可愛い短足!『マンチカン』におすすめのキャットフード5選!

可愛い短足!『マンチカン』におすすめのキャットフード5選!

2984
update

短い足で歩く愛くるしい姿が人気の「マンチカン」をご存知ですか? 猫を飼うときに飼い主さんが気を使うのが、愛猫の食事ですよね。 今回はキャットフードを選ぶときに押さえていただきたい3つのポイントと、マンチカンにおすすめのキャットフード5つをご紹介します!

2984
update

キャットフード選びのポイント

Munchkin Bengal cat

SV_zt/shutterstock.com

低カロリーのキャットフードを選ぶ

マンチカンは肥満になりやすい種類の猫と言われています。

ですから、食事に気をつけなければなりません。

キャットフードを選ぶときはパッケージの裏に書かれているカロリーをチェックし、低カロリーのものを選ぶようにしましょう。

グレインフリーなキャットフードを選ぶ

猫はもともと肉食なので穀物類を摂取する必要がありません。

穀物類を消化するのも苦手ですので穀物が入っているキャットフードを食べると消化不良を起こす可能性もあります。

また、穀物を摂取することにより泌尿器の病気になりやすくなります。

猫は泌尿器の病気になりやすいのでグレインフリーのキャットフードを選びましょう。

高タンパクなキャットフードを選ぶ

もともと肉食の猫にとっては動物性タンパク質を摂取することが健康を保つのに大切です。

キャットフードのパッケージの裏側の成分表を見て、「粗タンパク質」が25%以上のものを選ぶと良いでしょう。

また、原材料の欄を見てタンパク質源となってうる材料が何かをチェックすることも大切です。

出来るだけ新鮮な生肉を使用しているものが良いでしょう。

kitten eating cats food

MaraZe/shutterstock.com

マンチカンにおすすめのキャットフード5選!

今回は、マンチカンにオススメのキャットフードを5つ紹介したいと思います。

上記のキャットフード選びの3つポイントをすべてクリアするキャットフードを見つけるのはなかなか難しいですが、愛猫のキャットフード選びの参考にしていただければとおもいます。

今回ご紹介するキャットフードは・・・

「カナガンキャットフード チキン&サーモン」、「モグニャンキャットフード」、「シンプリーキャットフード」、「ナウフレッシュ グレインフリーアダルトキャット」、「ナチュラルチョイス減量用アダルトチキン」です。

各キャットフードの特徴をみていきましょう。

カナガン キャットフード  チキン&サーモン

「カナガン キャットフードチキン&サーモン」は、イギリスで製造されているウェットタイプのキャットフードです。

原材料にこだわって作られています。

このウェットタイプ以外に、ドライフードの「カナガンキャットフード」も販売されています。

ウェットタイプなので水分補給もできる!

「カナガンキャットフードチキン&サーモン」は、ドライフードではなくウェットタイプのフードですので、摂取することで栄養を摂ると同時に水分も補給できます。

原材料の表記を見てみると、「チキン煮汁」が32%含まれていると記載されています。

猫は腎臓や泌尿器疾患を抱えやすいので水分を取る事はとても大切です。

しかし、もともと水の少ない砂漠で生活し水を頻繁に摂取する習慣がありません。

ですから、食事と同時に水分を取ることのできる「カナガン/チキン&サーモン」は、この点でとても良いキャットフードであるといえます。

低カロリーなキャットフード

「カナガン キャットフードチキン&サーモン」は100gあたりカロリーは約93kcal

低カロリーなキャットフードなんです。

太りすぎると短い足に負担がかかってしまうマンチカンにとって、低カロリーのキャットフードは嬉しいですね。

また、低カロリーなキャットフードを与えることにより肥満を防ぎ、様々な病気の予防ができます。

人工添加物不使用!

「カナガン キャットフードチキン&サーモン」には、人工着色料は使用されていません。

安価なキャットフードによく使用される人工着色料、発がん性があったり猫の体に悪影響を及ぼします。

そのような人工添加物が使用されていない点も評価できますね。

また、とろみをつけるのに使用されているのはタピオカで、これにも人工的な添加物は使用されていません。

モグニャン キャットフード

「モグニャンキャットフード」とは、イギリスで製造されているキャットフードです。

高品質と安全性を追求したキャットフードとして知られています。

白身魚を63%も使用!高タンパクなキャットフード

猫は健康を保つために良質なタンパク質を摂取する必要があります。

「モグニャンキャットフード」は、白身魚を63%も使用した高タンパクなキャットフードです。

「モグニャンキャットフード」の成分表を見ると、粗タンパク質が30%となっており、理想的とされるタンパク質量を十分にクリアしています。

ですから、タンパク質不足になる心配もありません。

また、タンパク質源となっている原材料も良質なものであると言えます。

パッケージに記載されているタンパク質の原材料である肉類を見てみると、第1原材料に白身魚63%と記載されています。

安価なキャットフードや、粗悪な原材料を使用しているキャットフードの原材料の欄には、「〇〇ミール」と表記されているものがあります。

これは魚や鶏、豚などの動物の肉だけでなく、内臓や骨等を含んでいる原材料です。

また細かな規定がないため、病気にかかっている動物の肉が使用されていたり、原材料が腐敗していることがあるとも言われています。

しかし「モグニャンキャットフード」の場合、そのような粗悪な原材料は使用されていません。

グレインフリーのキャットフード

専門家によると、猫の健康を維持するのに穀物は摂取する必要がないと言われています。

猫はもともと肉食で、穀物類を摂取する習慣がありませんでした。

ですから、穀物を消化するのが得意ではありません。

穀物を摂取することで消化にするために体に負担がかかり、嘔吐したり下痢をしたりする猫もいます。

また、穀物が含まれていないので、小麦アレルギーなどのある猫にも安心して与えることができるでしょう。

grains

Shaiith/shutterstock.com

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

マンチカン本当に短足が可愛すぎる!!好き!!でも太ると短足に負担がかかって、動くだけでダメージが蓄積されちゃうから要注意だね。量を食べさせすぎないようにすることも大事だし、食事やあげてるフードの内容を把握する必要もあるのか。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー