オッドアイの猫の値段は?生まれる確率についても解説

「オッドアイ」。一目見ただけで目が離せなくなるような不思議な魅力がありますよね。このオッドアイは猫にも現れることがあり、やはりその魅力に虜になる人も多いようです。今回は、オッドアイの猫の値段や生まれる確率について調べてみました。

オッドアイの猫の値段は?生まれる確率についても解説

左右の目の色が違う神秘的な瞳のオッドアイ猫!

まず始めに、オッドアイとはどういう目を指す言葉なのでしょうか。

オッドアイとは左右の目の色が違うことを言い、人間に現れることもある形質です。

実はこのオッドアイ、人間よりも犬や猫に現れる確率が高いと言われています。

では、オッドアイの猫が生まれる確率はどれくらいなのでしょうか。

そして、オッドアイの猫はどれくらいの値段で販売されているのでしょうか。

オッドアイ猫の特徴

オッドアイは遺伝子変異が元で起こります。

オッドアイを持つ猫にはどんな特徴があるのでしょうか。

白い猫にオッドアイが出やすい

 猫(特に白い猫)で時々見られますが、原因はよくわかっていません。遺伝的疾患とも言われていますが、 基本的には突然変異で出現することが多いようです。
出典:http://www.tsukakoshi-ah.com/column/cats/オッドアイ/

オッドアイはどんな毛色の猫にも発現します。

実際、どの毛色の猫にもオッドアイを持つ猫が確認されてきました。

しかし、その中でも全身白色の毛色を持つ猫に多く現れると言われています。

ターキッシュバン、ターキッシュアンゴラ、ジャパニーズボブテイルの3つの猫種に現れることが特に多いようです。

左右で虹彩の色が違う「虹彩異色症」

虹彩とは瞳孔の大きさを調節する薄い膜ですが、虹彩には色が付いておりこの色が瞳の色になるわけです。

オッドアイは、医学的用語では虹彩異色症と呼ばれ、左右の目で虹彩の色が異なっていることを指します。

オッドアイを持つ猫の虹彩の色の組み合わせにはいくつかパターンがあり、一方が青で、もう一方が黄、オレンジ、茶、緑のうちのいずれかになります。

オッドアイ猫の値段は?

神秘的な魅力を持つオッドアイの猫。

飼いたい、と思っても値段が気になる方も多いはず。

一体どれくらいの値段で販売されているのでしょうか。

オッドアイだから値段が高くなることは少ない

希少な特徴のオッドアイはさぞかし高い値段に違いない、そう思われるかもしれません。

しかし、オッドアイだからと言って値段が高くなることはあまり無いようです。

基本的にペットショップなどでの値段は、どれだけ需要があるかに基づいて設定されます。

オッドアイは魅力的な特徴ではありますが、オッドアイを最優先として猫を探す人は少ないため、値段が高くなることは少ないようです。

オッドアイ猫は外国人に人気

日本では少し怖いという印象を持たれることもあるオッドアイ。

海外ではその神秘的な魅力が大人気です。

日本で怖いという印象を持つ人も、吸い込まれるような神秘的な魅力が強すぎると感じてしまうのかもしれませんね。

オッドアイの里親になるには

では、オッドアイを飼いたい場合にはペットショップなどで探すしか方法がないのでしょうか。

いえ、里親になるという方法があります。

では、オッドアイ猫の里親になるにはどうすればいいのでしょうか。

ペットショップ、ブリーダー、里親を探すサイトでも

オッドアイの猫は、どんな種類の猫にも存在すると書きました。

なので、ペットショップやブリーダーで探すよりも里親募集サイトで探す方が効率的であることが多いです。

里親募集サイトは全国の情報を集めているものが多いので、猫の品種にこだわらずオッドアイという特徴に絞って探せば、里親募集サイトでもいくつか見つけることができます。

お住いの場所との関係もありますが、定期的に里親募集サイトを覗いてお気に入りのオッドアイ猫を見つけましょう。

さまざまな呼び名があるオッドアイ猫

日本では「金目銀目」、タイでは「ダイヤモンドアイ」など呼ばれてきたオッドアイ。

特にタイでは、オッドアイを持つ猫を白い宝石という意味の「カオマニー」と呼び、大事にされてきました。

神秘的で引き込まれそうな魅力のオッドアイ。

家族に迎えられたら、たくさん可愛がってくださいね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • 猫の目の色にはいくつの種類があるのか

    • 猫の目の色にはいくつの種類があるのか

      猫の目の色は多彩です。ですがどんな種類があるかはご存知ですか?メジャーな色からレアな色まで、見ることが珍しい色もありますので猫の目の色についてご紹介します。

      12639
    • 白猫に多い幸運のオッドアイ?その原因と短命になる理由!

    • 白猫に多い幸運のオッドアイ?その原因と短命になる理由!

      アナタはオッドアイという言葉を知っていますか?神秘的で美しい瞳【オッドアイ】をもつ猫についてまとめてみました。良い事ばかりじゃない…オッドアイにはそれなりのリスクがある!?原因や短命、そして魅力。是非アナタもオッドアイの隠れた秘密をご存知になって下さい♪

      コメント

      オッドアイの猫は見たことがありませんが、写真でも魅了される猫ですね。美しすぎるその外見ですが、短命というのは本当にかわいそうだなと思いました。色々な病気になってしまったり、早くに命を落としてしまうことを踏まえて飼う必要があることがこの記事から十分に理解できました。オッドアイの猫を見たら特に優しくしてあげたいと思います。

      62746
    • 猫のグルーミングが過剰?気になる猫の毛づくろいの意味について解説。

    • 猫のグルーミングが過剰?気になる猫の毛づくろいの意味について解説。

      猫が非常に自分の被毛をペロペロと必要以上にグルーミングをしているケース、これは一体何のサインでしょうか?過剰なグルーミングは何かの病気の疑いがあるのかどうか、あるいはどんな意味が隠されているのかを考えてあげましょう。それはもしかしたらストレスや皮膚病の可能性もあるかもしれません。

      8010
    • 生後5ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後5ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

      子猫は楽しいことが大好きな好奇心旺盛で自由気ままな探検家です。 生後5ヶ月の子猫にもなれば育てるうえで目を離せることも多くなります。でもまだまだ人間の子どもでいえば10歳前後の年齢なので成長時期ですよね。 気になる噛み癖(噛む問題)や留守番のさせ方を生後5ヶ月目の子猫の育て方から見ていきましょう。

      9638
    • 子猫の社会化期について。時期や育て方を解説

    • 子猫の社会化期について。時期や育て方を解説

      子猫の社会化期とは、生後3週齢から12週齢(3か月)くらいまでの時期です。子猫はこの時期に、遊びなどのコミュニケーションの中から、飼われている環境(人や同居する他のペット)になじむ社会性を身に付けます。学んだことをよく吸収するので、育て方が大事な子猫の社会化期について解説します。

      10011
このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆

おすすめコンテンツ

猫の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!