【猫のしつけ】トイレをおぼえさせるためのトレーニング方法を解説!

私の愛猫はしつけができないと思っていませんか?実は最初に簡単に覚えられるのが、猫にとってはトイレのしつけです。しかも、結構、大きな大人の猫でも簡単に覚えさせることができます。今回はそのコツをあなたにお教えいたしましょう。

【猫のしつけ】トイレをおぼえさせるためのトレーニング方法を解説!

猫のトイレの置き場所


トイレのトレーニングで最も大切なのは「環境」です。猫の気持ちとして、用を足しているところを見られたくありません。 猫が落ち着いてトイレをできる場所は静かで風通しが良く、やや薄暗いところです。特に猫のトイレのニオイは結構きついので、飼い主さんが食事をする場所からは話したほうが良いです。やはり換気ができるところが良いですね。 また一度決めたら、そのトイレの場所を移動してはいけません。というのも、猫にとってのトイレは縄張りの一つだからです。

多頭飼いの場合のトイレの置き場所は?

多頭飼いの場合でも、基本は頭数分あった方がベストですね。兼用するなら、大き目なものを選ぶようにしましょう。中には、扉付きのタイプがありますから、最初はトレーだけでトレーニングして、覚えたら取り付けてあげて様子を見ると良いでしょう。

猫砂の選び方

猫には好きな猫砂とそうでないものがあります。 例えば、排便した時に、猫は自分の糞に土をかける動作をします。このときにある程度手ごたえがないと、そのトイレをベッドのように扱うことがあります。 また、肉球に挟まらない程度の猫砂の大きさも重要です。 最近の猫砂は消臭効果があるものがほとんどです。おからで作ったもの、消臭剤が直接入ったものがありますが、なるべくなら自然分解する猫砂を選んだほうが良いでしょう。 また後から消臭をするよりも、糞やオシッコの処理が簡単なすぐに固まる猫砂がもっとも使いやすいです。

猫にトイレトレーニングをする方法


①まず猫が排便するしぐさをしたら、ペットシーツをすぐにお尻の下に敷きます。 ②その際に糞は処理してはいけません。排便が終わったと同時に猫を抱えてトイレに連れていき、猫砂の中に糞を置いて、猫の前足で猫砂を糞にかけてあげます。 ③2~3回やったら、子猫が自分でトイレから立ち去るのを確認し、後で処理します。 ここでのポイントは、「処理しているところを子猫に見せないこと」です。 他人からもらった成猫の場合も、トイレトレーニング(しつけ)ができていない場合は、これと同じように繰り返し行って、自分の糞のにおいがあるところを覚えさえるようにします。

すぐに消臭しない

そして、すぐに消臭しないことです。 おしっこの場合は、ソワソワ、ウロウロと歩き回るので、とりあえず抱きかかえてトイレに連れていき、トイレに猫を置いたら、少し距離をとってするかどうかを確認します。大抵の猫は、砂のような場所で用をたすので、そこでするでしょう。子猫の場合は、そのまま様子を見て立ち去ったら処理を行います。成猫の場合は、しばらく数時間そのままでも構いません。 つまり、「自分の臭いがついていることが重要」なのです。このトレーニングは、およそ5日間くらいで覚えることが多いです。

糞は外に捨てないこと


野外に糞をなどを捨てるのも絶対にダメです。 理由は、野良猫を引き寄せる要因となるからです。猫の嗅覚は犬ほどではありませんが、糞尿の臭いにはかなり敏感です。「この家には猫がいる」と野良猫に教えているようなものなので、必ず自宅内で処理してください。部屋が匂うのなら、脱臭剤は、猫砂ではなく部屋に対して対策をすることです。 猫は非常に警戒心が強いですが、同じことを繰り返すことに関しては優れているので、トイレも早く覚えます。 また、ペットショップなどから猫を引き取る場合は、スタッフにお願いして、その子の使ったトイレの砂の種類を教えてもらいましょう。 猫のトイレは清潔が良いのですが、それよりも自分の臭いを大切にしていることを知っておきましょうね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

kasatake

元ペット業界の専門職の知識を生かして、関連用品、犬猫、小動物に至るまでの飼育経験を生かし、様々に詳しく解説した記事を書いていきます!