犬にヨーグルトは大丈夫?適切な量など

犬にヨーグルトは大丈夫?適切な量など

4957
update

発酵食品であるヨーグルトは、整腸作用はもちろん、免疫力アップにもつながる食べ物として人気です。毎朝、食べている人も多いのではないかと思います。そんなヨーグルトですが、犬に与えても大丈も多いのではないかと思います。そんなヨーグルトですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか?ヨーグルトについて解説します。

4957
update

ヨーグルトで犬がお腹を壊さないの?

Greek yogurt in a wooden bowl on a rustic wooden table. Selective focus

Gulsina/shutterstock.com

犬に牛乳を与えるとお腹を壊す、こんな話を聞いたことありませんか?

犬によっては、人間用の牛乳を少し舐めただけでも下痢をしてしまう子もいますよね。ヨーグルトは同じ乳製品なので、食べさせないようにしている飼い主さんも少なくはないでしょう。

よく、人間が口にする食べ物を犬に与えるのは良くないと言われますが、それは人間の食べ物には塩分や糖分が多く含まれている物が多いため、長期にわたり食べさせ続けると病気を引き起こし寿命を縮めるからです。

しかし、ヨーグルトはプレーンタイプ/無糖のものに限り、使用条件が合えば、犬にも良いと言われています。

では、同じ乳製品の牛乳とヨーグルトの何が違うのでしょうか?

牛乳にも犬用と人間用がありますが、牛乳を舐めた犬に下痢症状がおきてしまうのは、牛乳に含まれている「カゼイン」という乳糖成分のせいです。こ の成分により、人間でも牛乳を飲むとお腹を壊す人がいます。これを、「乳糖不耐性」といいます。

「カゼイン」をうまく消化吸収をすることができない犬は、体質的に乳糖を分解できないため下痢を引き起こします。「乳糖不耐性」の体質を持つ犬が多いので、牛乳でお腹を壊す犬も多いのです。

牛乳とヨーグルトはどちらも同じ牛から作られるのですが、牛乳には含まれずヨーグルトにだけ含まれているのが「乳酸菌」です。 実は、この「乳酸菌」が乳糖の一部を分解してくれるため、牛乳よりもお腹に影響を与えにくいのです。

人間の健康にいいと言われる食べ物であるヨーグルトは、犬にとっても健康に有効な食品といえます。

犬にヨーグルトを与えても、問題はありません。 ただし、元々乳製品アレルギーの場合や、乳製品全般への反応が強く出る体質の場合は、避けてくださいね!

ヨーグルトの乳酸菌で犬も健康に!

犬の腸内環境を整えるために、発酵食品は欠かせません。 特に、身近なヨーグルトの乳酸菌は、食べ物の中でも犬にとても有効な食品の一つです。

犬によっては便の量や回数がちがいますが、犬も便秘になります。

しかし、身体の構造上、犬は人間よりも便秘しにくい動物なのです。また、食事の内容が変わることで、便の回数が減ったり増えたりすることもあります。

何日便がでなければ便秘なのかは、個々の普段の排便状態によって変わってきますし、便秘の原因にもよります。ただし、何事にも限度があるので、1・2日便が出ないくらいなら様子見でも大丈夫でしょう。

でも、犬が苦しそうだったり食欲がなかったり、何かしらの症状もある場合はすぐに動物病院で診てもらってください。早く対処できるように、普段から排便の回数や状態を把握しておくと良いでしょう。

私たち人間と同じように、犬の腸内の悪玉菌、善玉菌のバランスを整えてあげれば、腸内環境が良くなり、免疫力が高まり、健康に生活することができるのです。

ただし、犬によっては乳酸菌株の種類によって合う合わないがあるので、どの乳酸菌株が適応しているのか見極めてあげることが大切です。

また、菌によって効果も少し変わってきます。 効果はすぐ身体に現われないですし、判りづらいため、しばらくの間同じ種類のヨーグルトを与えてみて判断すると良いでしょう。

犬がヨーグルトを食べると期待できる効果

犬は元々、獲物の内臓など、発酵している食べ物を摂取することで健康を維持してきました。しかし、最近ではドッグフードをメインにしている犬が多く、腸内環境のバランスが崩れてきています。

そんな犬の健康に、ヨーグルトはとても有効な食品なのです。

犬がヨーグルトを食べることにより、腸内の善玉菌を増やし腸を健康に保つことは、便通だけでなく免疫力の強化にも繋がります。 ヨーグルトは、下痢を起こす可能性が低いため、犬向きの食品であると言えるでしょう。

効果その1:消化吸収を促進

消化吸収は、健康に犬が生活するために必要不可欠な生命維持活動です。消化吸収が正しく行われていないと、健康を損ねてしまいます。

犬は、季節の変わり目や食べ物の種類によって、お腹の調子が悪くなることがあります。

ヨーグルトは発酵食品ですので、乳酸菌の種類によっては犬にとっても有効な酵素がたくさん含まれています。この酵素は、消化を助ける役目を果たしてくれます。

また、食事のメインが肉類の犬にとって、お肉の消化にも良いヨーグルトを同時に摂取するのは良い手段だと言えますね。

なお、手作りのヨーグルトには、この酵素が多く含まれるので、消化に良いキャベツやリンゴなどを混ぜたりして、飼い主さん特製の手作りヨーグルトを作ってあげるのも良いですね。

ヨーグルトを摂取すると腸内に善玉菌が増えるため、悪玉菌を抑えられることで腸内の環境が良くなりますよね。それにより、下痢や便秘の改善が期待できますし、便の臭いを抑える効果もあります。

効果その2:免疫力アップ

人間だけでなく、犬の腸にも善玉菌や悪玉菌が存在するため、腸内に善玉菌の量を増やして腸内環境を整えることで、免疫力が高まります。 そして、免疫力が高まることにより、毛艶が良くなり、皮膚の状態が改善されるなどの効果が期待できたり、感染症などに対する抵抗力も上がると言われているのです。 腸内の善玉菌は、ヨーグルトなどからビフィズス菌を取り込むことで増えていきます。またオリゴ糖がエサなのでオリゴ糖を含む餌と一緒に与えると、その効果は増します。 免疫力が高くなると同時に、腸内に善玉菌が多いほど食中毒を発症しにくくなりますので、じめじめとした季節に食べ物周辺にいる雑菌が原因で体調が崩れてしまう犬にとってはとても良いでしょう。 最近では、「腸内フローラ」という言葉をよく耳にしますが、腸の中を顕微鏡で覗くと、まるでお花畑(英語でflora)のようにみえるので、そう呼ばれるようになりました。 腸内細菌の数や種類は、年齢や食生活、生活習慣により異なるため、犬それぞれですが、この「腸内フローラ」は免疫力と深く関係があり、腸だけでなく他の臓器にも深く結びついているため、病気になりにくいと言われています。

効果その3:口臭予防

ドッグフードをメインに食べている犬たちにとって、歯磨きはとても大切です。

歯磨き嫌いの犬には食後に無糖のヨーグルト塗ったガーゼなどで歯ぐきをマッサージしてあげれば、口臭予防・歯周病予防が期待できると言われることもあります。

実はこの方法は、その場限りでは効果があるように思われますが、結果的に虫歯の原因になるので、マッサージ後に水を飲ませたりハミガキガムやオモチャを使うなどした方が良いでしょう。

もちろん、きちんとした歯磨きができるならしてあげてください。

この間違いは、善玉菌についての勘違いからくるものだと考えられます。 なぜなら、善玉菌であるビフィズス菌(乳酸菌)は、酪酸を出して菌を死滅させる作用があるからです。

犬や人間の口腔内には、かなりの種類の細菌が生息していて、その中には悪玉菌と善玉菌が存在します。中でも、嫌気性細菌という悪玉菌が、古くなった細胞や食べカスを分解する際に揮発性硫黄化合物という悪臭のガスを発生させることで口臭がひどくなります。

ヨーグルトの乳酸菌は、こういった口臭の原因菌の繁殖を抑えてくれるため、口臭を予防することができます。

これが、口腔内が原因の口臭に対するヨーグルトの効果で、歯磨きのように汚れそのものを落とすわけではないのです。

主に口臭は口腔内が原因ですが、口腔内が原因ではない場合の口臭もあります。

体内で悪玉菌が優勢の場合、腸内でガスが溜まります。 そして悪玉菌がかなり優勢な場合で便秘になったりすると、身体に悪いものが体外に出られないために身体に吸収されます。

それがさらに血液に流れ肺にたどり着き、呼気に悪臭としてでることがあるため、腸内に善玉菌が増えることにより、効果があると言えるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

なんでも人間の食べ物を与えるのは良くないと思うけどな。確かに食べられる、のかもしれないけど「られる」であって与えたほうが「良い」ってわけじゃないよね?人間の食べ物を当たり前にもらえるって思ってしまうと、良くないと思うし。ドッグフードはバランスよく作られてるんだから、それを食べたほうがいいと思うな。

1 サンマ
通報

犬にヨーグルトをあたえようと思ったことが無かったので、ちょっとびっくりしてます。ヨーグルトの種類によっては犬にも相性がイイみたいですけど、大人になってしまった我が家のワンコでは食べてくれないかもしれませんね。近いうちに無糖のものをあたえてみようと思います。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー