オーストラリアンキャトルドッグってどんな犬?性格や特徴、しつけ方について解説!

オーストラリアンキャトルドッグってどんな犬?性格や特徴、しつけ方について解説!

1500
update2016/07/11
lated

牧羊犬、ならぬ牧牛犬をご存知でしょうか?「オーストラリアンキャトルドッグ」はそんな牧牛犬として名高い犬種です。牧牛犬としての粘り強さなどの性格、そして主人への忠実さをもった「オーストラリアンキャトルドッグ」の魅力や性格をご紹介します!

1500
update
lated2016/07/11

「オーストラリアンキャトルドッグ」のルーツ・歴史とは?

Summer portrait of happy Australian Cattle Dog on dandelions meadow.

Iryna Dobrovynska/shutterstock.com

「オーストラリアンキャトルドッグ」はオーストラリア源産の犬種です。 長い間オーストラリアで牧牛犬として働いてきて、その忍耐力と能力に一目置かれている存在です。 別名を「ブルーヒーラー」「オーストラリアンヒーラー」とも言います。「ヒーラー」とは牛追い犬を意味する呼び名であり、「オーストラリアンキャトルドッグ」が牧牛と深く関係していることがわかります。

「オーストラリアンキャトルドッグ」のルーツは19世紀にまで遡ります。 イギリスからオーストラリアに牧牛犬が持ち込まれたのですが、役目をうまく果たせず別の犬種が求められていました。

そこでその犬種を改良し、より良い性格の牧牛犬の開発が始められたのです。

忍耐強く、それでいて牛を傷つけずに役目を果たすことのできる性格の犬が求められ、その結果その性格を持つ「オーストラリアンキャトルドッグ」が生まれました。

原種はイギリスの「ティモンズ・バイター」と「スムースコリー」や「オーストラリアンケルピー」だと言われています。

「ヒーラー」=牧牛犬の役割

Autumn beauty portrait of Australian cattle dog

Iryna Dobrovynska/shutterstock.com

牧羊犬とも異なる、牧牛犬の役割や性格について少し触れておきましょう。

牧牛犬は牛の大群を誘導する役割を任されています。 これは危険の伴う仕事で、忍耐力などの性格がなければできません。

吠え声だけで誘導するのでなく、牛の脚を噛んで誘導したり、それでいて牛の進路からは離れて踏み潰されないようにするなどの俊敏さが必要なのです。

体力があるために長時間牛を移動させることができ、荒っぽい牛にも果敢に挑む性格のために、飼い主からも重宝される存在です。

この記事が気に入ったらシェア♪
3 Marie
通報

犬って凄い数の種類が存在してるんだね。割りと動物は好きだし詳しい方だと思ってたけど、このサイトを見てると見たこと無い犬がいっぱい。オーストラリアンキャトルドッグとか聞いたこともないよ。写真を見た感じだとちょっと間が抜けた感じに見えるけど実際は凛々しい感じなんかな。

3 名無しさん
通報

オーストラリアンキャトルドッグって牧牛犬なんですね。だからオーストラリア産なんですか、日本にはいるんでしょうかね?もしいたとしても雑種と見分けがつかないかもしれません。画像にあるような犬は雑種でも近いのがたくさんいますからね。。。。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー