猫は毛色によって性格は遺伝で決まる?色んな模様の猫を覚えよう!

猫の毛色っていろいろありますよね。思いつくままに挙げてみると、シロ、クロ、茶トラ、キジトラ、サバトラ、二毛、茶白…etc。ぱっと思いつくだけでも、これだけ出てきます。でも、みんなイエネコつまり俗にいう猫なんですよね。同じ猫なのに不思議です。実は、猫の毛色って、遺伝子の組み合わせで決まっているんです。そんなミステリアスな猫の毛色について今回は、解説しようと思います。

猫は毛色によって性格は遺伝で決まる?色んな模様の猫を覚えよう!

猫の毛色ってどんな仕組み?猫の種類によって毛色が変わるのはなぜ?

猫の毛色は、9つの遺伝子の組み合わせによって表現されています。では、一つ一つの遺伝子について見ていきましょう。

W遺伝子

毛色を真っ白にする遺伝子。どの遺伝子よりも優性に働くので『最強の遺伝子』とも、呼ばれています。

遺伝子がW-の場合は、その他の8つの遺伝子がなんであっても、真っ白になります。WWの場合はオッドアイになり難聴になる確率が高くなることが知られています。

O遺伝子

毛色を茶色(オレンジ)にする遺伝子。この遺伝子は特殊で、性染色体のX染色体上にしか存在しません。

メス猫はXXなので、O遺伝子とB遺伝子を同時に持つことができますが、オス猫はXYなので、O遺伝子かB遺伝子のどちらかしか持つことができません。そのため、オス猫には、三毛猫がほとんどいないのです。

B遺伝子

毛色を真っ黒にする遺伝子です。 ここまでの3つの遺伝子がベースの毛色を決める遺伝子です。

次の6つの遺伝子で、色や模様のパターンが決まりさらに、猫の毛色は複雑になります。 それでは、残りの6つを見ていきましょう。

c遺伝子

体のどこへ濃い色をつけるか決める遺伝子です。体の場所によって体温の温度は違いますが、この遺伝子は体温の低い所(手足や耳、鼻先、しっぽなど)の色を濃くします。

多くの場合この遺伝子があると、目がブルーになります。この遺伝子が優性に傾くと濃淡の少ないバーミーズトンキーズに、劣性になればシャムネコのようなポイントカラーが出現します。

A遺伝子

毛一本一本を黒と褐色のしましまにする遺伝子です。この遺伝子はアグーチと呼ばれ、野生のリビアヤマネコが持つ被毛のパターン(アグーチパターン)と一緒です。キジ猫の被毛はこの遺伝子の働きによるものです。

I遺伝子

別名、銀色遺伝子。この遺伝子が働くとアグーチパターンの褐色の発色が抑えられ、褐色が抜けて見えるため白と黒だけになり、銀色(シルバー)になったように見えます。このしくみで、シルバーになった代表が、アメリカンショートヘアーのシルバーです。

T遺伝子

この遺伝子は、タビー(縞模様)の幅を決める遺伝子です。この遺伝子はさらに、Mc(トラ模様)、Sp(スポット)、U(霜降り)に分けられます。

Mc遺伝子が優性に働けばマッカレルタビー(サバトラ)に、劣性の場合は、クラシックタビーになります。また。Sp遺伝子の場合はエジプシャンマウに、U遺伝子の場合はアビシニアンの毛色になります。

d遺伝子

全身の色素を淡くする遺伝子です。黒色の遺伝子に働くと、ブルー(グレー)になりロシアンブルーのようになります。

全身の色素を淡くする遺伝子です。黒色の遺伝子に働くと、ブルー(グレー)になりロシアンブルーのようになります。

S遺伝子

白斑をつくる遺伝子です。この遺伝子が優性の場合は、キジ白、黒白、三毛など、白が混じったぶち模様になります。ぶち模様はW遺伝子とは別のS遺伝子の働きによるものです。

以上の9つの遺伝子のスイッチが、オン(優性)やオフ(劣性)になり、猫の毛色は複雑になっているのです。

猫の毛色によって性格は変わる?

いろいろな統計で猫は毛色によって性格が変わると言われています。黒猫はフレンドリーで穏やかな性格、三毛猫はツンデレな性格、茶トラは甘えん坊な性格、などと言われていますが、猫の毛色の組み合わせは上でお話ししたように複雑で膨大です。

毛色で性格を決めるという事は、血液型のみで人格を決めつけるようなものです。性格が形成されるには、その子のもって生まれた性格や、育った環境などいろいろな要素が、合わさって決まるのでひとくくりには言えません。

ですから、毛色別の性格というのは、星占い程度に考えておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?猫の毛色のミステリー。考えれば考えるほど不思議ですね。猫の毛色がたとえ同じ色に見えても、その猫の遺伝子を覗いてみれば千差万別です。すべてがオンリーワンなのです。そんな出会いは、大切にしたいですね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • 猫の毛の柄や模様についてくわしく解説!

    • 猫の毛の柄や模様についてくわしく解説!

      猫の毛の柄は複雑です。同じ柄の猫は2つとありませんよね。どういう理由で猫の柄が決まるのでしょうか?猫の柄のパターンや種類についても取り上げてみましょう。次に猫を見たら、どの柄の猫なのか照らし合わせてみるのも面白いですね。

      28515
    • ラグドールの毛色の特徴まとめ。毛色による性格の違いも解説。

    • ラグドールの毛色の特徴まとめ。毛色による性格の違いも解説。

      ラグドールの毛色には、3種類の基本的な特徴があります。カラーポイントは顔や尻尾に濃い色を持ち、ミテッドは足が白のソックスが可愛らしく、バイカラーはハチワレに似た愛嬌のある顔です。毛色のパターンが豊富で性格の違いは少ないですが、人形のような性格や遊び好きな性格のラグドールを紹介します。

      コメント

      ラグドールの毛色は私は一種類しか知りませんでした。色々違いがあるんですね。似ているものでも違いがあったり、全然違ってラグドールに見えないかなと私は思うものがありましたが。

      24804
    • チンチラの毛色は?ゴールドやシルバーなど写真付きで解説。

    • チンチラの毛色は?ゴールドやシルバーなど写真付きで解説。

      ペルシャ猫のなかで、毛色が先端と根元でちがうチンチラ柄は、毛の状態によって色合いが変わる高級感から人気があります。茶色から黒に変わるとゴージャスな金色(ゴールド)に見え、白から黒に変わる毛色は、シックなシルバーになります。人気のチンチラ・ペルシャを写真付きで解説します。

      コメント

      エレガントな特徴を持っていますよね、ペルシャ猫は。遺伝による疾患も持ち合わせている可能性があるんですね。それぞれの種類によってそうしたかかりやすい疾患を知っておくの良いことだと思います。少しの変化でも見逃さず早めに動物病院に行って検査してもらうなりの対応を取れると思うので。

      12966
    • 猫は毛色によって性格は遺伝で決まる?色んな模様の猫を覚えよう!

    • 猫は毛色によって性格は遺伝で決まる?色んな模様の猫を覚えよう!

      猫の毛色っていろいろありますよね。思いつくままに挙げてみると、シロ、クロ、茶トラ、キジトラ、サバトラ、二毛、茶白…etc。ぱっと思いつくだけでも、これだけ出てきます。でも、みんなイエネコつまり俗にいう猫なんですよね。同じ猫なのに不思議です。実は、猫の毛色って、遺伝子の組み合わせで決まっているんです。そんなミステリアスな猫の毛色について今回は、解説しようと思います。

      8367
    • 猫の性格と毛色はどんな関係があるの?性格と毛色の秘密。

    • 猫の性格と毛色はどんな関係があるの?性格と毛色の秘密。

      三毛猫は賢いとか、白猫は気が強い性格だとか猫は毛色によって性格があると言われてきました。でも、本当に毛色と性格は関係するのでしょうか?科学的にどうなのでしょうか?単なる都市伝説なのでしょうか?気になりますね。猫の毛色と性格の秘密に迫ってみましょう。

      コメント

      あんまり、性格と毛の色は関係していない気がするなぁ…ほとんど同じような模様、色の子を飼っていましたが、性格はそれぞれ違っていたので。やはり、育った環境とか遺伝とかそっちの方が強く出る気がします。どの色、どの性格であってもネコちゃんはみんな可愛いですよね!!

      20549
    • 猫の嫌いな匂いはコレだった!?理由と対策方法を紹介!

    • 猫の嫌いな匂いはコレだった!?理由と対策方法を紹介!

      人間が好きな匂いでも、猫にとっては害になるものがあるって知っていましたか? 猫の嗅覚は人間の数倍~数十倍も鋭く、匂いの感じ方や耐性も違います。ストレスを与えないために、猫が嫌いな匂いとその対策を紹介します。

      44869
    • 猫のシャンプーの頻度はどれくらいが適切なのか

    • 猫のシャンプーの頻度はどれくらいが適切なのか

      猫の大切なお手入れの一つ、シャンプーの頻度はどのくらいが適切なのでしょうか?犬のように体臭がきついわけでもないので、悩む飼い主さんもいることでしょう。今回は猫にとって最適なシャンプーの頻度について解説します。

      4640
このまとめのキュレーター

piyoline

今までの人生で動物が切れたことがありません。 現在も犬、猫、熱帯魚、カエル、キジバトと暮らしています。

おすすめコンテンツ

猫の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!