キャッテリーってなに?ブリーダーとの違いやキャッテリーからの猫の購入方法

キャッテリーってなに?ブリーダーとの違いやキャッテリーからの猫の購入方法

3505
update

猫をお迎えする上でよく聞くキャッテリー。ではキャッテリーってどういうところ?ブリーダーとの違いは?キャッテリーから猫をお迎えするにはどうすればいいの?この記事ではそんな疑問にお答えします!

3505
update
キャッテリーってなに?ブリーダーとの違いやキャッテリーからの猫の購入方法

「ブリーダー」と「キャッテリー」の違い

子猫

shutterstock.com

猫の購入を考えたことのある方なら一度は「ブリーダー」や「キャッテリー」の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。ですがその違いと言われると答えに困る方が多いと思います。 「ブリーダー」も「キャッテリー」も、どちらも猫の繁殖を行う人や団体のことを指します。その違いを挙げるならば、「キャッテリー」になるには厳密な審査が伴うということです。世界的な血統登録機関であるTICA(The International Cat Association)か世界最大の猫愛護団体であるCFA(The Cat Fanciers’ Association)のいずれかの認可を受けたブリーダーのみが「キャッテリー」を名乗ることができます。 つまり「キャッテリー」というのは、客観的な審査に裏付けられた信頼性の高い「ブリーダー」であるということができます。 もし猫を購入する際にブリーダーとキャッテリーで悩んだら、この違いを念頭に置いて決めるとよいでしょう。

ブリーダーとキャッテリー、猫を購入するのならどっち?

子猫 女性 キャッテリー

shutterstock.com

では実際に猫を購入するにあたって、ブリーダーとキャッテリーではどちらがよいのでしょうか。 ブリーダーから購入する場合、審査が伴うキャッテリーとは違いそこにいる猫が純血統種であるという裏付けがありません。そのため、購入する猫が純血統の猫かどうかの信頼性はキャッテリーに劣ります。ですがその分、キャッテリーと比べると安価で猫を購入することができます。 キャッテリーは信頼性という点ではブリーダーに勝ります。しかし購入する上での違いは、信頼性が高い分その付加価値がつくために価格が高くなる傾向がある点です。 「価格」と「信頼性」。この2点の違いをよく天秤にかけたうえで、どちらで購入するかを検討しましょう。

キャッテリーから猫をお迎えしたい!必要なことは?

子猫 女性 キャッテリー

shutterstock.com

ではキャッテリーで猫を購入することを決めた場合、どのような手順でお迎えすればよいのでしょうか? ここではいくつかのステップに分けて説明していきたいと思います。

1.キャッテリーを探す

まずはキャッテリーを探しましょう。ペットショップなどとは違い、必ずしも近くにあるとは限りません。また、飼いたい種類の猫を扱っているキャッテリーとなるとおのずと限られてくるのではないかと思います。 そこでおすすめしたいのが、ブリーダー・キャッテリーの検索サイトです。

こちらのようなサイトを使うことで効率的にキャッテリーを見つけることができます。また口コミなども掲載されているので、キャッテリーを選ぶ際の基準とすることもできます。 他にも「(猫の種類)キャッテリー」と検索すればいくつか候補のキャッテリーが出てくるかと思います。 数か所のキャッテリーを比較して、より信頼できそうなところを選びましょう。その際に参考になるのは、ショーやコンテストなどの受賞実績です。それらの受賞実績があるということは、それだけ環境が整っているということでもあります。またそこで育った猫に対しての評価が明確であるため、他のキャッテリーの猫との違いを比べやすくなります。

2.気になる子猫を探す

ほとんどのキャッテリーのサイトにはそこで生まれた子猫が紹介されています。その写真や紹介を見て気になる子猫を見つけましょう。 子猫を見る上で気を付けるといいポイントは主に以下の2点です。

  • ・性格の違い(慎重な性格か、やんちゃな性格かなど)
  • ・親の病歴(親がかかりやすい病気には子どももかかりやすい場合もある)

もし気になる子猫が見つかったら、キャッテリーのお問合せフォームなどを通じてそのキャッテリーと連絡を取ってください。 多くの場合はキャッテリーに足を運び、その子猫と直接対面する流れになると思います。そのため、キャッテリーの所在地は十分チェックし、足を運べる範囲内かどうかをあらかじめ確認しておく必要があります。

3.子猫と対面する

いよいよ子猫と対面です。子猫との相性を見るには、やはりデータよりも直接会う方が確実です。 子猫のしぐさや表情、行動などを見ながら、自分の家に来たらどんなふうに過ごすだろうか、どんなところに注意しなければいけないだろうかということに想像を巡らせてください。 もし直接会って相性が良くないようであれば、その場で断る勇気も必要です。相性が悪いまま一緒に生活をするのは、人間にとっても猫にとってもストレスになるからです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (9件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

9 名無しさん
通報

キャッテリーとは世界的な血統登録機関であるTICAか世界最大の猫愛護団体であるCFAのいずれかの認可を受けたブリーダーのことを指すんですね。初めて知ったのでとても参考になりました。自分ならキャッテリーから猫を買いたいかも。

8 名無しさん
通報

猫の種類の名前ではないんですね。てっきりそうだと思ってたので、穴があったら入りたいくらい恥ずかしいです。もっと勉強しなきゃなと思わされます。認可を受けているブリーダーさんのことをキャッテリーって呼ぶ、覚えておきます。

7 名無しさん
通報

客観的な審査に裏付けられた信頼性の高い「ブリーダー」がキャッテリーというなんて知りませんでした。それだけ、安心して猫を迎え入れる準備ができるだろうし、迎え入れてからも何か心配事があれば相談できるのでいいですね。

6 名無しさん
通報

知らないですね、キャッテリーは。数回は聞いたことがありまして、その時からずっと猫の種類の名前かと思って勘違いしてました。恥ずかしすぎる〜〜。認可を受けたブリーダーさんのことをキャッテリーと呼ぶわけなんですね。

5 名無しさん
通報

キャッテリー、聞いたことはあったけど行ったことはなかったので、試しに行ってみたいです。生まれた時にどのような環境に猫ちゃんがいるのか知っていれば、今後育てていくのに役立つかも知れないですよね。

4 名無しさん
通報

キャッテリーってはじめて聞きました。ブリーダーさんの中でも、一部の方だけが名乗ることを許されるものなんですね。我が家は保護猫を飼育しているので関わることはなさそうですが、勉強になりました。

3 オーダーメード
通報

キャッテリー、これが猫の種類名と勘違いしてました、恥ずかしい。名前じゃなくて、猫をお迎えするところのことを指すんですね。この記事で初めてこの言葉を伺い、意味も知りました。これからどんどん広まって有名になっていくかもですね。

3 kawamoto
通報

キャッテリー?なんだそれ?って思っちゃいました。ブリーダーは一般に浸透した言葉でイメージしやすいですけど、キャッテリーってイメージできない人多いんじゃないでしょうか。そもそも私が無知なだけなのかもしれないですけど

3 名無しさん
通報

ブリーダーは普通に聞いたことがありますが、キャッテリーっていう肩書があるとは知りませんでした。しかもキャッテリーの方が審査があって、猫に対する信頼性が高いっていうのは興味深いですね。でもブリーダーは見つけやすいですけど、キャッテリーを見つけるのは大変そうだ

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー