アビシニアンルディってどんな猫種?毛色や性格の特徴から飼い方のコツまですべて紹介!

アビシニアンルディってどんな猫種?毛色や性格の特徴から飼い方のコツまですべて紹介!

3306
update

アビシニアンはグラデーションが美しい被毛をしていて、引き締まった体つきが特徴的な猫です。鳴き声は「鈴を転がしたように美しい」といわれています。今回は、アビシニアンの中でも特に多い「ルディ」というカラーに注目したいと思います。見た目や性格の特徴から飼い方に至るまですべて解説します!

3306
update

アビシニアンとはどんな猫種?

アビシニアン

Seregraff/shutterstock.com

アビシニアンはすらりと伸びた足と、筋肉質で引き締まった体が特徴的な猫です。見た目は野性的な雰囲気を持っていますが、人が大好きでとても懐っこい性格をしています。鳴き声は「鈴を転がしたように美しい」といわれるほど、繊細でとても可愛らしい鳴き方です。

では、アビシニアンについてさらに詳しく見ていきましょう。アビシニアンの歴史や見た目の特徴、寿命などを取り上げます。

アビシニアンの歴史

アビシニアンの歴史はとても古く、約4000年前の古代エジプトの壁画や彫刻に描かれていた聖なる猫の化身ともいわれています。その美しい見た目から、世界最大の美女の一人クレオパトラからも愛された猫ともいわれているようです。

原産国はエジプトが有力とされていますが、エチオピアやイギリスという説もあります。一部の情報によると、1868年のイギリス・アビシニア(現在のエチオピア)戦争の後に、イギリス兵がアビシニアから「ズーラ」という猫を持ち帰り、その猫を品種改良したものが現在のアビシニアンであるといわれています。アビシニアンの名前もここから由来しているようです。

アビシニアンの大きさや見た目の特徴

アビシニアンの体重は約2.6~4.5kgほどです。一般的な他の猫種と比較すると、やや小さめサイズとなります。

体は筋肉質でとてもスレンダーな体付きをしています。美しく輝く被毛とアーモンド型の瞳がとてもエレガントな印象を与える猫です。瞳のカラーはゴールドやグリーン、ヘーゼル、カッパーなどがいます。目尻にあるアイラインは「クレオパトラライン」とも呼ばれ、大きな瞳を一層際立たせる模様です。

アビシニアンの価格

アビシニアンの価格は入手方法によっても異なりますが、一般的には12万円~が相場とされています。両親がともにチャンピオンであるなど最高血統書にもなると、20万円以上することもあるようです。

また、価格はアビシニアンの毛色によっても変わってきます。親が同じ毛色同士で生まれた猫の方が高くなり、4タイプある毛色の中でもこれから紹介する「ルディ」が特に人気で高い傾向にあるようです。

アビシニアンの寿命

アビシニアンの寿命は10~13年といわれています。他の猫と同じくらいの平均的な寿命だといえるでしょう。

アビシニアンは運動量が多く非常に活発なので、その分食事もたくさん食べます。運動しにくい環境に住んでいたり、欲しがるままにご飯を与えたりしてしまうと肥満や糖尿病のリスクが高くなるので、寿命にも影響してくると考えられます。

アビシニアンには4つの毛色がある

アビシニアン

TatyanaPanova/shutterstock.com

アビシニアンの代表的な毛色の種類は赤系の「レッド」、淡黄褐色系の「フォーン」「ブルー」そして今回詳しくご紹介する赤褐色系の「ルディ」です。アビシニアンの被毛はベースとなるカラーに、ティッキングと呼ばれる濃い色と薄い色がグラデーション状に1本の毛に入っているのが特徴です。毛先と尾の先端が最も濃い色となっています。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー