ハバリは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

ハバリの特徴は、体の大きさです。大型猫種として有名なメインクーンやラグドールよりも大きい10キロ以上ある猫に成長します。「ハバリ」はスワヒリ語で「元気かい?」という意味を持つ猫です。そんな大型猫種ハバリは抜け毛の多い猫種でしょうか?抜け毛のケアや対策について見てみましょう。

ハバリは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

ハバリの抜け毛は多い?

ハバリの特徴はその大きな体です。 被毛は短毛種で斑点模様があります。 ですから野生のヤマネコを思わせる外見をしています。

そんなハバリは抜け毛の多い猫種でしょうか? からだが大きい分抜け毛の多い猫種ですと、抜け毛ケアや対策も大変ですね。

ハバリは一般的な猫同様に普段はそこそこの抜け毛があります。 しかし短毛種ですのでそこまで抜け毛の多い猫種ではありません。 しかしダブルコートの特徴である、換毛期には大量の抜け毛があるのでお手入れも欠かせません。 普段はお手入れも楽な方でしょう。

ではハバリの普段の、そして換毛期の抜け毛ケアとしてどんなことができますか?

ハバリの抜け毛ケア

ハバリの抜け毛ケアとして何ができるでしょうか?

短毛種のハバリの普段の抜け毛ケアとしては1週間に1回程度のブラッシングで十分です。 目の細かいくしを使ったコーミングを行えば、うつくしい被毛を保つことができるでしょう。

初めてのブラッシングはびっくりして、嫌がるかもしれません。 ブラッシングを行う時は、まずハバリがリラックスしているときに始めましょう。 安心して触らせてくれる首の周辺から行うといいですね。

慣れてきたら徐々に範囲を広げていきます。 ブラシやくしを深くさして、痛い思いをさせないようにしましょう。 ブラッシングが嫌な行為と思わせないことがポイントです。

くしやブラシを使ったブラッシング以外にも短毛種のハバリでしたら、手を少し湿らせて指をブラシのように使い、体全体を撫でてあげましょう。 こうするだけでも余計な抜け毛がとれます。 濡れたタオルで定期的に拭いてあげるのも一つの方法です。 そうすれば抜け毛ケアはもちろんのこと、汚れも取れるので一石二鳥です。

普段の抜け毛ケアはこれでもいいですが、換毛期は大量の抜け毛が発生します。 もっと定期的にお手入れをしないと家の中が大変なことになります。 換毛期は毎日ブラッシングをして、あらかじめ抜け毛を取っておくようにしましょう。

換毛期の効果的な抜け毛ケアは「シャンプー」です。 換毛期には1回シャンプーするといいでしょう。 シャンプーは抜け毛をごっそりと取る効果があるので、その後の抜け毛が落ち着きます。 シャンプー前には丁寧にブラッシングをして、あらかじめ抜け毛を取り除いておくようにしましょう。

抜け毛ケアを一生懸命行っても抜け毛はなくなりません。 では抜け落ちた毛の対策としてどんなことができますか?

ハバリの抜け毛対策

ハバリの抜け毛対策には何がありますか?

普段は抜け毛がそこまで多くはありませんが、猫の毛はふわふわして舞いやすいものです。 どうしても抜け毛対策が必要になります。 基本的な抜け毛対策は「そうじ」です。

1日1回は掃除機をかけるようにしましょう。 ハバリのような短毛種の毛はじゅうたんやラグなどに入り込んでしまうとチクチクと肌を刺激します。 粘着テープなどを使ってこまめにとるようにしましょう。

粘着テープは洋服についた抜け毛対策にも便利です。 筒状になったコロコロを使えば、お出かけ前にさっと抜け毛を取ったり、気づいたときにささっと使えて便利です。 一回洋服の抜け毛を取って粘着力が弱まったコロコロをハバリの体に使えば、抜け毛ケアにもなります。

では空気中に舞った抜け毛はどうしたらいいでしょうか? 空気中に舞った抜け毛対策に便利なのが「空気清浄機」です。 部屋の大きさよりも一回り大きいタイプの茎清浄機を使えば、抜け毛をしっかりと吸い取ってくれます。 注意することとして、定期的なフィルターの掃除を忘れないようにしましょう。

まとめ

大型猫種のハバリは家庭用の猫としてつくられた猫種なので、飼いやすさの点ではおススメです。 はばりをかうことになったら、ここで紹介した抜け毛ケア、対策を参考にして快適な猫ライフを送ってくださいね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • ヒマラヤンってどんな猫?性格と特徴からわかる飼い方のコツとは?

    • ヒマラヤンってどんな猫?性格と特徴からわかる飼い方のコツとは?

      体が全体的にフワフワの毛につつまれていて、鼻がペチャっと低く、短い手足で動き回るかわいらしい猫、それがヒマラヤンです。 シャム猫とペルシャ猫を掛け合わせた描種でシャム猫の要素が強く感じられます。しかし、ペルシャ猫の類いになるんです。そんなヒマラヤンの性格と特徴、そして飼い方のコツなどを紹介したいと思います。

      13875
    • 三毛猫のオスが高いのはどうして?その理由を詳しく解説!

    • 三毛猫のオスが高いのはどうして?その理由を詳しく解説!

      典型的な日本の猫としておなじみの、三毛猫。実は三毛猫には、圧倒的にメス猫が多いって知っていましたか? オスの三毛猫というのは滅多に生まれず、とても値段が高いんです! でも、一体なぜなのでしょうか? 理由を科学的に解説します!

      6085
    • ロシアンブルーの平均寿命は何歳?長生きする方法も合わせて解説!

    • ロシアンブルーの平均寿命は何歳?長生きする方法も合わせて解説!

      ロシアンブルーは優美で神秘的な人気の猫です。ロシアンブルーの平均寿命は、日本では10歳~13歳でやや短いと言われるのに対し、米国では15歳~20歳の長命な猫とされています。ロシアンブルーが長生きするために、避けるべき生活習慣ややっておくべきことをまとめました。

      10410
    • オシキャットってどんな猫?性格と特徴から分かる飼い方のコツとは!

    • オシキャットってどんな猫?性格と特徴から分かる飼い方のコツとは!

      ワイルドなヒョウ柄で知られるオシキャット。珍しい猫なので日本ではあまりなじみがないかもしれませんね。最近、人気の高まっている猫です。それもそのはず。野生的な見た目とは違って、甘えん坊で賢いという性格でしつけもしやすい猫だからです。オシキャットの性格や特徴を知るなら、その魅力に惹かれるでしょうし、飼い方のコツを発見することができるでしょう。

      8052
    • メインクーンの体重とダイエットについて解説。

    • メインクーンの体重とダイエットについて解説。

      穏やかな巨人ともいわれているメインクーンは猫の中でも最も大きくなる猫種です。子猫の時点で他の成猫と変わりがありません。そんなメインクーンの身体の平均的な大きさ、体重、またダイエット方法について見てみましょう。

      5216
このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆

おすすめコンテンツ

猫の種類を詳しく!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!