ティーカッププードルは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

ティーカッププードルは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1822
update

ティーカッププードルは好奇心がとても強く、そして甘えん坊な性格です。また賢い性格の犬でもありますので、しつけがしやすいといわれています。この犬と共に過ごすうえで日ごろのケアにはどんなことに気を付けたらよいでしょうか。抜け毛のケアや対策について調べてみました。

1822
update

ティーカッププードルの抜け毛は多い?

puppy tea cup  poodle dog

Armen Kosyan/shutterstock.com

ティーカッププードルの抜け毛の量は、犬の中では少ないといえます。 抜け毛が多くなる時期の抜け毛ケアや対策は、他の犬と同様に注意が必要といえるでしょう。

ティーカッププードルの抜け毛ケア

抜け毛のケアはよくティーカッププードルのブラッシングをすることによってケアできます。 正しいブラッシングを行いましょう。

犬の毛質を理解しブラッシングでケアしていきます。 ティーカッププードルの被毛は、独特のカールを持った長毛におおわれています。

毛の長いティーカッププードルは毛が絡まりやすく、毛玉ができやすい状態にあります。ですからブラッシングでのケアは日課といえるでしょう。

長毛にはピンブラシやコームを使うことによって抜け毛を取りケアできます。 ピンブラシはブラシの先が丸くなっていますので、地肌を痛めることがなく、抜け毛を取ることができますよ。

長毛の場合は、毛先からブラッシングして抜け毛を取っていきましょう。 根元からいきなりといてしまうと、毛玉ができていたり、毛が絡まっているところに引っかかってしまい、抜け毛になっていない毛も抜いてしまう可能性があるからです。

なるべく優しく、絡みを取るようにブラッシングしていきましょう。

アンダーコートには、基本的にはコームを使って抜け毛を取ることができます。優しくといていきましょう。 きちんと取り除くことによって皮膚も蒸れることなく健康に保つことができますよ。

ウエーブまたはカールしている毛の犬はお手入れが楽と思われがちですが、それでも抜け毛はありますので、しっかりブラッシングして抜け毛対策をしましょう。

ウエーブまたはカールしている毛に良いのが、スリッカーブラシによるケアです。 毛玉を取るのに適していて、よく使われているブラシです。針金の先が直角に曲がっているので、被毛をすいたり、もつれを取るのに適している形になっています。

このブラシでも、毛先から徐々にもつれを取るようにして優しくとかしていくことができます。

特に抜け毛の多い時期の対策としては、スクラッシャーというブラシによるケアが効果的とされています。 抜け毛や死毛を、きれいにとることができますよ。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー