小さいお口でも大丈夫!小型犬におすすめのドッグフード10選

小さいお口でも大丈夫!小型犬におすすめのドッグフード10選

6199
update

今は室内で飼える犬種が好まれていて人気になっています。ここでは、小型犬におすすめのドッグフードを10種類ご紹介したいと思います。

6199
update

小型犬にあった食事を

Young attractive girl taking a selfie with her dog

Kar Tr/shutterstock.com

今は室内で飼える犬種が好まれていて人気になっています。外で飼うことからくる心配などが少なく、安心して飼えるからです。室内犬として多くあげられるのが、小型犬のトイプードルチワワなどかもしれません。

そうした小型犬は散歩の量も少なくて済むので飼いやすいと評判です。しかし、気になるのは中型犬や大型犬と同じような食生活をしてしまうと太ってしまうこともあります。また、小型犬は口も小さいので粒の大きさにも注意したいものです。ここでは、小型犬におすすめのドッグフードを10種類ご紹介したいと思います。

ウェルネスの超小型犬・小型犬用

ウェルネスのドッグフードはアメリカで作られています。アメリカで有名な犬専門の雑誌「ホールドッグジャーナル」で紹介されたドッグフードです。

その雑誌で紹介されたこともあって世界中で愛されているドッグフードでもあります。このウェルネスのドッグフードはすべて生肉や生魚を第一原材料としています。また緑黄色野菜や果物も沢山使用していて、ビタミンCが豊富にとれます。

肉の副産物は使用されていなかったり、着色料、香料も使用されていません。お腹の健康のためにプレバイオティクスがドッグフードの中に含められて善玉菌の栄養となります。亜麻仁が原材料に含まれていますが、それによって繊維質が多く取れたりオメガ3脂肪酸もとることができ被毛を健康に保てます。

アレルギーに配慮されたドッグフードでもあり、穀物不使用になっています。小型犬用、また超小型犬用のドッグフードはすべて小さな口に合わせた超小粒サイズになっています。しかし、カリカリとした感触がしっかりあるドッグフードとなっていて、歯垢の蓄積を抑えることにも役立ち健康な歯を維持できる設計にもなっています。

小型犬は食事の量が少ないですので、限られた量からしっかり栄養を取らなければなりませんが、そのことも配慮されて消化の良いたんぱく質と炭水化物が使用されており、栄養バランスの取れたドッグフードとなっています。このドッグフードは900gで2000円前後、1.8kgで3500円前後で販売されていました。

ソリッドゴールドのウィービット

ソリッドゴールドのドッグフードもアメリカで作られているドッグフードです。こちらの商品も「ホールドッグジャーナル」で紹介されたことのあるドッグフードで人気になっています。30年以上、本物のドッグフードにこだわり続けて、作り続けてできたこのソリッドゴールドは化学物質や塩は使用されていません。

またアレルギーを発症させる恐れがあるといわれている小麦やコーン、大豆などは使用されていません。動物性油脂は皮膚がカサカサになってしまったり、目やにや耳垂れなどを起こしやすいと知られていますので、それらも使用されていません。

上質のサーモンオイルやタウリンが配合されているドッグフードです。サーモンオイルや植物性油脂を使用することによって必須脂肪酸を摂取できるので皮膚と被毛を健康に保てます。これだけでなくサーモンオイルはDHAも含まれていて脳の活性化や網膜を健康に保つのにも役立つのでうれしい原材料といえます。

このドッグフードはAAFCOという米国資料検査官協会だけでなく、USDAの米国農務省、FDAの米国食品医薬局それぞれの厳しい基準にもクリアしている食材のみを使用しています。ウィービットの粒の大きさは直径5mmから7mm程度ですので、小型犬でも食べやすい大きさといえるでしょう。ソリッドゴールドのウィービットは1.8kgで3200円ほど、5.4kgで8800円ほどで販売されています。

ナチュラルハーベストのマイリトルダーリン

ナチュラルハーベストのドッグフードも原産国はアメリカです。このドッグフードの特徴はワイルドボアー生肉とターキー生肉が使用されていることです。チキンの肉が使用されることが多いドッグフードの中で、嗜好性の優れた動物の生肉を使用することで愛犬の食事を楽しくできます。

嗜好性だけでなく、良質のたんぱく質が取れ、また適度な脂肪分も摂取できます。アミノ酸もバランスよく摂取できます。被毛や皮膚のために必要なオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸も配合されています。プロバイオティクス配合されていますので、元気な消化器を保てます。

すべての原材料が人間が食べることができるレベルのものを使用しているので安心して愛犬に与えられます。第三者の機関に成分検査もしてもらっており、その結果の情報公開や、材料の原産国も公開しています。ナチュラルハーベストのマイリトルダーリンは566gで約1800円で販売されています。

アーテミスのフレッシュミックス

アーテミスのドッグフードもアメリカで作られているドッグフードです。しかし、今ではアメリカだけでなく、世界の25ヵ国以上で人気になっているドッグフードです。

アーテミスは政府機関によって厳密に管理されて生産されているので安心です。原材料もヒューマングレードのもののみを使用していますからその点でも安心できます。人工添加物も使用されていません。

フレッシュミックスの中にも、スモールブリードアダルトという商品とスモールブリードパピーという商品があり、どちらも小粒タイプです。スモールブリードパピーは小型犬のパピーに与えることのできるドッグフードで、育ち盛りの小型犬に良質なタンパク質や脂肪分を摂取できます。こちらは厚みが3mmで直径9mmの粒の大きさです。スモールブリードアダルトは小型犬の成犬に与えられ、味覚が敏感な犬でも楽しんで食べられるように工夫されています。

大きさはパピー用より少し厚みがある4mmで直径は8mmとなっています。パピー用は1kgで約2100円、3kgで約4000円、6.8kgで約7700円で販売されていました。アダルト用は1kgで約2000円、3kgで約3900円、6kgで約7000円、13.6kgで約12700円で販売されていました。大量に購入することで経費を抑えられます。

アカナ

アカナのドッグフードはカナダで作られているドッグフードです。カナダの自社工場で、地元の原材料を冷凍や保存料を使用せずに運搬され、新鮮なまま原材料として使用しドッグフードを作っています。

原材料の約60%が肉類と犬にとっては嬉しい配合となっています。それらの肉類はカナダの食品検査庁の認定を受けた鶏肉やカレイ、そして羊の肉などを使用しています。この新鮮でこだわった原材料を使用しているというこだわりだけでなく、安全性や信頼性にもこだわりを持っていて、生産地や生産者の情報を開示しています。

ほかのこだわりとしては血糖値や体脂肪を上昇させてしまう恐れの多い米、トウモロコシ、ジャガイモなどを使用せずに果物やかぼちゃを使用している点です。グルテンフリーでもありますから、アレルギーを引き起こす心配もありませんし、消化器への負担も少なくて済みます。たくさんのビタミンやミネラルを果物や野菜から摂取できますし、人工的な添加物も減少させて自然の食材から摂取できるように配合されています。

栄養価だけのことを考えるのではなく、心と体のリラックスのため、ハーブも使用されており健康で長生きできる身体や心を作れるようになっています。その中にはよく聞くローズヒップやラベンダーなどが含まれています。アカナのドッグフードはいろいろな種類があり、原材料で分けられていたり、年齢などで分かれています。それぞれ値段が違っていて、340gのお試しサイズが1000円前後で販売されているサイトもありますので、そちらで試してみるのもいいかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー