高級ドッグフード「ジウィピーク(ぺニソン)」高いのには意味がある!詳しく紹介!

高級ドッグフード「ジウィピーク(ぺニソン)」高いのには意味がある!詳しく紹介!

6236
update

ニュージーランド産の「ジウィピーク」ドッグフードについて知っていますか?厳選された原材料でつくられたドッグフードの中でも特に最高級といえるドッグフードです。今回はそんなジウィピークを徹底分析してみたいと思います。

6236
update

ニュージーランド産の「ジウィピーク」ドッグフードについて知っていますか?厳選された原材料でつくられたドッグフードの中でも特に最高級といえるドッグフードです。 今回はそんなジウィピークを徹底分析してみたいと思います。原材料や成分、また実際に商品を購入された方の口コミ評判からどんなドッグフードなのか調べてみましょう。

愛犬の新たなドッグフード選びで悩んでいる方は参考にされてみてはいかがですか?

人気のドッグフードおすすめ5つを比較してランキングしました!

ドッグフードは様々な種類があって、何を選んだらいいのか分からないですね。ドッグフードの選び方のコツがあるんです。愛犬の食いつきが悪いのは何か意味があるのかもしれませんよ。ここでは人気のドッグフードランキング5選を紹介します。

https://mofmo.jp/article/13639

ジウィピークってどんなドッグフード?

Chihuahua dog with different colored eyes sitting behind a bowl with dog food spilling over

gvictoria/shutterstock.com

ではまずジウィピークはどんなドッグフードなのでしょうか?

ジウィピークはニュージーランド産のドッグフードでコンセプトは「天然の生肉、内臓、魚介類にほとんど手を加えない」というものです。野生で生きてきた頃の、野生の獲物から得る生肉食に限りなく近づけたドッグフードです。ですから当然余計な添加物等は一切使用していません。

ニュージーランドは自然環境が管理されているため、高品質の天然素材を使用してドッグフードを作れます。なぜなら、ニュージーランドは非常に厳しい防疫管理、法規制がひかれているため国内には家畜の疫病がありません。また穏やかな気候のため、家畜は年中天然の牧草を食べられる環境にあるため、ハウス飼育や給餌システムを使用する必要がないので、自然放牧でストレスが少なくいられます。このような家畜の肉を使用しているジウィピークは高品質のドッグフードといえます。

ニュージーランド食品安全当局を規定する危険管理プログラムに従い検査をしていますので、製品の品質と安全性は確かです。

ジウィピークの特徴

ジウィピークの特徴を紹介します。

肉類配合率90%以上

なんとジウィピークは肉類の配合率が90%以上という他にはほとんど見られない割合です。そのため消化率は95%以上でほとんどの栄養をしっかり吸収できます。ですからうんちの量も少なくなります。穀物などでかさ増ししたり、増量剤を使用していない証拠です。消化がしやすいく栄養をそのまま吸収するため消化器官にも負担をかけません。

使用している肉は最高品質

ジウィピークは肉類が90%以上使用されていますが、使用している肉の品質も最高品質のものです。生肉がたっぷり使用されており、使用している家畜の飼育状態もしっかり管理されているため品質は最高です。

アレルギー対策がされている

ジウィピークはアレルギー対策がされているドッグフードでもあります。なぜなら犬がアレルギーを起こしやすい穀物や添加物は一切使用していないからです。どんなに高品質の原材料を使っていたとしてもアレルゲンの使用があったら、購入をためらってしまいますね。ジウィピークはアレルギー対策がしっかりされていすドッグフードです。

エアドライ製法

ジウィピークはエアドライ製法を採用しています。低温でゆっくりと乾燥させるので酵素、栄養素、たんぱく質を損なうことはありません。栄養価を失わず生肉の3倍量を摂取できるのです。時間と技術を駆使した最高品質のドッグフードです。

コストが高い

厳選された原材料を使用しているため、価格が高くなってしまいます。一般的なプレミアムフードよりもさらに高いので、もしかしたら経済的に続けることは難しく感じるかもしれませんね。ただし栄養価が高いので、給餌量は一般の半分の量で済みます。

保存に注意

ジウィピークは保存に注意が必要なドッグフードです。なぜなら合成防腐剤や合成保存料を使用していないからです。普通ドッグフードを日持ちさせるためには防腐剤や酸化防止剤が使われますが、ジウィピークはこれら強力な添加物を使用していないので保存がききません。また水分含有量も一般的なドライのドッグフードに比べて高くなっています。ですから開封後は保管に注意しないと新鮮な状態が保てません。

開封後は余分な空気は抜いてきっちりと封をし、直射日光の当たらない冷暗所で保管するようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー