子猫が嫌がらない上手な抱っこの仕方を解説。子猫との仲を縮めよう!

子猫が嫌がらない上手な抱っこの仕方を解説。子猫との仲を縮めよう!

3600
update

子猫が嫌がらない抱っこの仕方をご紹介します。最初は上手にできなくても、徐々に慣れていくので、怖がらず、焦らず抱っこしてあげてください。子猫はやんちゃでちょこまか動くので、つい力が入りがちですが、そこは気を付けるポイントです!

3600
update
子猫が嫌がらない上手な抱っこの仕方を解説。子猫との仲を縮めよう!

子猫の上手な抱っこの仕方 【待つ】

子猫 寝る

Dalibor Valek/shutterstock.com

子猫の上手な抱っこの仕方を習得しようとする場合、一番大切なことは、子猫に嫌われないことです。 最初から警戒心を植え付けてしまうことが無いようにしましょう。 子猫を緊急で抱っこしなくてはいけない状況以外、子猫が寄ってきてくれるのを待ちましょう。 寄ってきてくれて、飼い主さんに触れたら、そっと抱っこしましょう。 もっと待てるのであれば、膝に乗ってきたりしてくれるまで待つと、子猫はまったく警戒心が無くなっているので、そっと抱き上げても嫌がりません。

子猫の上手な抱っこの仕方 【安定感】

子猫 抱っこ

Olena Yakobchuk/shutterstock.com

子猫の上手な抱っこの仕方は、安定感をキープすることです。 小さくて柔らかい子猫の体を宙ぶらりんにせず、脇に手を入れて、お尻ももう一方の手で支えます。 そうすることで、安定感が出るので、子猫も苦しくなく、安心して抱っこされます。 この体勢で、飼い主さんの体に添わせると、より安定感が増しますよ。

子猫の上手な抱っこの仕方 【太ももの間を使う】

子猫 抱っこ

Gladskikh Tatiana/shutterstock.com

子猫の上手な抱っこの仕方として、太ももの間であおむけのポーズもおすすめです。 飼い主さんが、正座か椅子などに座って、子猫が膝に乗ってきたら、遊びながらあおむけにします。 太ももの間のくぼみにスポッとはめてお腹マッサージなどして遊んであげましょう。 抱っこすること=移動することではなく、遊ぶことでもあると猫が覚えてくれると、あまり嫌がらなくなりますよ。

子猫の上手な抱っこの仕方 まとめ

子猫に限らず、猫は抱っこが嫌いな場合が多いです。

理由としては、「体が不安定になるから」「抱っこ=嫌いな場所に連れていかれる」というものが多いです。

子猫のうちは病院に行く回数も多いので、抱っこしてキャリーバッグに入れて、嫌いな動物病院に連れていかれる!と子猫が思ってしまうと抱っこから嫌いになってしまいます。

できるだけ、子猫の時から安定した上手な抱っこの仕方を身につけて普段から遊びつつ、楽しく抱っこ習慣をつけてあげましょう。

もし、緊急事態が発生して、抱っこして移動しなくてはいけない場合も想定して、猫も飼い主さんも上手な抱っこの仕方を身に着けておいてください!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (3件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

3 名無しさん
通報

子猫のうちは大人の猫ちゃんよりもバランスが不安定だと恐怖に感じて暴れてしまうことがあるんですよね。それで人間が間違えて落としてしまったりすると、怪我になりやすいので、正しい抱っこの仕方を覚えるのが大事だと思いました。

2 名無しさん
通報

子猫は大人の猫よりも怖がりで暴れたりすることがあるので、抱っこの知識を頭に入れてから、安全に抱きかかえてあげる必要がありますよね。子猫のうちから恐怖心を与えてしまうと、大人になっても抱っこが嫌いで逃げてしまうこともありますよね。

1 高菜
通報

猫は子猫の時牛乳だけで良いのですか?

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー