猫と旅行に行くために気を付けたいこと3つ!無理は厳禁!

猫と旅行に行くために気を付けたいこと3つ!無理は厳禁!

904
update

猫と一緒に旅行に行けたら良いなと思うことはありませんか?車、電車、飛行機などどういった手段で旅行を楽しむかにもよりますが、今回は主に車移動と想定して、旅行に連れて行ける猫を種類や年齢、タイプに分けてご紹介していきます。

904
update

その1 猫を旅行に連れて行くなら「短頭種」は注意が必要!

ペルシャ猫 猫 白猫 

alexavol/shutterstock.com

どうしても猫と一緒の旅行となると、トイレやフードやおもちゃなど猫関連の荷物が多くなりますよね。その為一番利用しやすい乗り物はやはり車だといえます。

季節にもよりますが、暑さが気になる場合は、猫を閉め切った車内で留守番させないようにしましょう。とくに、短頭種である、ペルシャアメリカンショートヘアーなどは鼻が短く、呼吸が上手く出来ずに熱中症になりやすいといわれています。

この種の猫との旅行は十分注意してあげてくださいね!電車移動でも温度管理は要チェックですよ!

その2 猫を旅行に連れて行くなら「成猫」でワクチン接種済みであること!

猫 ドライブ 車 成猫

RJ22/shutterstock.com

自分の体温調整がしにくい子猫や老猫にとって旅行はストレスとなります。その為、子猫や老猫の場合は出来るだけ旅行には同伴させず、お留守番させるようにしましょう。

また、肥満気味の猫の場合も体温が上昇しやすいので、季節によってはお留守番をおすすめします。

成猫で健康管理も万全、ワクチン接種済みの猫であれば、旅行に連れて行ってあげることもきっと楽しい思い出になることでしょう。心配がある場合は旅行の前にかかりつけの動物病院へ行って健康診断をしてもらっておきましょうね!

その3 旅行に連れて行くなら「車酔いしない猫」!

猫 車 ドライブ

dimmitrius/shutterstock.com

旅行に連れて行く前に、お試しで近くを車で走ってみてください。キャリーバッグに入れたままや、小型のケージに入れたままなど、色々試しておくと良いですよ。

そうすると、猫によってはよだれをダラダラ垂らしたりします。これは「車酔い」している状態です。車酔いする猫は意外に多いので、旅行に連れて行くことはあきらめた方が良いかもしれません。

ストレスや緊張から車酔いする猫も居るので、数回車に乗せてみて、慣れさせてみても良いですが、あまり無理はさせないようにしてあげてくださいね。

猫は出来るだけ自分が安心する場所に居たいと思う習性があります。飼い主さんと一緒に旅行を楽しめる体質、性格の猫も居ますが、くれぐれも無理強いはせず、様子をみてあげてくださいね!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (1件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

1 名無しさん
通報

生後2ヶ月の子猫4匹と母猫1匹更にはウサギ1匹を連れて九州から関東まで家族の用事のため車で旅をしました。その後、数か月車には乗せていませんでしたが、久しぶりに乗せたら懐かしい匂いでもしたのか喉を鳴らしてごろんごろんしてました。

車での移動を怖がらないので病院に連れていくときラクです。

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー