えっ?そうなの?!人間だけなく猫にも利き手ってあるの?

えっ?そうなの?!人間だけなく猫にも利き手ってあるの?

5872
update

私たち人間には、右利き左利きというのがあり、日本人の9割が右利きで、左利きの人は器用だと言われますよね。そんな風に猫にも利き手ってあるのでしょうか?もしあったら愛猫の利き手を調べてみたい!と思いませんか?そこで今回は猫の利き手について調べてみました。

5872
update

猫に利き手はある?ない?

猫などの動物の利き手

British cat and Golden Retriever

結論からいうと、猫にも利き手はあります。

利き手というのは、先天的に、反射・動作される手のことを辞書にはありますが、わかりやすくいうと左右の手で優先的に使われる手のことです。

人の場合だと、お箸を持つ時、ボールを投げる時に使う手を利き手と言います。

先ほど書いたように日本人の9割は右手で、左利きは男性の方が多いそうです。

そんな利き手ですが、動物にも利き手はあるのかという疑問は、昔からあるようで1955年には猫の利き手について研究がされていたようです。

ただこの当時の研究は、研究実験のやり方、調べ方などでばらつきがあり、研究結果にブレが生じ、左利きが多い!やそもそも利き手というのは猫にはない!という結果がでました。

その後、2009年イギリスで行われ、クイーンズ大学ベルファスト校の心理学者デボラ・ウェルズ博士とその助手のサラ・ミルソップによって研究され、雑誌「Animal Behaviour」で掲載されました。

猫の利き手の研究をちょっと覗いてみましょう。

実験は、おす猫が21匹、めす猫が21匹の猫42匹で行わました。

この猫たちは、去勢された猫で、1~7歳と7~17歳までの2つのグループに分けられました。

それぞれに三つのテストを1日10回までとし、日にちを変えて実験されました。

一匹の猫でトータル100回繰り返されます。

利き手のテスト1

おもちゃネズミ

Andrey Khusnutdinov/shutterstock.com

ねずみのおもちゃを猫の頭上10cmのところに垂らした時に、ねずみのおもちゃをパンチする時に使う手を調べる

利き手のテスト2

ねずみのおもちゃを猫の前に置いて、猫から遠ざけるようにゆっくりと糸で引いていきます。

その時に猫が最初に手を出す方を調べる

利き手のテスト3

5gのマグロを透明の瓶の中に入れて、猫の前に置きます。マグロを取ろうと最初に瓶の中に入れた手を調べます。

結果は、テスト1.2では利き手がないという結果で、左右両方の手でパンチを均等に出していたのです。

テスト3では、おす猫は21匹中20匹が左手を最初に瓶の中に入れ、メスは21匹中20匹が右手を使ったのです。

テスト3から、確かに猫には利き手があり、利き手は性別によって異なるという結果がでました。

またこの実験に加えて、トイレに入る時にどちらの足から入るかや階段を登る時にはどちらの足から入るのか、そして寝転がる時にはどちら側を下にするのかを、自発的に行い調査されました。

この調査では、70%の猫が階段を降りる時に踏み出す利き足があり、68%がトイレに入る時に先に踏み入れる足があり、寝転ぶには特定の向きが見られないということでした。

これらの結果から、どちらかの足を優先的に使うという利き手があることがわかりました。

そしておすの利き手は左、めすの利き手は右が優位ということがわかりました。

ではどうしてオスとメスの違いがでるのでしょうか?

そこで、なぜ右利き、左利きという違いがおこるのか調べてみました。

利き手がオスとメスで違うのはどうして?

性別で差異がある

Gray and red cat isolated on a white background.

利き手は、人間だけではなく犬も猫、そして馬も、オスは左利きが多いとされています。

ではどうしてオスに左利きが多いかというと、ホルモンの影響だと考えられています。

この理由は、先ほどの利き手があることを突き止めたデボラ・ウェルズ博士が、2012年に猫の利き手についての論文をさらに発表し裏付けられました。

その論文では、12匹の猫を生後3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の時に、2009年に行われたテスト3を行いました。 (テスト3:5gのマグロを透明の瓶の中に入れて、猫の前に置きます。マグロを取ろうと最初に瓶の中に入れた手を調べます。)

すると、生後3ヶ月、6ヶ月の時には利き手はきまらない猫が多く、生後12ヶ月の猫になると、オスは左手で、メスは右手を使ってマグロを取ろうと瓶の中に手を入れたのです。

この結果から、ホルモンが影響して、オスは左手で、メスは右手を使うことになるのではないかと推測されます。

またオスとメスだと、ハンティングの仕方が異なることや、行動パターンの違いなどで利き手が違うのだと考えられています。

人間も男性と女性だと、脳の構造が少し違うことがわかっていて、例えば男性は論理的思考を持ち、女性は直感的に物事を判断するひとが多いと言われています。

これは、脳の仕組みが男性と女性とで、異なることで違いがでるのだとされています。

猫も人間と同様に、オスとメスで脳の構造に違いがあり、その違いが利き手に影響を与えているのではないかともされています。

ただまだまだ猫の利き手については研究段階なので、将来的には性別によっての利き手の役割がわかってくる日が来るのかもしれませんね。

自宅の愛猫の利き手を調べてみよう!

研究ではオス猫は左利き、メス猫は右利きであることがわかったのですが、実際に愛猫の利き手がどっちなのか、気になりませんか?

そこで、実際に利き手を調べると、なるほど!ちょっと雑学が一つ増えた!と思えるかもしれません。

先ほどの利き手のテスト3(5gのマグロを透明の瓶の中に入れて、猫の前に置きます。

マグロを取ろうと最初に瓶の中に入れた手を調べます。)を家で行ってみてはどうでしょう?

家でテストをする時に用意するのは、いつも食べているおやつと、透明で口が広く猫の手が入るものを用意します。

調べ方は簡単です。 1.猫におやつの匂いを嗅がせてからおやつを見せます。 2.猫がみている前で、瓶におやつを入れます。 3.瓶を猫の前に置いて、猫がおやつを取り出そうとした手を記録します。注意点はおやつをとった手ではなく、瓶の中に最初に入れた手を記録します。 4.これを10回ほど行います。

この博士の調べ方以外にも、おもちゃをどちらの手で取ろうとするかを観察できます。

こちらも調べ方は簡単です。

1.いつも遊んでいるおもちゃを用意します。 2.猫の目の前でおもちゃを左右に振ります。 3.おもちゃを振りながら、猫の手をよく観察し、猫が最初に手を出す方を確認します。 4.これを10回ほど行います。

遊びながらできるので、猫ちゃんも喜びますしおすすめです。

そして、小さな幼猫の時には、まだ利き手が決まっていないのが、少しずつ利き手がでてくるようになり、1歳になる頃には、自然にオスは左利き、メスは右利きになる猫がほどんどなんだそうです。

猫もしっかりと経験を積んで賢くなっているのですね。

さて、愛猫の利き手がわかることで、どんなことがわかるの?

利き手で猫の性格もわかる?

利き手で性格

robert_s/shutterstock.com

利き手によって猫の性格も違うのではないか?となんだか人間の血液型で性格が違うの?というのとよく似ているような気がしますが、そんな疑問をイギリスのクイーンズ大学のチームが研究しました。

このチームが行った実験は、北アイルランドに暮らす猫たちを使って、まず猫の利き手を調べるために、知育玩具を使って実験をおこないました。

おもちゃの中におやつを入れて、猫がおやつを取り出すときに、どちらの手を使うかどうかを観察していきます。

そして、50回この実験を行い、猫を右利き30匹、左利き30匹、両利き30匹の三つに分類されました。

分類された猫を対象に、気質テスト「猫の気質プロファイル(FTP)」と飼い主さんへのアンケート調査による猫の気質を調べる「猫の感情気質スケール(CAT)」を行います。

猫の気質プロファイル(FTP)とは、知らない人に猫が出会ったときに、猫がどんな反応をするのかを、飼い主さんではなく、猫がしらない第三者の人に客観的に観察してもらい、「積極性」「消極性」を評価していきます。

猫の感情気質スケール(CAT)とは、遊び好き、自信家、従順である、などの12の項目を、飼い主さんが猫の性格を1~5段階で評価していきます。その評価から、「神経質」「積極的」などの猫の性格を探っていきます。

FTPとCATを行うと、面白いことに、右利きと左利きの性格の差が出ました。 それは、「右利きの猫は、左利きの猫よりも遊び好きである」ことがわかりました。

この他にも、利き手のある猫は、どんなことに対しても積極的で自信があり、愛情深い性格で、活動的な性格で、両利きの猫は、消極的な性格で、攻撃性が高く、神経質。そして愛情や友好的気質が低いというデータがでました。

このことから、利き手があるなしで、性格・気質が異なることがわかりました。

また別の視点で考えてみましょう。

脳の観点から利き手によって性格が異なるのかみてみましょう。

猫の脳は人間の脳と9割は同じ構造で出来ていると言われています。

ですので猫の脳にも、右脳と左脳が存在しています。

猫に利き手があることを研究したデボラ・ウェルズ博士は、猫に利き手があることが判明したことで、猫が感じているストレスや不安を知れるということを突き止めました。

博士によると、利き手はその反対側の脳がコントロールしていて、右利きの動物は左脳、左利きの動物は右脳が優勢になる傾向があると言っています。

左脳はポジティブな感情を主に処理し、右脳はネガティブな感情を処理していると言われているので、左利きの動物は右脳がよく働くため、ネガティブな感情が強く性格に現れるということです。

博士は猫だけではなく犬でも実験を行っていて、左利きの犬は右利きの犬よりも恐怖感を強く感じ、攻撃的になりやすくストレスに弱い傾向があることがわかったそうです。

また人間の場合でも、左利きの人は統合失調症などの精神疾患にかかりやすい傾向があることがわかっているようで、利き手が性格に影響しているというのです。

ただ、いくら左利きだからといって、必ずしも人も猫も精神状態がネガティブで攻撃性があるわけではないのです。 これはあくまでもひとつの研究の結果で、最終の答えではないのです。

ですので目の前にいる愛猫の状態をいつも観察して、ストレスを感じている?と感じることがあったら、まずはそのストレスを取り除いてストレスを軽減させることをしてあげましょう。

例えば、大きな音がストレスになる場合や、病気や怪我などでストレスを感じてしまうこともあります。

それぞれの猫によってストレスを感じるケースはそれぞれなので、飼い主さんがしっかりと、何がストレスと感じるのかを知ることが先決ですね。

ただこの利き手による精神状態の判別はとても重要なことです。

これは、動物福祉の分野で役立っています。

なんらかの事情で捨てられてしまった猫や野良猫を保護する施設では、猫のことをより理解した上でお世話をするこことが大切です。

ですので、利き手からの性格の傾向性を知ることで、保護された猫のことを知らない人でも、おおまかに性格の傾向性を知る事が出来るようになります。

例えば、保護施設に猫がやってきたら、利き手の判断テストを行い、左利きだとわかれば、ストレスに弱い猫だから、注意してみてあげようというようになります。

このことは、猫にとっても人にとってもハッピーなことです。

人間の世界でも、血液占いや利き手で性格診断などがありますが、これも自分の事や大切な人の傾向性がわかると、付き合いやすかったりするのと同じですね。

猫以外の動物も利き手ってあるの?

チンパンジー

Robin Nieuwenkamp/shutterstock.com

猫に利き手があることはわかりましたが、猫以外の動物にも利き手ってあるのでしょうか?

実は、他の動物にも利き手はあるようで、犬の場合は右利き、左利きが半々と言われています。

また、その他には人間に近いオラウータンやチンパンジーなどにも利き手はあり、オラウータン左利きが多く、チンパンジーやゴリラは右利きが多いとされています。

チンパンジーと似ている猿の場合は、若い猿は利き手がないのですが、8歳以上の猿になると、大半の猿が利き手がはっきりしてきて、メスが左利きなのが特に強くでます。

オラウータンやチンパンジー、ゴリラは木の上で生活する時間が長いほど、左利きに、二足歩行になると徐々に右利きになるという姿勢理論と呼ばれるものもあります。

そしてオーストラリアに生息するカンガルーは、圧倒的に左利きが多いようです。

実はカンガルーの脳は、猫に比べてあまり発達していなくて、右脳・左脳をつなぐ脳梁がないのです。そのため左利きが多いとされています。

さらには魚にも口が右利き、左利きがあり、「鱗食魚(ペリソダス・ミクロレピス)」が研究されています。

この個体は、生まれつき口が左か右かどちらかに曲がっていて、獲物の左と右どちらを襲ったほうが鱗を食べやすいか、個体ごとに左右性がはっきりしている魚です。

この魚で「利き」の研究をしているのは、日本の富山大学の竹山優一助教授や、名古屋大学の小田洋一名誉教授らのグループが解明しました。

この魚は、文字通り魚の鱗を食べる捕食動物で、食べ物の少ない環境で生きて行くための進化だと思われます。

小さな幼魚の頃には、右左両方を攻撃して獲物を捕まえていたのですが、徐々に口の向きに沿って片側へ変化していくのだそうです。

このことから、ペリソダス・ミクロレピスは、獲物の魚を襲うのが得意であり、経験を積むことで、利きの優位性を使うことを学んでいくことを突き止めたのです。

それにしても、「利き」の行動がこんなにたくさんの生物にあることに驚かされます。

利き手がどのように決まるかというのは、まだまだ研究段階なのですが、遺伝の説と性ホルモンの説、生活環境で利き手の決まる年齢までにどちらの手を多く使ったかできまるという説もあります。

まとめ

猫に利き手がある事にも驚きですが、猫だけではなくいろいろな動物にも利き手があり、まだまだ研究途中であることもはじめて知りました。

今回の研究を通して、何気に疑問に思った事というのは、他の人も疑問に思うのだなと改めて感じました。

またその疑問を放置せず解決するために自分なりの仮説を立て実験してみるというのも素晴らしいと思いいます。

私もペットと一緒に暮らす事で、毎日発見がある反面疑問もわいてきます。

そんな時にちょっと調べてみると答えが見つかります。

ちなみに我が家の愛犬は右利きでした。

自分のペットに利き手があるかとうどか、気になる方はぜひ試してみてください。

そんなちょっとしたことでも、愛犬の事を知れた事は、とても嬉しいことですね。

また、利き手で性格が変わるというのも興味深いですね。まだなぜ性格に利き手が性格に反映するかということは、わからない点もお多いとのことですが、少しずつわかってくるのだと思うと、わかる時までのお楽しみという事になりますね。

この記事が気に入ったらシェア♪
5 名無しさん
通報

猫の利き手はとても気になりますよね。様子をよく見てみると、確かに先にモノに触れる方があるような気がしてきます。おもちゃで遊ばせるときに、利き手を考えながら遊ばせてあげると喜んでくれるかもしれませんね。

4 名無しさん
通報

猫にも利き手があるんだ!初耳。人間みたいに片手で何かをすることがほぼないから、行動を見ていても利き手とかはわかりにくいですね。遊ぶにしても、手を交互に使って遊んでることが多いし。うちの猫の利き手がどっちなのか早速調べちゃお。

3 名無しさん
通報

人に利き手があることは当たり前のこと。利き手を中心的に使うので、左右の発達の度合いが違ってきます。実は猫にも利き手があるようです。一見すると同じように使っているので気づきませんが、愛猫の利き手はどちらか気になるところですね。

2 名無しさん
通報

一見、器用にどちらの手も使っているように見えますが、猫にも利き手があるのは驚きですよね。また、確かに言われてみれば、おもちゃをタッチするときの手は、いつも同じ右手だったように思えます。また、性別で異なるのも興味深いですよね。

1 名無しさん
通報

猫ちゃんにも利き手があるとは知りませんでした。だけど別に知っていなきゃいけないことじゃないと思うし良いかなw利き手を知ったから何なの?って気もするし。別に知らなくても生活に困ることもないかな。人間もそんなに利き手気にする人いないしね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー