ロングリードのメリット・デメリット!注意点も解説!

犬の「リード」にはいろいろな種類があります。中でも長いものを「ロングリード」といい中には何十メートルもあるようなものもあります。そんなに長いリードはどのように使うのでしょうか?ロングリードのメリットやデメリットについても見てみましょう。

ロングリードのメリット・デメリット!注意点も解説!

愛犬の遊びや訓練に、犬のロングリードを使ってみよう!


リードは散歩の時などに使う紐のことを言いますが、この紐が長い物をロングリードと言います。   中には30メートルもあるものもあります。   犬を思いっきり遊ばせるのに使ったり、訓練時に使用するなどの使い方をします。

犬のロングリードのメリットは?

ではこのロングリードのメリットとは何でしょうか?   どんな使い方をしますか?

愛犬が広い場所で自由に動き回れる

一つ目のメリットは、愛犬が広い場所で自由に走り回れるということです。   ドッグランや河川敷など思いっきり走らせることができます。   普段の散歩では人間と同じ歩幅で歩かなければいけないですが、ロングリードを使っていれば自由に走れますね。   またハイキングや山登りの時もロングリードを使うことである程度ゆったり歩くことができるでしょう。   しかしどの場合も周りに人がいないことをよく確認してからにしてくださいね。

犬の訓練・トレーニングに便利

ロングリードのメリットは訓練やトレーニングに仕える便利な道具です。   ロングリードを使って「まて」「おいで」などを訓練することができます。   この訓練をしたら、離れた場所からも呼び戻すことができるので、トラブル防止ができます。

犬のロングリードにもデメリットがある?


では犬のロングリードのデメリットは何でしょうか?   デメリットには使い方が難しかったり、重たいことなどがあげられます。   具体的に見てみましょう。

使い方が難しい

ロングリードは使い方が難しいです。   正しい使い方をしなければ危険です。   リードが長いので、それに絡んで犬が怪我をしたり人間も怪我をすることがあります。   突然犬が走り出したら止めることは簡単ではありません。   リードが長い分、力が加わってリードを持つ手に摩擦が加わりけがをしたり、犬も強い衝撃で首に怪我をしかねません。

通常のリードより重く、かさばる

ロングリードは一般的なリードに比べて長さがあるので当然重たくなります。   しかも長さを調整するために、飼い主が自分でリードを伸ばしたり手繰り寄せたりしなければいけないので、かさばりますね。   ですからロングリードがうまく使えるように飼い主も訓練しなければなりません。

使える場所が限られる

ロングリードは使える場所が限られています。   まず通常の散歩では使用できません。   犬用の公園やドッグラン等周りに人がいない場所でのみの使用になります。   周りに人がいるところでの使用は、とっさに誰かに向かって行って怪我をさせてしまうことがあるかもしれません。   リードが長いのでとっさのコントロールは難しいでしょう。

犬のロングリードを使う時の注意


ではメリットもデメリットもあるロングリードですが、使いう際はどんな点に注意したらよいでしょうか?   注意点を見てみましょう。

リードの付替え時は脱走の危険も!

まずはリードの付け替え時の注意です。   付け替え時は脱走の危険性があります。   決して初めに通常リードを外してしまうことのないようにしましょう。   最初にロングリードを取り付けます。   そしてロングリードをしっかり持った上で、通常のリードを外しましょう。   逆の時も同じです。

安全のために長さを調節する

安全のために長さの調節をしましょう。   人がいる場所では、短くしてください。   ロングリードを長さいっぱい使ってしまうと、持っている手への負担が大きくなりますし、犬の首にも負担がかかって怪我をさせてしまいかねません。   何より周りの人にも迷惑も考えて、長さを調節しましょう。

犬に「待て」や「おいで」を覚えさせてから使う

ロングリードを使う前には「まて」「おいで」を教えてからにしましょう。   ロングリードは犬がある程度自由に動き回れます。   これらのしつけができていないままロングリードを使うと自由に動き回れる犬は好きなところ行って、周りに怪我をさせる、もしくは犬も飼い主も怪我することになりかねません。   コントロール不可になってしまうのです。

犬のロングリードを正しく安全に使おう!

犬のロングリードはメリットもデメリットもある道具です。   正しい使い方をして、安全に使いましょうね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆