コモンドールは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

コモンドールは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1750
update

モップのような毛のコモンドールについて解説していきます。かなりお手入れもハードルが高くてビックリされるでしょう。もしコモンドールを手に入れたいなら、日本で幸せに飼ってあげられるか検討してみてくださいね!

1750
update

コモンドールの抜け毛は多い?

Dog of the breed Komondor

Alexandr Junek Imaging/shutterstock.com

コモンドールの見た目や被毛が3重構造になっていることを考えると抜け毛が多そうですね。

しかし、実際にはコモンドールの抜け毛は少なめだそうです。

コモンドールの毛の構造からすると、寒さや雨にも非常に強いです。

そのため、日本には適さない犬でもあります。

コモンドールは、上毛と中毛と下毛の3タイプで成り立っています。

このトリプルコートの被毛にはどんな特徴があるでしょうか?

上毛は粗く硬めの毛になっていて、中毛は油分の水をはじく毛になっています。

下毛はアンダーコートとも呼ばれていますが、この下毛で温度調節をしています。

ですから、季節の変わり目の時期には毛がチェンジしていくわけです。

どんな犬にも換毛期はあります。コモンドールも日本の気候に合わせてくるでしょう。

コモンドールの毛の変わり目はいつでしょうか?春と秋にあります。

1年に2回毛が変わっていきます。このことを「換毛期」といいます。

暑さ対策のために毛がとれ、寒さ対策のために毛が増える感じでしょう。

この換毛期にはコモンドールの抜け毛が大量になることを忘れないようにしましょう。

でも、抜け毛の対策やケアを工夫して行えば大丈夫です。

コモンドールの抜け毛ケア

Komondor

Marcel Jancovic/shutterstock.com

コモンドールの抜け毛ケアはどうしたらいいでしょうか?

かなり難点と言われているのがブラッシングです。

モップのような毛で厚く覆われているので、ブラッシングは不可能です。

毛も汚れやすく、ホコリも付きやすいです。

ですから、コモンドールの抜け毛ケアは人間の手で被毛を整えていくしかありません。

手で毛を切ったり、汚れを拭いたりしてケアしていきます。

シャンプーでのケアも非常に大変です。

できれば月に1回シャンプーでケアしてあげたいですが、かなり大仕事になります。

縄状のコートを丁寧に1本ずつ洗ってケアしていくことになります。

シャンプーにも時間もかかりますし、乾かすにも時間がかかります。

タオルを使って、1本ずつ乾かしていく方法です。

ですから、他の抜け毛対策やケアとしては毛を全部刈り取ることができます。

でもそうすると普通の犬になってしまいます。

コモンドールらしさが無くなるもの寂しいですね。

ライオンカット(ライオンクリップ)をして抜け毛対策やケアをする方法もあります。

日本で飼うと皮膚病にもかかりやすくなるので、きちんとしたケアが必要です。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー