安心安全?オーガニックドッグフード「PIYO」を解析してみた!口コミ評判も紹介!

安心安全?オーガニックドッグフード「PIYO」を解析してみた!口コミ評判も紹介!

6581
update
posted2018/04/12

オーガニックドッグフード「PIYO」をご存知ですか?オーガニックにこだわり、原材料の99%がオーガニックというこだわりのドッグフードです。では今回はオーガニックドッグフード「PIYO」を徹底分析して本当に安心・安全なドッグフードなのか調べてみたいと思います。

6581
update
posted2018/04/12

オーガニックドッグフード「PIYO」をご存知ですか?オーガニックにこだわり、原材料の99%がオーガニックというこだわりのドッグフードです。オーガニックと聞くとそれだけで健康に良く安心!と感じるのではないでしょうか? では今回はオーガニックドッグフード「PIYO」を徹底分析して本当に安心・安全なドッグフードなのか調べてみたいと思います。原材料や口コミ評判からどんなドッグフードなのか見てみましょう。

人気のドッグフードおすすめ5つを比較してランキングしました!

ドッグフードは様々な種類があって、何を選んだらいいのか分からないですね。ドッグフードの選び方のコツがあるんです。愛犬の食いつきが悪いのは何か意味があるのかもしれませんよ。ここでは人気のドッグフードランキング5選を紹介します。

https://mofmo.jp/article/13639

オーガニックドッグフード「PIYO」ってどんなドッグフード?

close up of two lovely and cute puppies white chihuahua dog and red pomeranian dog with funny emotional faces looking out of wicker dog house

Benevolente82/shutterstock.com

「PIYO」は犬の健康を本気で考えたドッグフードです。 有機栽培原材料を99%使用した国産のドッグフードです。ホームページには生産者の情報も載せており、原材料の安全性を前面にアピールしています。原材料の生産から加工に至るまで化学肥料、合成保存料、着色料といった化学添加物は使用せず、すべて手作業で行っています。

「PIYO」の誕生

PIYOはヨーロッパで安全性が高いと評判のペットフード「ヤラー」を12年間販売してきた株式会社イシイが商品開発したのが「PIYO」です。 ヤラーでの実績を活かし、原材料に対する安心と安全を追求し、日本の犬に合わせて独自開発しています。ヤラーでできなかったライフステージに対応したフードを実現しました。 このように環境保全と動物福祉を考え、関係する人と動物の生活をより良くするという理念のもとつくられたのが「PIYO」です。

「PIYO」のラインナップは全犬種対応(成犬用)の「メンテナンス」、肉アレルギーの犬のための動物性原材料を一切使っていない「ベジタリアン」、そして成長期、妊娠授乳期、病気からの回復期用の「パピー」の3種類です。すべてが99%オーガニックです。

オーガニックドッグフード「PIYO」の特徴

PIYOの最大の特徴はここまで何度も述べてきたように「オーガニック」へのこだわりです。

有機原材料99%

有機(オーガニック)とは化学肥料を使わないものです。PIYOでは有機畜産物、有機農産物を使用しています。 有機畜産物は、有機農産物を与えて飼育しています。もちろん病気予防のために抗生物質を投与することも遺伝子組み換え技術もしようしていません。自然の中でストレスフリーな飼育を行っています。 有機農産物は、3年以上無農薬、無化学肥料で栽培し、残留農薬による健康被害の心配もありません。ですから素材そのものの栄養バランスがよく、味も濃厚で美味しくなっています。

残りの1%

残りの1%は何でしょうか? それは酸化防止剤として使用している「ローズマリー抽出物」です。とはいえローズマリー抽出物は天然由来の添加物として食品の酸化を防ぎ、おいしさを保ってくれます。ドッグフードを日持ちさせるために酸化防止剤の使用はかかせませんが、PIYOで使用しているローズマリー抽出物は天然由来のものですので、安全性の高いものと言えるでしょう。

保存料、酸化防止剤、着色料、発色料といった合成添加物は一切使用しません。

オーガニックにこだわる理由

化学肥料の使用は、生産が安定することにより売り上げを伸ばせますし、見栄えの良い野菜を生産できます。しかし自然環境への悪影響、過剰に養分と水分を吸収するために、味の薄い栄養も薄い野菜しか育てられなくなります。 農薬を使用することで野菜の虫食いを防げますが、使いすぎることで土壌にミミズなど有用な微生物までもが住めなくなり、健康な野菜を生産できなくなります。そのため生産性を高めるために、さらに化学肥料が使われるという悪循環に陥るのです。 その結果、作物への残留農薬問題や生産者への農薬被害といったリスクが生まれます。

PIYOではそういった点を考慮し、オーガニックにこだわっています。PIYOで使用している原材料は「有機JAS認定」を受けており、安全性とおいしさを提供しています。 「有機JAS認定」は過去3年間以上、野菜やコメなら過去2年以上、農薬や化学肥料を使用していない土地で作った作物に与えられるものです。

総合栄養食ではない

PIYOは一般的なドライフードと違い、総合栄養食ではありません。 その理由は、総合栄養食にするためには様々な添加物を投与しなければいけないからです。添加物を投与してしまうとオーガニックでなくなってしまいます。有機原材料を活かすためにも総合栄養食にするための添加物投与は行いません。

こうして見てみると健康に配慮した安全性の高いドッグフードに見えますが、実際のところはどうなのでしょうか?原材料を分析して安全性を見てみましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー