いくつ知っている?猫をモチーフにした有名企業をご紹介

いくつ知っている?猫をモチーフにした有名企業をご紹介

2061

この記事では猫をモチーフにしたロゴを使用している、有名企業やブランドをご紹介します。普段よく見かける企業から、人気ブランド・海外ブランドまで、さまざまなところで猫のロゴが使われており、それぞれにセンスの良さや猫への愛情が感じられます。あなたはいくつ知っていますか?

2061 |

猫をモチーフにしたロゴを使っている企業やブランドを知ろう

猫

www.flickr.com

日本、海外を問わず、多くの企業やブランドで、猫をモチーフにしたロゴが使われています。 あなたもふとしたときに目にして、かわいい!おしゃれ!と思ったことがあるかもしれませんね。

企業やブランドによって、猫をモチーフにした背景や、ロゴに込めた意味はさまざまです。 この記事では猫をモチーフにしたロゴを使っている企業やブランドをいくつかご紹介します。

猫をモチーフにしたロゴを使っている企業「ヤマト運輸」

www.kuronekoyamato.co.jp

言わずと知れた、「宅急便」などの輸送業務を行う企業です。 黒猫の親子のロゴマークは1957年から使われています。

このロゴは、業務提携していたアメリカの運送会社「アライド・ヴァン・ランズ社」の白猫のマークが由来になっているそうです。当時の社長が、お母さん猫が子猫の痛くないところを優しくくわえて運ぶ姿に感銘を受けたとか。

デザインは当時の広報担当者のお子さんの描いた絵からヒントを得て、現在のロゴが誕生したということです。

ヤマト運輸では、ロゴ以外にも、システムの名称に「キャット」や「ネコ」などの名称がついているものが多くあるそうです。例えば、情報システムは「NEKOシステム(ニューエコノミカルカインドリーオンシステムの略)」であったり、営業所などにある個人のお客様向けタッチパネル端末は「ネコピット」といいます。

ヤマト運輸を利用するときには、どこかに猫にまつわるものが隠れているかも?と探してみるのも楽しいですね。

「ヤマト運輸」のHPはこちら

猫をモチーフにしたロゴを使っている企業「株式会社 中幸製作所」

chuko-works.co.jp

1950年創業の、精密試作部品の専門メーカーです。

社員のユニフォームの胸に刺繍されている「青猫」のロゴマークは、常に身近にいて誰からもかわいがられる猫をイメージキャラクターにしたいとの思いから採用されているそうです。

商機をもたらす招き猫、そして幸福の象徴である「青い鳥」ならぬ青い猫。
招福万来の願いを込め、お取引先様はもとより、社員や地域社会など、より多くの皆様に永きにわたって愛される会社でありたい、そんな思いを形にしたロゴマークです。
出典:http://chuko-works.co.jp/company/company.html
「株式会社 中幸製作所」のHPはこちら

猫をモチーフにしたロゴを使っているブランド「WACHIFIELD」

www.wachi.co.jp

1976年に設立された革工房「わちふぃーるど」のキャラクター・猫のダヤンは、1983年から、看板や包装紙に使うお店のマークとして誕生しました。 元は小さな革工房でしたが、今では革製品に限らず、アパレル、雑貨などの販売もしています。

「わちふぃーるど」は池田あきこさんが創作した架空の国で、1987年から「わちふぃーるどと猫のダヤンの物語」として多くの書籍も刊行されています。ミステリアスで印象的な目のダヤンは物語の主人公で、ウサギやワニなどたくさんのキャラクターたちと愉快で不思議な冒険をくりひろげます。

「わちふぃーるど」はふたつの顔を持つ会社です。

ひとつはファンタジーを形にすること。もうひとつは革の持つ無限の可能性を追求し、質の良い革製品を作っていくことです。
出典:http://www.wachi.co.jp/profile/index.html
「WACHIFIELD」のHPはこちら

猫をモチーフにしたロゴを使っているブランド「JUTTA NEUMANN NEW YORK」

www.juttaneumann-newyork.com

ドイツ生まれのデザイナー「Jutta Neumann(ユッタ・ニューマン)」が1994年に設立したブランドです。 革職人として修業を積んだ彼女がデザインしたサンダル・バッグ・ベルトなどの革製品は、有名になった今も外注や海外生産に頼らず、イーストヴィレッジにある工房で作られています。

ロゴの黒猫は、製品の一部にさりげなく押印されていることが多いのですが、存在感は抜群です。

「JUTTA NEUMANN NEW YORK」のHPはこちら

猫をモチーフにしたロゴを使っているブランド「SCENT OF Varo」

www.facebook.com

2014年8月に誕生した、ケアコスメブランドです。 オーガニックと、女性を優しく包む香りにこだわったコスメを扱っています。

ロゴマークのかわいい猫は、茶目っ気があり陽気で好奇心旺盛な1歳のマンチカンの女の子「ジャルダン」です。 季節ごとにいろいろなコスチュームに変装する「ジャルダン」がとってもキュートです。

「SCENT OF Varo」のHPはこちら

猫をモチーフにしたロゴを使っているブランド「rebecca taylor」

www.amazon.co.jp

ニューヨークを拠点にレディースウェア、シューズ、バッグ、アクセサリーなど幅広く展開するファッションブランドです。 世界的に有名なニュージーランド出身のデザイナー「Rebecca Taylor(レベッカ・テイラー)」がデザインした商品には、細部へのこだわりと女性をかわいく見せる秘訣がたくさん詰まっています。

ブランドのアイコンは向かい合う2匹の猫で、大人かわいい女性をイメージさせるおしゃれなロゴです。

「rebecca taylor」のHPはこちら

まとめ

ここまで、猫をモチーフにしたロゴを使っている企業やブランドを紹介してきましたが、あなたはいくつ知っていましたか?

街を歩きながら、ショッピングしながら、ネットサーフィンしながら、猫をモチーフにしたロゴを探してみるのも面白いですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
3 キャラ弁当
通報

知らない会社が多かったです。クロネコヤマトだけしっていました。猫の次は、犬をモチーフにした会社の紹介をしてくださいっっ。楽しみに待っています。

2 名無しさん
通報

言われてみればな会社が多いですね。猫でパッと思いつくのはクロネコヤマトだけど。あと、私はココにはないのを一つ思いつきました。シャノワールってケーキ屋です。大阪で多く店舗を持つケーキ屋さんです。

2 黒い猫
通報

いくつ知ってる?のタイトルを見て、「う〜ん」って言いながら思い出そうとしたのに、何一つ出てこなかったー。いつもトラックやCMとかで頻繁に、目にしているはずのヤマト運輸が浮かんでこなかったのが不思議。日常に溶け込みすぎて出てこなかったのかも。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー