熱中症に注意!室内犬の暑さ対策

暑さが厳しくなると犬の熱中症には特に気を使います。外出を控えても室内の対策を怠れば熱中症になってしまいます。体調を崩すだけでなく死亡してしまう危険性もあるため犬の様子を確認しましょう。室内犬だからこそ気を付けるべき夏の対策についてご紹介します。

熱中症に注意!室内犬の暑さ対策

室内犬の夏の熱中症対策

室内犬が増え住宅の設備環境が整っている現代ですが、人も犬も夏の熱中症によって具合が悪くなったり最悪死亡してしまうことが毎年多くあります。熱中症は少し元気がなくなったなと思ったら急激に体調が悪化していってしまいます。

室内犬だからと気を抜かずにしっかりとした熱中症対策をして元気に夏を乗り切りましょう。

室内犬の体調管理で熱中症対策

夏本番を前に5月や6月でも日によって夏のように暑い日があります。犬は人間のように体中から汗をかくことができないため、舌を出してはあはあと息をするパンティングをすることで体温を下げようとします。特に長毛腫や太り気味の犬、子犬や高齢犬は体温調節がうまくできないのでより注意する必要があります。犬が暑がり出したら夏でなくとも熱中症対策をしてあげましょう。

夏の温度管理に気を付けよう

人間の体感ではなくきちんと温度湿度計を見て判断することが大事です。温度湿度計は犬が普段生活する場所や高さに合わせるとより犬の熱中症対策の目安になります。室内犬の様子と合わせてこまめにチェックするようにしましょう。

夏のエアコン/扇風機の使用

夏の節電は大切ですが、室内犬にとっては夏の暑さは我慢しようとしてできるものではありません。室内犬の様子や温度湿度計をチェックして適切に使用しましょう。 エアコンの風は犬に直接当たらないようにし、扇風機などで部屋の空気を循環させるとよいでしょう。

夏の熱中症対策グッズ

エアコンが使えなかったり、エアコンの風が苦手な室内犬もいます。クールマットやジェルマット、ステンレス板や大理石、すのこなどを与えてみるのも良いでしょう。ただし、かんだり破いたりしてしまう可能性もあるので犬の安全を考え、飼い主が様子を観察できる状態で試してから使用するようにしてください。 他にも凍らせたペットボトルや保冷材をタオルでくるんで首筋や内またに挟んであげたりしても良いでしょう。

自分で動けない高齢犬は特に注意し、こまめに体位を変えたり冷やしすぎにも注意しましょう。

夏の脱水症防止対策

夏は室温の高さから給水器や器の水に雑菌が繁殖しやすいです。こまめに洗浄し、常に清潔な水をいつでもたっぷり飲めるように準備してあげましょう。 また、脱水症状にならないように飲水量のチェックをしましょう。あまり水を飲まない場合はウェットタイプの食事やスープ、ドライフードに水を入れたりふやかしたりして水分を摂取させましょう。 水分接種を兼ねて体温を下げる作用のあるスイカやキュウリなどの夏野菜や果物を与えるのも良いですが、与えすぎに注意し適量を守りましょう。

夏の留守番対策

室内犬の具合が悪くなってもすぐに手当てができないので可能な限りエアコンなどを使い熱中症対策をしましょう。 また、ウェブカメラなどを使用し室内犬の様子がうかがえるようにしておくと安心です。カメラに映るように温度湿度計を設置し、エアコンの風が出ているかがわかるようにリボンなどを吹き出し口につけておくのも良いでしょう。

息が荒くよだれが多い、ぐったりして体に熱がこもり元気がないなど熱中症の疑いがあればすぐに体を冷やし動物病院で診察を受けましょう!

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • 室内犬の放し飼いって良いの?放し飼いをするなら知るべき4つの注意点。

    • 室内犬の放し飼いって良いの?放し飼いをするなら知るべき4つの注意点。

      飼育環境の変化で犬の室内飼いが増えましたが、お家の中では愛犬の行動範囲を制限していますか?家中どこでもフリーの放し飼い状態では愛犬に悪影響を与えることもあります。今回は家の中での犬の活動スペースについて4つの注意点をご紹介します。

      コメント

      ちょっとした工夫をしてあげるだけで、ワンちゃんが快適に暮らすことができるようになるということが今回、大きな学びとなりました。読んでいると、今までの自分の行動についてハッとさせられる点がいくつもあって、衝撃の連続でした。

      1841
    • 愛犬との海水浴。飼い主さんが注意すべきこと3つ!

    • 愛犬との海水浴。飼い主さんが注意すべきこと3つ!

      日差しが暑い季節になると、犬と一緒に海水浴に行きたくなる方も多いと思います。広い海で思いっきり泳がせてあげたい!そう思う飼い主さん、ちょっと待って下さい。犬と一緒に海水浴するには、注意しなければいけないことがあります。愛犬と海水浴に行く際の3つの注意点を詳しく解説します。

      2666
    • 犬のこたつ好きは危険?飼い主さんが知るべき注意点とは!?

    • 犬のこたつ好きは危険?飼い主さんが知るべき注意点とは!?

      犬がこたつ好きなことに注意が必要なのは、冬に向かう季節だけじゃありません。こたつを片付けるときに悲嘆に暮れるのは、猫だけじゃなかった。寒冷地に適応したはずの犬にこたつは害じゃない? こたつを片付けるときの注意点は? 日常の疑問に答えていきます。

      1730
    • 犬のトイレの場所はどこが良い?室内犬のためのトイレの考え方を解説!

    • 犬のトイレの場所はどこが良い?室内犬のためのトイレの考え方を解説!

      トイレのしつけに関しては。室内犬の場合は、充分な配慮と置き場所の設定は重要です。子犬の時とは違って成犬になってからは、特に臭いの問題はかなり生活に影響を与えるからです。マンションやアパートなど、賃貸で動物可の物件の場合、退出する際のトラブルを防ぐ意味でも、消臭や設置場所について詳しく解説します!

      コメント

      トイレを設置する箇所は、人間の都合の良いところに置くことを考えますが、そうではなく犬の好みの所に置いてあげるのがベストなのですね。犬の気持ちを探りながら、最終的にどこが理想なのかを決定するのが良さそうだとすごく感じてます。

      1851
    • 【永久保存版】秋も冬も要対策!犬の寒さ対策を犬種毎に徹底解説♪

    • 【永久保存版】秋も冬も要対策!犬の寒さ対策を犬種毎に徹底解説♪

      愛犬がこれから向かう寒い季節に、いったいどんな対策が必要だと思いますか?実は犬にとっては、寒さももちろんですが乾燥だって弱いんですよ。特に小型犬を飼っている方は必見!! 寒い地域で暮らしている方、あるいは野外で犬を飼っている方も、寒さ対策の準備は万全に。年末に向かって必要な寒さ対策をご紹介します。

      3750
    • 犬が地震を予知するって本当?犬の前兆行動について教えます

    • 犬が地震を予知するって本当?犬の前兆行動について教えます

      地震が起こる前に、犬がふだんと異なる行動をすることが知られています。これは前兆行動と呼ばれ、犬がもつ鋭敏な感覚から説明がつく行動もあります。地震予知に関連した犬の前兆行動をまとめました。また地震に限らず、雪崩を予知する犬や死を予知する猫など動物の不思議な力に迫ります。

      1814
    • 狩猟犬がルーツとなっている犬の種類を紹介!

    • 狩猟犬がルーツとなっている犬の種類を紹介!

      犬種が確立されて様々な種類が容姿や能力を固定化されていますが、大本となった犬はどのような性質を持ってたのでしょうか?数ある犬種の中でも人間の猟を手伝う狩猟犬はそれぞれ特出した能力を持っており、その性質を伸ばしてきました。そんな猟犬がルーツとなっている犬種を種類別にご紹介します。

      1614
このまとめのキュレーター

aoi

ドッグトレーナー&元動物看護師です! 只今、17歳の愛犬の介護中 知識を活かして皆様のお役に立てる記事を書いていきたいです。 よろしくおねがいします!

おすすめコンテンツ

犬の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!