ペットシッター依頼したことある?価格や選び方は?

ペットシッター依頼したことある?価格や選び方は?

6448
update

忙しかったり、外出したりといろんな理由でペットのお世話が十分にできなくてとっても困ることがありますよね。そんなとき、責任をもってペットのお世話をしてくれる人がいてくれたら助かるものですよね。ペットシッターに依頼してみるのはいがですか?

6448
update

ペットシッターってどんな人?

ペット

undefined/shutterstock.com

飼い主が何らかの理由で自宅を留守にする時、ペットに関わる事柄をサポートしてくれる人のことです。

飼い主ができない時でも、ペットの相手をしてくれたり、身の周りのお世話をしてくれます。

どんなときにペットシッターを依頼する?

飼い主がペットを残して、数日間外出する場合にペットシッターを依頼することが多いですね

ペット同伴が可能な宿泊施設も増えてはいますが、なかなかペットと旅行に出かけるのは難しいです。

旅行だけでなく、飼い主が怪我や病気で入院したり、自宅にいても多忙すぎて散歩に行けないという場合もあります。

ペットシッターに依頼すれば安心して出かけることができます。

ペットシッターがやってくれること

ペットシッターが自宅に来て、ペットの世話をしてくれます。

ペットホテルに預けるとなると、他のペットもいますし、慣れない場所で長時間過ごすのは心配ですよね。

留守中のペットのことを安心して任せられるので心配がなくなります。

ペットと遊んだり、散歩に連れ出してくれたり、餌やトイレなどの世話をしてくれます。

どんなペットシッターを選ぶ?

ペット

undefined/shutterstock.com

ペットをペットホテルではなく、ペットシッターに預けようと思います。

でもどのペットシッターを選べばよいのでしょうか?

ペットシッターとはいえ、知人でもなければ、身知らぬ人にお世話を依頼することとなります。

何かペットシッター選びのこつのようなものがあるのでしょうか?

ペットシッターの選び方のポイント

一番大事なポイントは契約書をきちんと取り交わすことです。

あってはならないのですが、不慮の事故や不測の事態が生じた時にきちんと対応できなくては困りますね。

実際にペットを預ける前に、飼い主とペットシッターとの間で合意事項を書面で取り交わす店舗なら安心です。

ペットと同様、自宅の鍵を預けるため、鍵の取扱いに関しても書類で確認できるようにしたいですね。

店舗にはおそらくペットシッターが複数働いているので、自分の犬を世話してくれる担当者と会っておきたいものです。

担当者の応対や人柄などを実際に見ておけば、信頼できるかどうか判断しやすくなります。

不安な面があれば、依頼しないのもペットのためですね。

実際にペットを預かってくれるとき、近況報告や写真をメールで送信してくれるサービスがあればありがたいですね。

誠実な対応や詳細な料金やサービス内容をきちんと提示してくれるところであれば信頼がおけますね。

情報提供がおおざっぱだったり、きちんと料金を示してくれない店舗だと、ペットの扱いにも不安が残ります。

ペットが急な体調不良になったり、何らかの事故が起きた時、緊急連絡する方法についても確認しておきます。

だれか知人や友人が利用したことがあれば、店舗の評判を聞いておきましょう。

Webページに出ている店舗の口コミを参考にすることもできますね。

ペットシッターのサービスには資格が必要?

以前ならペットシッターになるには資格が必要ではありませんでした。

平成18年の動物愛護管理法の改正によって、動物取扱業としての登録が必要になっています。

動物の販売、展示、保管、訓練、貸出に関わる業務に適用されます。

ペットを預かるサービスを提供するペットシッターは、動物を保管する行為に該当します。

店舗つまり事業所ごとに1人以上の動物取扱責任者を選任して登録し、毎年研修を受ける必要があります。

資格がなければ、不法営業になるので大切なペットを預けるわけにはゆきませんね。

自分が依頼するペットシッターが所属する店舗がきちんと動物取扱業の資格を取得しているかを確認しましょう。

そのために、実際にお店に足を運んで、資格取得の有無について確認することをおすすめします。

実際の店舗を自分の目で見るなら、お店の様子や従業員を観察することができます。

Webページの情報と合わせて、実店舗を知れば、本当にペットを任せてもいいかどうかの判断がしやすくなりますね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー