猫用ハーネスはどのタイプがおすすめ?人気のハーネスを紹介!

猫用ハーネスはどのタイプがおすすめ?人気のハーネスを紹介!

2167
update

猫も犬同様散歩できるとしたらどうですか?愛猫と一緒に散歩できるなら是非したい!と思う人が大半だと思います。そんな散歩のときに役立ってくれるのが「ハーネス」です。ハーネスには大きく分けて2種類ありますが、そのハーネスについてメリット・デメリットをご紹介します。

2167
update

実は猫のお散歩にはメリットがたくさん!

pixabay.com

猫を連れて散歩している人ってなかなか見かけないですよね。ですが猫を散歩させてあげると猫のストレスを軽減させたり、猫の運動不足を解消して病気予防に繋がったりとした効果があるんです。

しかし、放し飼いをするのとはわけが違います。猫の放し飼いはご近所に迷惑をかける場合があるため、散歩をさせる時は猫にハーネスを付けて散歩をしなければいけません。

またメリットは猫にだけではなく、人にも良い影響を与えることも。近所を散歩するのであれば、人付き合いが良くなったり散歩をすることで人の運動不足解消にもなります。

逃走してしまっても戻る可能性が高まる

もしハーネスをしているにも関わらず、猫が逃げ出してしまった場合はどうしましょう?急いで追いかけても追いつけなかったり細い道に入られてしまい見失う可能性もありますよね。

もしかしたらもう帰ってこないと心配して散歩に行くことが怖くなってしまう飼い主さんもいるかもしれませんが、猫は本来道を覚える習性を持っています。

そのため万が一猫が逃走してしまっても戻ってくる可能性は高いのです。しかし「どうせ帰ってくるし」という気持ちで放置してしまうと、無用なご近所トラブルに発展しないとも限りませんから可能な限り探してあげましょうね。

おすすめ・人気のハーネスをご紹介

pixabay.com

猫に最適とされるハーネスのタイプをご紹介したいと思います。ただ完璧、といえるものではないため少なからず逃走してしまう可能性はあります。

ですがしっかりとしたハーネスを使ってあげればその確率もグンと下がりますから、楽しく愛猫と散歩ができると思いますよ。

ハーネスは猫が慣れてくれないといくつも買いなおすハメになりますが、うまく装着できたらまずはそのまま室内で遊んでみるとハーネスに慣れやすくなりますよ。

ひもタイプ

item.rakuten.co.jp

ひもタイプのハーネスの特徴は身軽な点です。これはメリットにも挙げられますが、ひものみとなっているため服を着慣れていない猫にとってはストレスになりにくいです。またひもタイプは自由性が高くなっているため猫の柔軟性を高く生かす作りになっています。

デメリットとしてはひもだけなので締めやすくなっていて猫が苦しくなってしまうことがあります。また自由度が高いだけにベストタイプよりも脱げやすくなっているので逃走率が少し高くなっています。

写真の商品詳細 サイズ:S~Lカラー:全6種 値段:1980円(税込)※2017年2月下旬価格

購入はこちらから(楽天市場)

ベストタイプ

item.rakuten.co.jp

ひもタイプに比べて胴体を守るようになっているのがベストタイプです。締め付け感がないので猫が苦しくないような設計になっています。ダブルロックのベストタイプなら逃走防止になり安全です。

デメリットは夏は汗をかいてしまうことです。また洋服を着ることに慣れていない猫だと、慣れてもらうまでに苦労と時間を要します。

写真の商品詳細 サイズ:S~3L(犬猫兼用)カラー:全4種 値段:Sサイズで2808円(税込)※2017年2月下旬価格

購入はこちらから(楽天市場)
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

猫用のハーネスって要らないって思ってたけど、住宅街とかに住んでたらやっぱり必要なんだね。うちはかなり田舎で実家で猫ちゃんを飼ってるから完全に離し飼いにしてて好きな時に外出して戻ってくるんだけど、猫連れて遠出するときはやっぱりハーネスが必要だよね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー