犬がフローリングで滑る際の対策とは?おすすめの床材やマット、ワックスの選び方について

犬がフローリングで滑る際の対策とは?おすすめの床材やマット、ワックスの選び方について

2406
update

あなたのおうちの犬はフローリングで滑っていませんか?犬がフローリングで滑ると転倒して怪我をする危険性があります。この記事では犬がフローリングで滑らないための対策として、床材やマット・ワックスの選び方と、その使用方法や効果についてご紹介します。

2406
update

犬がフローリングで滑るのは危険!

Golden Labrador retriever puppy indoor

Dasha Petrenko/shutterstock.com

部屋の中で走り回る犬がフローリングで滑ることはありませんか? それって実はとても危険なんです!

フローリングは犬に負担が大きい

犬は、もともと屋外で生活していたので、爪をスパイク代わりに土に突き立てて走ります。 フローリングでは爪を立てることができず滑ってしまいます。

フローリングは犬にとってかなりの負担になっています。

例えば、 ・踏ん張れないので、思うように動くことができない ・思わぬ方向に足が滑って体勢を崩してしまう ・ジャンプしたり飛び降りたときに、着地に失敗してしまう ・余計な力が関節や肢に加わることで、筋肉を傷めたり捻挫してしまう ・階段から落ちてしまう といった問題があります。

「膝蓋骨脱臼」になる可能性も!

転倒して捻挫や骨折してしまう場合も多いですが、特に注意が必要なのは「膝蓋骨脱臼」です。

膝蓋骨脱臼は膝のお皿が本来の位置からずれてしまうことです。 トイプードルやチワワ、ヨークシャーテリアなどの小型犬に多く見られ、先天的な要因もありますが、フローリングで滑ることが原因になることも多いと言われています。

犬が片足を地面につけていなかったり、びっこをひいていたり、足を触ると痛がる様子があればすぐに病院に連れて行きましょう。

(膝蓋骨内方脱臼とは)後脚の膝の骨(膝蓋骨)が内側にずれ、進行すると歩行も困難に。肥満や高いところから飛び降りた際の衝撃も原因に挙げられますが、もっとも多いのは、室内飼育における床のすべり。トイ・プードルをはじめ、多くの小型犬に見られる病気です。気づかずにそのまま放置、運動させていると、前十字靭帯断裂を併発することもあります。
出典:http://www.aikennoyuka.com/protect-arthronosos/

犬がフローリングで滑らないための対策は?

Portrait of beautiful young woman with her dog playing with ball at home.

Josep Suria/shutterstock.com

犬がフローリングで滑らないためには、どうしてあげたらよいのでしょうか? その対策方法をご紹介します。

マットやカーペットを敷く

一番お手軽な方法は、フローリングの上にマットやカーペットを敷くことです。

お手入れのしやすさも考えて、毛足の短いものを選んだり、小さいブロック状のマットやカーペットをいくつか敷きつめるのもおすすめです。

床材を貼り替える

少し手間とお金はかかるものの、床材を貼り替えるという方法もあります。

マットやカーペットだと、それ自体が滑ってしまうこともありますが、床材を替えればそういった心配はありません。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 粘る
通報

膝蓋骨脱臼というのは初めて知ったけど、これはすごく重症でいたそうなので、これは避けたいです。これは避けたいので、床が滑らないような対策を速やかに講じなくてはと思わずにはいられません。。滑りにくい素材のカーペットでも調達します。

1 ディスコ
通報

我が家は室内で犬を飼うつもりで家を立てたので犬が滑らない専用のフローリングを敷きました。一般的なフローリングだと爪がカチャカチャ言ったりすべったりで危ないですよね。犬を室内で飼うならフローリングは気を使ったほうがいいですよ。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー