野良猫への餌やりは条例で禁止?餌付けするときに気を付けたいポイントまとめ 

猫好きの方の中には、野良猫もかわいくて、なついてほしくてエサをあげることがあるかもしれません。すでに野良猫にエサをあげていますか?もしかしたら条例違反で罰金対象になっているかもしれませんよ。野良猫の餌やりの気をつける点を見てみましょう。

野良猫への餌やりは条例で禁止?餌付けするときに気を付けたいポイントまとめ 

野良猫の餌やりを条例で禁止している自治体もある


最近は、野良猫への餌やりを条例で禁止している自治体もあります。   なぜこのような条例ができたのでしょうか?   また条例がなくても住民に訴えられることもありますよ。

猫の餌やリ条例は自治体によって違う

猫の餌やり条例は各自治体によって違います。   飼い主のいない野良猫にエサを与えることを制限する条例だったり、野良猫にエサを与える人に一定の責任を課す条例もあります。

問題になるのは糞尿被害と鳴き声

なぜこのような条例が検討されてきているのでしょうか?   その理由は、無責任な餌やりを防止させることです。   人間の気まぐれで野良猫にエサを与えると、野良猫はエサを期待するようになります。   その結果エサを求めて猫が集まってきて、糞尿被害や鳴き声がうるさくなるといった周辺住民への迷惑につながるのです。   栄養を与えられる野良猫は避妊もしていなければ子猫が増えていき、結果野良猫が増えていくのです。

住民に訴えられることも!

餌やり禁止条例がないとしても、周辺住民から訴えられることもあります。   野良猫にエサを与えることで野良猫が定期的に出入りするようになり、隣近所の家にも出入りしたり糞尿するようになるかもしれません。   実際福岡県では野良猫にエサを与えてた人が近隣住民から訴えられたケースがあります。

野良猫の餌やりは罰金を課される地域もある


野良猫への餌やり条例で、罰金が科される地域もあります。

京都の場合は罰金5万円

京都市では野良猫への不適切な餌やりを禁止しています。   不適切な餌やりをした人に対して勧告命令がされますが、その命令違反があった場合は罰金5万円が科されます。   決して餌やりを禁止しているわけではないのですが、エサやりを行うのであれば最低限のマナーは守るべきという条例です。

餌をやる前に自治体のルールを確認

ですから野良猫にエサをやる前には、各自治体のルールを確認しましょう。   ただ野良猫がかわいそうという感情だけではなく、ルールは守らなければなりません。

野良猫の餌やリ、餌付けするにはマナーを守る


野良猫にエサをあげたいなら、マナーを守らなければなりません。   不適切な餌付けや、近隣住民への迷惑行為になります。

食べ残しの処理

野良猫に餌付けを行った後食べ残しがあると、そこにカラスやネズミ、ハエといった猫以外のものも来ます。   また食べ残しが腐って腐敗臭がするかもしれません。   それらを防止するためにも、野良猫が食べ終わったらすばやく食べ残しは片づけましょう。

他人の土地や公園では与えない

公園などの公共の場所や他人の敷地内での餌付けは迷惑行為です。   みんなが猫好きとは限りません。   猫が嫌いな人からしたら、猫が来るのは迷惑行為です。

糞尿の処理

自然の摂理で、食べれば排泄するものです。   エサをあげたら糞尿の始末もきちんと行いましょう。   猫の排せつ物はとても臭いので、消臭剤を使うなどしてしっかりにおいを消す必要もあります。   できるなら猫のトイレを用意して、周辺に迷惑が掛からないようにするといいですね。   もちろんトイレもきちんと掃除してください。

地域住民の迷惑を考える

大事なのは地域住民の迷惑を考えることです。   あなたが善意で始めた野良猫への餌付けも、近隣の人にとっては野良猫が近所をうろつく迷惑行為かもしれません。   そしてそれは野良猫を増やす行為にもつながっているのです。   ですから、猫への餌やりを来なう時は、周辺住民への影響も考えなければなりません。

野良猫の餌やリまとめ

野良猫が増えたのは、身勝手な人間の責任です。   簡単にペットを手放して、無責任な餌やりで野良猫が増え、しまいには殺処分ということもあります。   野良猫に餌やりをしたいときは、一度よく考えて不適切な餌やりはやめましょうね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆