ハバリは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

ハバリは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1741

ハバリの特徴は、体の大きさです。大型猫種として有名なメインクーンやラグドールよりも大きい10キロ以上ある猫に成長します。「ハバリ」はスワヒリ語で「元気かい?」という意味を持つ猫です。そんな大型猫種ハバリは抜け毛の多い猫種でしょうか?抜け毛のケアや対策について見てみましょう。

1741 |

ハバリの抜け毛は多い?

pictures-of-cats.org

ハバリの特徴はその大きな体です。 被毛は短毛種で斑点模様があります。 ですから野生のヤマネコを思わせる外見をしています。

そんなハバリは抜け毛の多い猫種でしょうか? からだが大きい分抜け毛の多い猫種ですと、抜け毛ケアや対策も大変ですね。

ハバリは一般的な猫同様に普段はそこそこの抜け毛があります。 しかし短毛種ですのでそこまで抜け毛の多い猫種ではありません。 しかしダブルコートの特徴である、換毛期には大量の抜け毛があるのでお手入れも欠かせません。 普段はお手入れも楽な方でしょう。

ではハバリの普段の、そして換毛期の抜け毛ケアとしてどんなことができますか?

ハバリの抜け毛ケア

ハバリの抜け毛ケアとして何ができるでしょうか?

短毛種のハバリの普段の抜け毛ケアとしては1週間に1回程度のブラッシングで十分です。 目の細かいくしを使ったコーミングを行えば、うつくしい被毛を保つことができるでしょう。

初めてのブラッシングはびっくりして、嫌がるかもしれません。 ブラッシングを行う時は、まずハバリがリラックスしているときに始めましょう。 安心して触らせてくれる首の周辺から行うといいですね。

慣れてきたら徐々に範囲を広げていきます。 ブラシやくしを深くさして、痛い思いをさせないようにしましょう。 ブラッシングが嫌な行為と思わせないことがポイントです。

くしやブラシを使ったブラッシング以外にも短毛種のハバリでしたら、手を少し湿らせて指をブラシのように使い、体全体を撫でてあげましょう。 こうするだけでも余計な抜け毛がとれます。 濡れたタオルで定期的に拭いてあげるのも一つの方法です。 そうすれば抜け毛ケアはもちろんのこと、汚れも取れるので一石二鳥です。

普段の抜け毛ケアはこれでもいいですが、換毛期は大量の抜け毛が発生します。 もっと定期的にお手入れをしないと家の中が大変なことになります。 換毛期は毎日ブラッシングをして、あらかじめ抜け毛を取っておくようにしましょう。

換毛期の効果的な抜け毛ケアは「シャンプー」です。 換毛期には1回シャンプーするといいでしょう。 シャンプーは抜け毛をごっそりと取る効果があるので、その後の抜け毛が落ち着きます。 シャンプー前には丁寧にブラッシングをして、あらかじめ抜け毛を取り除いておくようにしましょう。

抜け毛ケアを一生懸命行っても抜け毛はなくなりません。 では抜け落ちた毛の対策としてどんなことができますか?

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー