セルカークレックスのおすすめキャットフードはこれ!

セルカークレックスのおすすめキャットフードはこれ!

3055
update

くるくるとした巻き毛に身を包まれ、まるで子羊のような「セルカークレックス」。日本での認知度はそれほど高くはありませんが、巻き毛を保つためのおすすめキャットフードをご紹介したいと思います。

3055
update

セルカークレックスのキャットフードを選ぶときのポイント

Selkirk Rex, 5 months old, sitting and looking at camera with evil look against white background

Eric Isselee/shutterstock.com

セルカークレックスの遺伝的な病気をキャットフードでどうにかすることは難しいことですが、セルカークレックスにとって良い食材で作られているキャットフードを与えてあげましょう。

あまりにも格安なキャットフードは猫の健康より人間の購買意欲を高めるために作られているものが多いので避けた方が良いです。

セルカーク・レックスの場合、成猫になるまで3年はかかるとい言われ少し長い時間がかかります。 その間は高たんぱくな食事を心がけ、大人になったら肥満に気をつけるよう配慮してあげる必要があります。

皮膚炎になりやすいセルカークレックスはアレルギーにも注意する必要がありますので、アレルギーのリスクのある穀物は避け、グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選びましょう。

加えてセルカークレックスの一番の特徴でもある巻き毛の美しさを保つためにもオメガ3脂肪酸が含まれているキャットフードもおすすめです。

また日頃の食事から出来るだけ免疫力アップを心がけたキャットフードを選ぶことによって様々な病気の予防を心掛けましょう。

おすすめのキャットフード①モグニャン

モグニャンキャットフード

食いつき抜群の栄養補給に!

第一主原料は白身魚が63%

動物性タンパク質源となっている白身魚は63%も入っています。 しかもその白身魚は赤ちゃんの離乳食にも使われるほど安全で上質なものを使っています。

タンパク質は筋肉質な体型を維持していくためにはもちろん必要ですし、しっかりとした骨、健康的な皮膚、またホルモンを作るのに必要な土台とも言えるものです。

十分なタンパク質が配合されていますので、セルカークレックスの健康的な体づくりに最適かと思われます。

粗タンパク質の成分値は30%です。

グレインフリー(穀物不使用)

穀物アレルギーの猫ちゃんはたくさんいます。

軽度の場合、飼い主さんですら気がつかないこともあるようです。

セルカークレックスは皮膚病になりやすいためアレルギーのリスクのある穀物は避けておいた方が良いでしょう。

また、猫ちゃんは穀物がほとんど消化できない作りになっていますので穀物が入っているキャットフードを与えると体に余計な負担がかかってしまうと言う理由もあります。

オメガ3脂肪酸

サーモン

fresh raw salmon on wooden cutting board

モグニャンには『サーモンオイル』が含まれいています。 『サーモンオイル』にはオメガ3脂肪酸という毛艶を艶やかにし、毛並みをきれいにする効果や健康的な皮膚を保つ栄養が配合されています。

くるくるふわふわな巻き毛の持ち主のセルカークレックスにはとても重要な栄養素と言えます。

こうした効果以外にもガンの予防や進行を遅らせる効果、ボケ防止、関節炎の症状の緩和、免疫力の向上など猫ちゃんにとってとても良い成分と言われています。

良い成分であるにもかかわらず猫ちゃんはオメガ3脂肪酸を自分の体の中で作り出すことができないため、意識的に取り入れるためにはオメガ3脂肪酸が配合されているキャットフードを飼い主さんが積極的に食べさせてあげなければならないのです。

その点モグニャンは『サーモンオイル』が入っているので安心です。

オメガ3脂肪酸の成分値は2.08%です。 ぜひセルカークレックスに食べさせてあげたいキャットフードです。

食物繊維で腸内パワーアップ

『サツマイモ』や『カボチャ』には食物繊維が多く含まれています。 また、『ひよこ豆』にも食物繊維が含まれています。

ひよこ豆』の食物繊維は特徴的で、野菜や穀物に含まれる食物繊維と違い血液中の脂肪をコントロールしたり、腸内に溜まった有害物質や糖質の吸収を阻害し排出を促す働きもしてくれます。

このような食材の食物繊維によりセルカークレックスの腸内環境が整い免疫力のアップにつながります。

穀物の代わりに『サツマイモ』

猫ちゃんの体に負担となる穀物を使用しない代わりに『サツマイモ』を炭水化物源として使用しています。

『サツマイモ』は他の穀物や芋類に比べると、血糖値が上がりにくい(低GI)ことが分かっています。

血糖値の急激な上昇を抑えることでセルカークレックスのしっかりとした筋肉を維持しながらも肥満体型にならないようにサポートされています。

セルカークレックスは遺伝的な病気で「肥大型心筋症」にかかりやすい猫ちゃんです。

太ってしまうと心臓にも負担がかかりますの日常の食事で太らないように気をつけてあげたいですね。

人工添加物不使用

原材料は全て人間が口にする食材と同じ水準のもの(ヒューマングレード)を使用していますし、無添加、無着色が最大の魅力になっているモグニャンは危険性のある「エトキシン」や「BHA」、「BHT」といったものは使用していません。

使用している保存料は自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)です。

小さな体をした愛猫に危険なものは摂取させたくないという意識の高さを感じますね。

その他モグニャンがおすすめの理由

『カボチャ』に含まれるβ-カロテンは抗酸化作用がありますし、皮膚や粘膜の強化に役立ちます。 さらにアンチエイジングやホルモンを調整する働きもあります。

『ひよこ豆』はタンパク質としてはもちろん糖質や脂質の代謝を促し疲労回復を助けてくれる『ビタミンB1』、骨の成長や強化に役立つ『カルシウム』、体内の余分なナトリウムを排出促進してくれる『カリウム』、細胞の生まれ変わりを助ける『亜鉛』など小さいながらも様々な栄養素がしっかりと詰まっています。

その他『リンゴ』が使われています。 リンゴには身体の調子を整えるペクチンが含まれるほか、クエン酸やリンゴ酸も豊富なので、疲労回復もサポートしてくれます。

さらにポリフェノールも含まれていますのでセルカークレックスの健康をサポートし、アンチエイジング効果を期待することができるかもしれません。

キトンからシニア猫までオールステージ対応

Selkirk Rex - portrait - Pedigree Cat

Jaroslaw Kurek/shutterstock.com

ホームセンターなどの店頭には子猫用、成猫用、シニア用、肥満猫用、ヘアボール用、下部尿路対策用などかなり細分化されたキャットフードが売られています。

しかし、モグニャンは厳選された食材と栄養バランスにこだわっているため、すべての猫の種類に合うように作られています。

また、赤ちゃんからシニアまで愛猫の一生に寄り添うことができるキャットフードですので年齢や体調の変化によるキャットフードの移行がないという点でもおすすめです。

モグニャンは第一主原料が白身魚で魚類がメインのグレインフリーキャットフードです。

魚がメインのため脂肪分が少なく、必要なタンパク質の量は豊富なのにカロリーは100gあたり374kcalとヘルシーな所もおすすめです。

しかし「うちの猫ちゃんはお魚よりお肉が好きなのよね〜」という方もおられるでしょう。そんな猫ちゃんにおすすめしたいのは『カナガン』です。

では『カナガン』についても少しご紹介しておきたいと思います

おすすめキャットフード②カナガン(イギリス産)

カナガンキャットフードチキン

栄養価の高い、ヒューマングレードの原材料使用のキャットフード

モグニャンと同様にイギリス産です。 グレインフリー(穀物不使用)であること、穀物の代わりに『サツマイモ』を使っていること、人工添加物不使用でヒューマングレードということも同じです。

オメガ3脂肪酸についてはモグニャン同様『サーモンオイル』を使用していますが成分値は0.82%です。 モグニャンの2.08%に比べると少なく感じるかもしれません。

カナガンとモグニャンの大きな違いは主原料です。

モグニャンの白身魚63%に対してカナガンは・・・

第一主原料は乾燥チキン35.5%、第ニ原材料は骨抜きチキン生肉25%です。

カナガンは猫ちゃんが大好きなチキンが主原料となっています。 それもイギリス産の高級「平飼いチキン」で、余分なストレスをかけることなく育てられたチキンを使用しています。

消化に良いチキンのミンチを蒸し焼きにして、高タンパクな乾燥チキンがブレンドされています。

イギリス産のチキンが60%以上も使用されていて粗タンパク質の成分値は37.0%です。 モグニャンの粗タンパク質の成分値は30%に比べると多めに入っていますね。

カロリーはカナガンは100gあたり約390kcal、モグニャンは100gあたり374kcalと違いがあります。

またタウリンに関してですが、タウリンとは目、心臓、肝臓など様々なところで必要とされる成分です。 そのような大切な栄養素であるにも関わらず猫ちゃんの体内で合成することができないため食事で摂取しなければなりません。

カナガンにはタウリン2,200mg/kgと記載があるのですがモグニャンには記載がありませんでした。

配合されていないことはないと思いますが、量が記載されていなかったのが残念です。

まとめ

おすすめのキャットフード「モグニャン」と「カナガン」を大まかではありますが違いを考慮しながらご紹介してきました。

どちらのフードも厳しい基準をクリアした工場で最高品質の原材料を使用して作られたヒューマングレードのキャットフードです。

違いはあるもののどちらもセルカークレックスにとっては良いキャットフードです。

お魚が好きな猫ちゃんもいればチキンが好きな猫ちゃんもいます。

カロリーが高めなほうが良いという猫ちゃんもいれば、ダイエットを兼ねて低めのほうが良いという猫ちゃんもいます。

愛猫ちゃんの好みや体調を見ながら選んであげてください。

子羊のような毛をもつセルカークレックス

Sel_Sanders/shutterstock.com

セルカークレックスのふわふわとした手触りは、ストレートヘアの猫種ではなかなか楽しめないものです。

巻き毛が特徴的なセルカークレックスのチャームポイントを維持するためには、飼い主さんのマメなケアが大切になっていきます。

見た目だけではなく性格も可愛い猫ちゃんです。 子猫の頃からブラッシングに慣れさせておくことで、飼い主さんとセルカークレックスにとっての大切なリラックスできるコミニケーションタイムになるのではないでしょうか。

日々、忙しい時間を過ごしている私たちにとって、おっとりしていて、甘えん坊のセルカークレックスは癒しを与えてくれるよきパートナーになってくれる素敵な猫ちゃんです。

まだまだ日本においては珍しいセルカークレックスですがブリーダーさんを通して購入することができます。

ぜひ個性を理解した上で家族として迎え入れてみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

天パーの猫ちゃん初めて見ました!すごい可愛い!やっぱり毛のお手入れは毎日やんきゃだし大変だろうけど可愛いから全然苦じゃなさそう!顔からにじみ出る可愛さは性格までもって余計に愛おしいなぁ。全然見たことないからペットショップに見に行ってみようっと。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー