ボーダーコリーは寒さに弱い?寒さ対策についてまとめ

ボーダーコリーは寒さに弱い?寒さ対策についてまとめ

1753
update

牧羊犬でたくましいボーダーコリー。ですが寒い時期にはしっかりその体を守る工夫をしてあげる必要があります。効果的な寒さ対策、その方法とは?

1753
update

ボーダーコリーは寒さに弱いのか

Cute Adorable Female Border Collie Portrait During Sunset

xkunclova/shutterstock.com

ボーダーコリーは基本的には寒さには強いと言われています。

ボーダーコリーはダブルコートゆえに寒さが厳しい中でも体温を保つことができます。

ダブルコートとは、毛皮が二重構造になっていることです。

外気から守るオーバーコートと、体温を保つためのアンダーコートとを持っています。

また長毛種であるゆえに、体温保持機能も高いです。

ですが、ボーダーコリーの中でも高齢犬は毛が抜けたり体力が低下しているために冬の寒さに弱い場合があります。 また皮膚病や脱毛症を患っていても、体温を保持するための被毛がないために病気にかかりやすくなります。 ボーダーコリーであっても、寒さに強いかどうかは個体差があるようです。

寒さ対策が必要になる時期について

犬が快適に過ごせる温度は18度から22度程度だと言われています。

ボーダーコリーは比較的寒さに強いので、13度程度からは寒さ対策が必要と言えるでしょう。

12月~2月は寒さ対策が必要と言えます。

寒さ対策①

Border collie is standing in wooden doghouse.

Frank11/shutterstock.com

ボーダーコリーを室外で飼っている場合は、ボーダーコリーの犬小屋に工夫をしてあげましょう。

犬用の湯たんぽやホットマットがおすすめです。

湯たんぽやホットマットをボーダーコリーのベッド、マットの下に入れてあげるなら、数時間は暖かさが持続しますので夜も安心です。

最近の湯たんぽにはたくさん種類があり、柄や形を選ぶのも楽しいです。

平均10時間程度暖かさが持続するため、冷え込む夜中の寒さ対策に最適です。

電気のコードがないために犬のベッドに入れるのも安心です。

その中でも、「ペット用」を選ぶなら、お湯漏れなどの事故防止機能もついてより安心です。

低温ヤケドを防ぐ機能もついているものが多いので、ずっと同じ場所に寝ているワンちゃんも使用できます。

お湯を入れるタイプの他にも、電子レンジで温めて使える便利なものもあります。

お手軽に使えて、何度も繰り返し使えるので経済的です。

ペットボトルにお湯を入れて湯たんぽにする方もいるようですが、犬に使う場合は事故になる可能性もあるのでやめましょう。

ブリキ製の湯たんぽも、低温ヤケドの原因になる可能性が高いのでお勧めできません。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

犬はみんな寒さに強くて平気だと思っていましたが、ダブルコートなど犬種によって違うんですね。しかも13度って結構寒いと感じているって知らなかった!!うちの犬は外で飼っているので、ちょっと可愛そうな思いさせてるって思ってしまいました。これからはしっかり寒さ対策してあげようと思います。

1 名無しさん
通報

ボーダーコリーを飼育していますが、室内飼いですね。寒いと可哀想ですもん。湯たんぽで対策って言っても温かいのは一部でしかないし。部屋の中で飼育するのが良いと思います。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー