猫と人間の赤ちゃんの同居は大丈夫?注意したいことと工夫方法まとめ。

猫と人間の赤ちゃんの同居は大丈夫?注意したいことと工夫方法まとめ。

1110
update

もうすぐ待ちに待ったベビーの誕生!そんなときちょっと気になるのが、「うちの猫赤ちゃんと上手くやって行けるかしら?」いくら赤ちゃんがかわいいからと言って一緒に暮らしてきた愛猫と一緒に暮らせなくなるのは辛いものです。こんなとき、先住猫さんと赤ちゃんが仲良く同居するために、あなたができる工夫と、心得ておく注意点についてお話します。

1110
update

猫と赤ちゃんの同居は大丈夫?工夫や注意点は?

猫にどう接すればいいの?

猫はとってもデリケートな生き物です。ちょっとした環境の変化も敏感に感じ取ります。ここでの注意点は、猫は匂いで人間の赤ちゃんを覚えるという事です。赤ちゃんが産まれて産院からお家へ帰ってくるまでに工夫できることは、同居の猫に赤ちゃんの匂いのついた服やタオルを匂わせ新しい赤ちゃんの匂いに慣らしておきましょう。 猫の中には飼い主さんを母親のように慕うあまり、自分があまえられなくなった欲求不満が、おしっこをトイレ以外のところでする、毛づくろいを必要以上にする(まったくしなくなった)、おなかを壊すといった問題行動や体調不良に出る時があります。そんな時の注意点は猫を叱ったり騒いだりせずにいつも以上に優しく接してあげて下さい。猫も初めての赤ちゃんとの同居で戸惑っているんだと理解してあげましょう。そうすれば、猫も落ち着きを取り戻し、赤ちゃんのよい友達となるでしょう。

注意点は?

猫は爪の鋭い動物です。猫に悪気はなくとも、赤ちゃんに爪を立ててしまうこともあります。爪の注意点は、何かの拍子で引っ掻くかもという事です。赤ちゃんが傷ついてしまわないように爪はこまめに切るといった工夫をしましょう。 猫は寒がりな動物でもあります。ここでの注意点は、赤ちゃんの体温は高いので、寒いと寝返りの打てない赤ちゃんの上に猫が乗ってしまうかもしれないという事です。いくらおとなしい猫だからといって、赤ちゃんと二人きりにするのは避ける工夫をしましょう。

赤ちゃんと猫が同居するにあたってできる工夫とは?

赤ちゃんと猫が楽しく同居するための注意点は、猫と赤ちゃんが別々に過ごす時間も必要という事です。猫を日頃から人間が寝るときはケージの中で過ごさせるといった工夫をしておきましょう。 猫が赤ちゃんに危害を加えるのでは…と気をもみ、赤ちゃんが誕生する前から神経質になるばかりでなく、部屋を模様替えして猫が落ち着いて暮らせる場所を作ってあげる工夫も必要です。

まとめ

初めての赤ちゃんを育てるという事は、何もかも初めてづくしでとても気を使いますね。猫と同居すると、猫アレルギーになるんじゃないか、何か病気がうつるんじゃないか…と心配ばかりせずに、注意点は部屋はこまめに掃除する、猫を外飼いにしないといった事から始めましょう。 幼い頃から猫や動物と同居するという事は情操教育にもなり、将来はきっと優しく心の豊かな人に成長するに違いありません。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

私はまだうちの愛猫を赤ちゃんを同居させた経験はないけど、いずれそういうことも考えないといけないんだなぁ。今のうちからケージで過ごさせる訓練をしておこうかな。急に赤ちゃんができても猫は対応できないよね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー