有名な「サイエンス・ダイエット」って実際はどう?成分と原材料・口コミを詳しく解説

有名な「サイエンス・ダイエット」って実際はどう?成分と原材料・口コミを詳しく解説

5844
update

ペットフードの中でも有名なのがヒルズの「サイエンス・ダイエット」があります。200人を超える獣医師や栄養学者が共同で研究開発したキャットフードです。たくさんのラインナップがあるので愛猫にぴったりのキャットフードが見つかるでしょう。今回は「サイエンス・ダイエット」の原材料や成分を徹底分岐してみました。

5844
update

「サイエンス・ダイエット」ってどんなキャットフード?

猫

undefined/shutterstock.com

サイエンスダイエットはどんなキャットフードでしょうか?

サイエンスダイエットはアメリカのペット・ニュートリション社が製造し、日本ヒルズ・コルゲート株式会社が販売しているキャットフードです。

サイエンスダイエットは220人以上の栄養学者と獣医師が400頭以上の猫と暮らしながら研究開発してつくられたキャットフードです。

最新の栄養学に基づき、愛猫に必要な50種類の栄養素が含まれており、米国の獣医師も選ぶ、高レベルの抗酸化成分が含まれた栄養バランスの良さで健康な一生をサポートしてくれます。

美しい毛艶、健康的な便、免疫向上など健康で元気が目に見えてわかるはずです。愛猫の健康維持をしっかりサポートしてくれます。

「サイエンス・ダイエット」の特徴

サイエンスダイエットにはどんな特徴があるでしょうか?

上記でも述べたようにサイエンスダイエットは愛猫との共同開発によって誕生したキャットフードです。

そして最新の栄養学に基づいてフードが作られています。

原材料

サイエンスダイエットは原材料にこだわっています。

猫に必要な栄養素を補給できるようにチキンやマグロ、サーモンといった自然素材をふんだんに使用しています。これら動物性たんぱく質は高品質のものを使用し、科学的に証明された抗酸化成分を配合しています。

もちろん品質の確かな原材料しか使用しませんし、また健康被害を及ぼしかねない合成着色料、香料、保存料は一切使用していません。

健康をサポート

猫の健康をサポートする成分がたくさん配合されています。

タウリンの配合によって健康な目や心臓をサポートします。

ビタミンCやEといった抗酸化成分配合で健康を維持するための免疫力を高めます。

尿のpHをコントロールします。

ミネラルをちょうどよいバランスにすることによって、健康な膀胱をサポートします。

獣医師も選ぶ

サイエンスダイエットは獣医師が自分のペットのために選ぶブランドのナンバーワンになっています。

獣医師はフードが猫に与える影響を知っているので、健康をサポートする本当に良いフードを選びたいと考えています。

そんな獣医師が選ぶペットフードナンバーワンが「サイエンス・ダイエット」なのです。

「サイエンス・ダイエット」のラインナップ

猫

undefined/shutterstock.com

サイエンスダイエットは愛猫のライフステージや肥満状態、室内飼い、毛玉対策、避妊去勢後など、猫の状態に合わせてフードが選べるように豊富なラインナップが用意されています。

・サイエンスダイエットキトン子猫~12か月妊娠・授乳期用

・サイエンスダイエットアダルト成猫用1~6歳

・サイエンスダイエットライト肥満傾向の成猫用1~6歳

・サイエンスダイエットシニア高齢猫用7歳以上

・サイエンスダイエットシニアライト肥満傾向の高齢猫用7歳以上

・サイエンスダイエットシニアプラス高齢猫用11歳以上

・サイエンスダイエットシニアアドバンスド超高齢猫用14歳以上

・サイエンスダイエットヘアボールコントロールアダルト成猫用1~6歳

・サイエンスダイエットヘアボールコントロールライト肥満傾向の成猫用1~6歳

・サイエンスダイエットヘアボールコントロールシニア高齢猫用7歳以上

・サイエンスダイエットインドアキャットアダルト室内飼いの成猫用1~6歳

・サイエンスダイエットインドアキャットシニア室内飼いの高齢猫用7歳以上

・サイエンスダイエット避妊去勢猫用避妊去勢後~6歳

・サイエンスダイエット避妊去勢猫用シニア高齢猫用11歳以上

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー