう。

リコイはフレンドリーな性格

フレンドリーな性格もリコイの魅力です。

ほかの猫に対しても攻撃的な態度をすることは少なく、すぐに打ち解けることができるでしょう。

このフレンドリーな性格も、新種として認定されてから人気が高まっている理由のひとつです。

リコイは従順で忠誠心も厚い

リコイは、しばしば犬のような性格であると例えられます。

その理由は、従順で忠誠心も強いからということが挙げられます。

上記のようにフレンドリーで遊び好きな性格に加え、しつけもしやすいため、猫を飼うのが初めてでも問題なく飼うことができるでしょう。

リコイは頭が良い

リコイは、頭が良いといわれています。

子猫の頃にしっかりと社会化のしつけをしておくと、成猫になってもしつけをしやすくなります。

ここで注意しておきたいことは、犬のように叱ってしつけをするのではなく、大きな声で「痛い!」等と言うことで、リコイは自らして良いことといけないことを学ぶようになります。

リコイの特徴は?

cdn2-www.cattime.com

リコイはアメリカンショートヘアの突然変異種

リコイは、2010年にアメリカに住むブリーダーによって生み出されました。

そのリコイ、実は日本でもお馴染みの猫種、アメリカンショートヘアの突然変異種です。

最初は、見た目の特徴から、ほかの猫種の遺伝子を引き継いでいるのではという憶測が流れましたが、皮膚異常であるということがわかりました。

精密検査の結果、身体に異常は見られず、その後の健康状態にも問題はなかったため、2012年に正式に国際猫協会に認定されました。

リコイの毛の特徴

リコイの被毛の特徴としては、ローンと呼ばれる、ほかの猫ではあまり見られない珍しい被毛をしていることが特徴のひとつです。

ローンとは、1本の独立した白と黒の被毛が交じり合っていることを指します。

通常は、1本の被毛の中に何種類かのカラーが含まれていますので、ローンというパターンは大変珍しく特徴的です。

子猫の頃は全身に被毛が生えており、生後10週後を目安に、その特徴的なローンパターンになっていきます。

リコイのカラー

リコイは、現在認められているカラーはグレーの1種類だけです。

というのも、まだリコイの数が少ないため、今後は様々なカラーのリコイが生み出されるかもしれません。

リコイの価格は?

img.theepochtimes.com

リコイは、現在もしも日本で購入するのであれば、価格は大体18~30万円程の価格で購入することができると予測されます。

新種にしては安価な価格であると感じますが、絶対数が圧倒的に少ないため、価格以前に譲ってくれるブリーダーを探すことに苦労をしそうです。

しかし、あくまで憶測で言われている価格ですので、今後リコイの数が増えていき、日本や世界で人気が出たら価格はさらに上がると予測されます。

人気が上がっていくと、価格はもしかしたら30万円を越すような価格になるかもしれません。

価格の前に、リコイがもっと繁殖され、日本でも入手できるのを祈るしかなさそうです。

リコイは日本で入手できる?

nextshark.com

リコイは、国際猫協会に認定されたとはいえ、まだ7匹程度しかいません。

この7匹というのは、世界で7匹しかいないということですので、日本でリコイを入手することは大変難しいといえます。

リコイの数が増え、日本でも購入ができるようになるまで待つしかないでしょうが、どうしても我慢できない人は、リコイのブリーダーを探し、輸入の依頼をしてみると良いでしょう。

ただ、まだ数匹しかいないリコイを、日本で入手できるのは、価格面を気にしないでも、難しいかもしれません。

まとめ

i.dailymail.co.uk

リコイは大変性格の良い、飼いやすいことが特徴の新種の猫です。

日本ではまだ価格面以外にも入手する方法が少ないですが、今後数が増えるにつれだんだんと名前を聞く機会が増えていくかもしれません。

日本でもこの特徴的な新種のリコイを飼うことができるように、ブリーダーには大事にリコイを繁殖してもらい、日本でも入手できるようにしてもらいたいものです。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

形がスフィンクスみたい!

そして顔の中にダッフィー的な感じで隠れミッキーがいますね!!

この猫は飼ってみたい!

飼えなくても、日本にいるなら一度はみてみたい♪

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー