タイニープードルは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

タイニープードルは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1730
update

可愛らしいタイニープードル、抜け毛が少ないって聞いたけど本当?それでも毛が抜けるときにはどうすればいいの?

1730
update

タイニープードルの抜け毛は多い?

Poodle puppy

Armen Kosyan/shutterstock.com

かわいいタイニープードルですが、飼う前に気になるのは抜け毛問題です。 プードルは主に室内犬として飼われるので、抜け毛問題は非常に重要です。

タイニープードルは抜け毛が多い犬種でしょうか?

タイニープードルはシングルコートです。 シングルコートとは、被毛が一種類で皮膚から生える部分と目に見える部分とが同じ種類であることを指します。 シングルコートの毛はダブルコートに比べて抜け毛が少ないと言われています。

またタイニープードルの毛は硬い巻き毛が密集するように生えています。 そのため毛が落ちにくく、抜け毛も少ないと言えるでしょう。

ですがそんなタイニープードルでも、抜け毛が多い時期というものがあります。 それは「換毛期」です。 「換毛期」とは、季節の変わり目に毛の種類が変わることを指します。 この「換毛期」は大抵春と秋にやってきます。 この時期にはタイニープードルも大量に毛が抜けます。

犬の毛は「成長期」「退行期」「休止期」というパターンを繰り返して成長と交換を繰り返しています。 この「休止期」のあとに訪れる成長期が、「換毛期」と呼ばれます。 「換毛期」に毛の種類が変わるため、大量に毛が抜けます。 春には冬毛から夏毛へ、秋には夏毛から冬毛へと毛の種類が変わっていきます。

このほかにも、成長期には大量に毛が抜けることがあります。 子犬の毛から大人の毛へと変化していく時です。 この時期にも毛の種類が変わり、子犬の毛が大量に抜け落ちます。

タイニープードルの抜け毛ケア

タイニープードルの毛が大量に抜ける時期、抜け毛のケアをする必要があります。 毛が大量に抜けるときにはブラッシングをしてあげる必要があります。 ブラッシングをすると、すでに毛が抜けているのに落ちてこない毛を取り除いてあげることができます。 抜けている毛が他の毛にからまって落ちないでいると、蒸れや細菌繁殖の原因になります。 蒸れは皮膚病の原因ともなるため危険です。

抜け毛ケアのためのブラッシングには、ピンブラシがおすすめです。 ピンブラシで定期的に抜け毛を取り除くことで皮膚病を防ぎます。 またピンの部分で皮膚を刺激することで、皮膚も活性化します。 血行が促進されること、皮膚が活性化することで新陳代謝も促されるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
3 名無しさん
通報

タイニープードルは小さくて飼いやすいですが、毛が抜けやすいのでケアする際には注意が必要ですね。定期的にブラッシングをするようにして、毛玉が残らないようにしなければ、皮膚病や炎症の要因になってしまいます。

2 名無しさん
通報

タイニープードルって初めて聞いたし初めて見たかも!小さくてかわいい。うちのはタイニープードルじゃないけど抜け毛が多くなる時期は毎回ブラッシングが大変です。私が上手じゃないのか嫌がります。かかりつけの先生に色々聞きましたがなかなかうまくなりません。

1 名無しさん
通報

「換毛期」って夏なのかなーとなんとなく思ってたんですが、春と秋だったんですね。

暑い季節と寒い季節に向けて体がわかってるんですね。すごいなあ。

タイニープードルちゃんをお迎えするなら、毛づくろい必須ですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー