最近話題のペット保険!柴犬にも保険はかけたほうがいいの?ペット保険について解説!

最近話題のペット保険!柴犬にも保険はかけたほうがいいの?ペット保険について解説!

1324

テレビCMも放送し始めたペット保険。ペット保険ってどんなもの?そんな疑問を抱いている人もいると思います!柴犬は活発だし怪我をすることが他の犬より多いんじゃないか....柴犬は保険に入ったほうがいいのかどうかを解説します♫

1324 |

ペット保険とは

Shibainu which plays

mTaira/shutterstock.com

犬や猫などのペットの医療には人間と違って公的健康保険がありません。人間なら、健康保険に加入していれば、診療費も薬代も通常3割負担ですが、動物の場合は100%診療費となります。
ですから、治療が長引いたり手術が必要な場合にはかなり高額の治療費がかかってしまうことがあります。
ペット保険とは、大切なペットが病気やケガで診療や手術を受けた場合に、かかった費用を限度額や一定割合の範囲内で補償する保険です。
出典:http://www.ipet-ins.com/about

人と違い健康保険がないので、今までは治療費を全額自己負担することになっていました。しかしペットの治療費は意外と高くつくことが多く、飼い主さんの悩みのタネです。そんな飼い主さんを助けるために作られたのがペット保険なんですね♫

大切な飼い犬にかかる治療費があまりに高かったことに悩んだ女性が自分で保険の会社を始めたのが、ペット保険の始まりと言われています。
それ以降、ヨーロッパやアメリカで普及が進みました。
出典:http://www.ipet-ins.com/about/common_sense#anc02

ペット保険の発祥はイギリスです!そこから欧米を中心にどんどん普及していきました!!

柴犬は保険に入ったほうがいいの?

日本における柴犬の飼育頭数は12454頭で、中型犬で最も飼育頭数が多い犬種となっております。しかしながら、柴犬はアトピー体質によるアトピー性皮膚炎や外耳炎、膝蓋骨脱臼が多い犬種とも言われています!また年齢が上がると緑内障も発症しやすいことでも有名です。人間と同じで年齢が増していくと保険に入れないこともあるので柴犬が若いうちに入っておくことをオススメします。

ペット保険はいくらくらい必要なの?

3歳の柴犬の保険料を見てみましょう。今回はPS保険さんを参考にしました!治療費を100%保証するプランだと年間で45000円ほどかかるんですね!ちょっと高いかも。。。と思った方もいるかもしれません!

しかし柴犬がかかりやすい膝蓋骨脱臼の治療費を見てみましょう!

再診料900円/レントゲン検査代4000円/血液検査代6000円/入院費15000円(4日ほど)/膝蓋骨脱臼整復手術代60000円以上/骨折整復手術代50000円以上/血管確保代2000円/注射1回3300円/全身麻酔10000円

この他にも処置代などがかかり相場として18〜35万が殆どです!治療費が予想以上に高いことを考慮すると安心を買うといった意味でもペット保険料は安いのかもしれませんね♫

まとめ

ペット保険というものがどのようなものか理解していただけましたか?今回は3歳の柴犬を例に出しましたが、ご自身で買っているワンちゃんにあった保険を探してくださいね♫

柴犬ってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

日本を代表する犬「柴犬」。なんと天然記念物にも指定された日本犬6種のうちの小型犬代表なんです。ご存じでしたか?日本の国土、気候に最も適し、忠実な柴犬は日本だけでなく、海外でも愛されています。そんな柴犬の性格や特徴を調べてみました。しつけと飼い方のコツを探ってみましょう!

https://mofmo.jp/article/1836

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

ペット保険は加入したほうがいいですね。病気になった時の請求が高額ですよ。うちの子が病気になったとき、毎月10万くらい飛んでいきました。大事な家族だから貯金を切り崩したけど、苦しかったですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー