【犬の気持ち】犬の穴掘りの理由4つとやめさせる方法

【犬の気持ち】犬の穴掘りの理由4つとやめさせる方法

2076
update2015/11/23
posted

「ここ掘れワンワン」のイメージで、犬は地面に穴を掘る動物だと思っていますが、実際は掘るのでしょうか?掘るとすれば、その理由はなんなのか徹底的に調べてみました。もしかして、大判小判がザックザクなんてことに・・・。

2076
update
posted2015/11/23

犬が穴掘りをする理由「昔からの習性」

Mongrel dog thai brown color mouth black and blacken dig a hole to sleep in damaged vegetable plots soil litter fall apart to avoid hot weather by instinct.

Ton Bangkeaw/shutterstock.com

犬の祖先は、洞穴で生活していました。 巣穴を作って生きていた名残で、今でも穴を掘るのだといわれています。

何かいいものが出て来るのではないかとワクワクしながら掘ることもありますし、メス犬は出産するとき、土を掘って柔らかいくぼみに赤ちゃんを産み落とします。

他にも、お腹が満たされている時に餌が残っていたら、穴を掘って隠していた習性も残っているみたいですね。 ホリホリした後に、ごろんと寝転んだりしている場合は、自分で居心地の良い空間を作れたと思って満足しているんですね。

犬が穴掘りをする理由「涼しい場所を求めている」

地面や照り返す熱で暑いと感じている場合は、穴を掘って地下に涼しさを求めます。

これも昔からの本能でインプットされている知恵なんですね。

海辺や屋外で穴を掘ってお尻を沈めている場合は、暑さをしのいでいる可能性が高いので、木陰などで休ませてあげるようにしましょう。

犬が穴掘りをする理由「ストレス発散」

天候が悪くあまり散歩に行けなかったり変化のない生活で退屈してしまうと、今自分はとてもストレスが溜まっているんだということを伝えるために穴を掘っている可能性もあります。

単純にストレス発散の意味だけでなく、気持ちを飼い主さんへ伝えようとしている行為なのです。

日々の生活を振り返り、思い当たることがある場合は改善してあげてくださいね。

穴を掘ることで犬の気持ちが落ち着くという効果もあります。 こういう行為を「カーミングシグナル」といって、気持ちを落ち着かせるための合図という意味です。 飼い主さんに自分のストレスを伝えつつも落ち着こうとしている状態なので、早く察知して対処してあげてくださいね。

犬が穴掘りをする理由「マーキング」

犬が穴を掘る場合は前足で掘って鼻を使って埋めます。

けれども排泄後に時々後ろ足で土などを蹴り上げて穴を掘っている場合は、マーキングをしていると思ってください。

後ろ足で土などを蹴り上げて匂いをつけているんですよ。 他の犬に自分の存在を知らせているんですね。

犬に穴掘りをやめさせる方法

砂浜で犬と遊んでいるときに楽しそうに穴を掘る姿はほほえましいものですが、花壇を掘り返したり、室内で畳やソファーをホリホリされると困ってしまいますね。

犬が家の中でガリガリしてしまう場合は、その場所にトイレを設置するとやめる場合があります。 けれど、一番大切なことは、穴を掘る理由です。

それ以外の理由の場合は、根本的な部分を見直していくことをおすすめします。

犬が穴を掘る理由は色々な気持ちを絡み合っているんですね。 穴を掘る状況や日々の生活を振り返って、理由を考えてみてあげてくださいね。

安心できる寝床を用意してあげる

野生の犬はお気に入りの寝床を自分で掘って作ります。

ペットの犬には飼い主がベッドを用意してあげていると思いますが、新しく与えたときに掘ってから使い始めるのはよくあることです。 いいベッドを飼ってあげたのになぜ?と飼い主は思うかも知れませんが、犬も新しいベッドが気に入らないわけではなく、やっぱり自分で寝床を整えたいという心理があります。

飼い主さんが買ってくれたベッドを、自分のものにして愛用しようと思うからこそ掘るということもあるのです。

これは犬の習性によるものなので、犬用ベッドとして販売されている商品は多少は掘っても壊れないようになっています。 最初のうちだけでベッドが破壊されるほどでなければ見守ってあげましょう。

何日経ってもベッドを掘り続けて穴が空いたり綿が飛び出してくる場合、残念ながらそのベッドは犬にとっては安心して寝ることができるものではないと判断すべきです。

犬が納得できない臭いがしたり、クッションが柔らかすぎるというような問題があります。 臭いは日光に干すことで若干はなくなりますし、そこに犬の体をふいたタオルをこすりつけて犬の体臭をつけてあげると良いでしょう。

またクッションの綿を減らし、代わりに毛布やバスタオルを畳んだものを入れてあげると、ふわふわし過ぎない寝床になって犬が安心して休むことができます。

屋外につないでいる犬が穴を掘ってそこで休んでいるときは、暑すぎるか寒すぎるかですので、日陰を作ってあげたり、冬なら犬小屋の中を温かくしてあげるようにすると穴掘りをしなくなることが多いです。

犬のエネルギーを発散させてあげる

犬が満足するほど、毎日走り回れるような環境で生活している人は少ないでしょう。 それでもできるだけ散歩に連れ出し、犬と一緒に過ごす時間を作りましょう。

犬の散歩は距離ではなく時間が大切です。 それはなぜかというと、犬は飼い主と一緒に「何かをする」ことが大好きなのです。 室内犬で、いつも家の中に一緒にいるのにこれ以上?と思う方もいるかもしれませんが、犬にはメリハリが必要です。

散歩にあまり時間が取れない場合は、引っ張りっこやボール遊びをしてあげると散歩と同様の効果があります。

犬が穴を掘る状況や日々の生活を振り返って、理由を考えてみてあげてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 餃子の皮
通報

犬の祖先は洞窟で生活していたんですか!?それって本当なんですかって思ってしまいました。いやぁ、これは新鮮な驚きでしたね。犬が穴を掘るのは、昔の習性の名残だったということか。出産の時の話も、エェってなる内容ばかりですごかった。驚きの連続。

2 ジャンボポケット
通報

ここ掘れワンワンには思わず笑っちゃいましたよもう!そんな言葉最後に聞いたのいつだっけ、って懐かしくなりました。穴を掘るのが昔からの習性と言われたら、そっかとすぐに納得ができます。それと、巣穴を作って生きてきたのは初耳で、驚かずにはいられませんでした。今では考えられないですもん。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー